Cubase Pro 9の新機能のうち、僕が「ヤッター!」と思ったもの

Cubase9、出てました。気が付いたら。

入れました。

ヤッターポイント1

プロジェクトウィンドウに、ミキサーやエディター画面を統合できるようになりました。MIDIをエディットしながら「あれ、、ここのコードって何だっけ?」がなくなります。

ヤッターポイント2

新しく”サンプラートラック”なるものが追加されました。オーディオを放り込んで、範囲設定して、ボーカルでもSEでも何でもトリガー!

ヤッターポイント3

MixConsoleの操作を、プロジェクトとは独立した編集履歴で戻れる!「あー!フェーダー動かしちゃった!念入りにバランス取ったのにトホホ・・」がなくなると同時に、色々試して「やーめた!」ができます。

ヤッターポイント4

新プラグインの8バンドEQ。なんと全バンド”リニアフェーズ”ですよ!オマケEQのクセに!笑 さらにMS処理も可能とかって、Maxmaizerも良くなったみたいだし、そのうちOzoneとか必要なくなっちゃいそうなイキオイ・・・

ヤッターポイント5

マーカートラックが最大10トラックに! 「これ以上トラックを追加できません」をもう見なくて済みます笑

ヤッターポイント6

オーディオ信号を、インストゥルメント(例えばシンセ)にサイドチェインして、加工(例えばフィルタリングなど)できるようになりました。僕はルーティンにMoog(実機)を組み込んであって、そこでフィルタリングしてますけど、”DualFilter”くらいしか選択肢がなかった生徒にとっては朗報だねー!

これでまた面白いものジャンジャン作って下さいな^^