Sweet Basil

スイート・ベイジル・・・といっても、2014年に潰れた六本木のライブハウスではありません。スイートバジル。イタリア語ならバジリコ・ドルチェ・・・なんだかカッコイイ。そのかっこいい ”バジリコ・ドルチェ” をベランダで育てています。カッコよくないおっさんが。

この時期になるとAmazonや楽天、ホームセンターの園芸コーナーなどで苗が数百円で購入できます。といっても僕は、昨年の秋から、元気な枝を切っては室内管理(水耕栽培)で越冬させてきました。多くは4月に鉢上げも終わって根も安定してきたので、まだ5月でもモリモリ収穫できます。・・・くいしん坊には大事なことです。

丸い鉢の株は、まだ水耕栽培から鉢上げしたばかり。根の、水を吸い上げる力が弱いので、水やり後、土が湿りっぱなしになりやすく、簡単に根腐れを起こして枯れるので注意が必要です。かといって水やりを控え目にすると、まだ効率よく水分を吸い上げられないので、春の日差しでも簡単に干上がって枯れてしまいます。「プロの作曲家になりたいです」と言いながら、復習も宿題もきちんとやってこず、しっかりやるように励ますと「自分にはこれ以上ついていけません」と泣きながら辞めていく生徒のようです。・・・趣味で楽しくやったらいいのに。

鉢はどれもイタリア製の素焼きで、素焼きは水分を吸収・蒸散してくれるので、プラスチックの鉢に比べると水やりにそれほど神経質にならなくても大丈夫。ラクチンです。土の表面が乾いていても、鉢の側面を見れば中の土まで乾いているのか、まだ湿っているかもわかります(鉢を傾けた時の重さでもわかりますけどね)


こちらはバジルの横で育てているサボテン。一番左のヤツ(名前を知らない)が花を咲かせています。珍しい・・・きっと(汗。

サボテンは夏の40度でも冬の氷点下でも、ひと月水やりを忘れても、しっかり生き延びてちゃんと育つ。花も咲かせる。音楽でも、プロになるような人というのは、誰に習おうが習うまいがちゃんとプロになっていく、そういう気質を備えています。

この教室からプロになっていった生徒が何人もいますが、彼らはこの教室以外のどこへ通っても遅かれ早かれプロになったでしょうし、逆に僕の教室でプロになれない生徒は、どこへ行ったってプロになんかなれないでしょう。夢があるなら、学校や先生に依存しない、「自分ひとりの力だって絶対になんとかしてやらあ!!!」くらいの気概が必要です。

これまでここを辞めていって、Twitterでグチったりボヤいたりしている生徒が何人かいたけれど、先生や学校のせいにするような思考回路を持っている時点で、たとえプロを目指しているわけではないにしろ、いろいろと無理だったりします。何かがうまくいこうがいかまいが全て ”自分のせい”。そういう自立心が、何をやるにも大切だと僕は思っています。