money!!!

マイナーキーのレッスンでワーキング・ウィークの “Rodrigo Bay” を取り上げました

(↑↑↑ココをクリックしてYouTubeで見てね)

生徒曰く「今の下がるところ(45秒あたり)、めっちゃスティーリー・ダンみたいですね!!笑 そっかぁ!僕これが好きなんだ。・・・真似しよ」

こういうことの果てしない積み重ねで個性って作られていくんだよねー

2’14″のブラスのキメと、その後の “money” もシビれますなぁ!
 
 
 

Fugaを分析

【ino】25秒くらい、6小節目の4拍ウラで出ているA、このオシャレさと意外性素晴らしいですね。。。
生徒から「V-IIの進行ですか?」との質問だったのですがここは導音が出ていないIV度V度の9ではないでしょうか。(コードネームで言うとB9 omit3rd)
演奏はアンドラーシュ・シフ氏。だいすき!

 

Atom tmさん

【ino】以前に書いた東風カヴァーをしているAtom tmさんことセニョールココナッツさんのライヴ映像を発見。しかも日本公演だそう。めっちゃ楽しそう…
この編成でドセンターにマックって超カッコイイな…(マックの彼がそうです)

「セニョールココナッツ」という名前のこの世の幸せとウキウキをかき集めました感に反してニコリともしないのイイネ…!

詳しい活動内容はここ。SUGOI!
https://clubberia.com/ja/artists/2102-Atom-tm/

 

Official髭TONIX

【ino】髭男さん、PENTATONIXさんにカヴァーされてる!
オリジナルのビブラート少なめな歌い方まで再現してます。

ダフトパンクのカヴァーではグラミー賞を受賞しています。
人力オートチューン…!

 
 
 

昭和のビッグバンドの演奏クオリティがヤバイ

当然、ザ・ピーナッツの歌も上手いんだけど、鳴り切ったトランペットの音色と正確さ、グイグイと引っ張っていくランニング・ベースのスピード感、ドラムのシンバル・レガートのキレ、ダイナミクス。どれをとっても完璧。。

恐らく向かって右のバンド・セクションは、東京ユニオン、シャープス&フラッツ、ブルーコーツ、ニューハード、のうちのどれかでしょう(時代からして)。指揮は、この後ろ姿だと前田憲男先生かな!?(編曲もきっとそうでしょう)

打ち込み音源のしょぼいトランペットの音とか使う気失せるわー笑

 
 
 

レッスンで触れた楽曲

これらの曲でキックの音色について分析・研究しました!

変拍子ですね。僕が最も好きなドラマーの一人、ヴィニー・カリウタの乾いたキックの音かっこいい。

ドオッてキックの音が、この曲を象徴するパーツのひとつになってますね。完璧

中音域中心ですね。キックのサウンドの存在感と出現頻度と音量とのバランスがどうかなーーー

いいですね。こういうダルい音も好きです。

キックの音量が時代を感じさせますね。今ならこれはない。音はかなり好きなタイプです。

 
 
 

テクノ(ラテン)

【ino】クラフトワークをラテンカヴァーしているバンドがあるとの怪情報を入手。これは…クセになるやつ…超好き!

The Robots(Kraftwerk)

まさかのSmoke On The Water(Deep Purple)

まさかの東風(YMO)