ギタリスト・ランキング

プロギタリスト(神・歴史上の偉人)ジミヘン、BBキング、チャックベリー他多数
プロギタリスト(超一流)ベック、クラプトン、ヴァンヘイレン他多数
プロギタリスト(一流)デヴィッドT、ルカサー、ポールジャクソンJr他多数
プロギタリスト(二流)よく知らない、B’z松本とか?、他多数
プロギタリスト(三流)ボクの友達連中はこのへん
プロギタリスト(イモ)友達未満
プロギタリスト(ヘタクソ)そこらじゅうにいる
プロギタリスト(鼻くそ)同上
プロギタリスト(アマチュア並み)ブログや動画でギター練習法とか説いちゃう層
アマチュアギタリスト(プロ並み)同上
アマチュアギタリスト(超上級者)「昔プロを目指した時期が」とか言っちゃう層
アマチュアギタリスト(上級者)同上 / 楽器屋の店員
アマチュアギタリスト(中級者)ちょっと上手な中高生
アマチュアギタリスト(初級者)←俺今ココ
アマチュアギタリスト(初心者)少し楽しくなってくる
ギターはじめました(きゃわたん)よく挫折する


愛器カジノにビグスビー(トレモロユニット)つけて初級者ご機嫌

ベースの行方

昨年11月にシアトルの南にあるギター/ベースのパーツ工房に、ベースのボディとネックをカスタムオーダーしました。昨日完成し、現地からの発送をすませた模様。やった^^

ワシントン州ファイフ

ワシントン州シアトル

カリフォルニア州オンタリオ

アラスカ州アンカレッジ(←今ココ)


これ全て空港から空港への空輸。UPSへの荷物引き渡しからココまで12時間。アメリカの空輸すげぇ・・・。今から12時間ちょっとで教室に届くようです。。アラスカから笑

日付変更線をまたぐので、アラスカは今26日。朝6時40分ごろ。。寒そうだね!
 
 
 

Addictive Drums 2 ドラムマップ for Cubase

AD2 Standard.drm

追記:2016.12.29
早速の不具合勃発で2.0にバージョンアップしました爆(”Beats”からのパターン引用の際に正しく鳴るよう修正)

AD2 Standard v2.drm

・上のリンクを右クリしてファイルを適当な場所に保存
・Addictive Drums 2 のトラックのインスペクターで、ドラムマップを選択するウィンドウをクリック
・開いたメニューの”ドラムマップ設定”をクリック
・左上の”機能”をクリック
・”読み込み”をクリック
・ダウンロードしたファイルを選択して”開く”
・”ドラムマップ設定”の画面を閉じる
・再びインスペクターのドラムマップ選択ウィンドウをクリック
・”AD2 Standard v1.0 v2.0”が追加されているので選択

以上。ちゃんとしたものがネット上で見つからないので手作りしました笑。使いやすさを考えて、最上段がキックから始まるよう配置を一部変更しています。

このマップを使えば、Addictive DrumsをGM配列にしなくても音とマップ上の名称の整合性が保たれます。AD2のネイティブなマップで作られたADPackのMIDIも内容が正しく表示されて便利です(GM配列で作られたMIDIデータを流用する場合は、これまで通りAD2をGM配列にして使って下さいね。)

ちなみにCubase8.5から、ドラムマップエージェントというとても便利な機能が搭載されました。エディターウィンドウの上部におうちみたいなアイコンがあるので(左の方)、クリックするとメニューが開いて、便利機能が使えます。Try it!!

Cubase Pro 9の新機能のうち、僕が「ヤッター!」と思ったもの

Cubase9、出てました。気が付いたら。

入れました。

ヤッターポイント1

プロジェクトウィンドウに、ミキサーやエディター画面を統合できるようになりました。MIDIをエディットしながら「あれ、、ここのコードって何だっけ?」がなくなります。

ヤッターポイント2

新しく”サンプラートラック”なるものが追加されました。オーディオを放り込んで、範囲設定して、ボーカルでもSEでも何でもトリガー!

ヤッターポイント3

MixConsoleの操作を、プロジェクトとは独立した編集履歴で戻れる!「あー!フェーダー動かしちゃった!念入りにバランス取ったのにトホホ・・」がなくなると同時に、色々試して「やーめた!」ができます。

ヤッターポイント4

新プラグインの8バンドEQ。なんと全バンド”リニアフェーズ”ですよ!オマケEQのクセに!笑 さらにMS処理も可能とかって、Maxmaizerも良くなったみたいだし、そのうちOzoneとか必要なくなっちゃいそうなイキオイ・・・

ヤッターポイント5

マーカートラックが最大10トラックに! 「これ以上トラックを追加できません」をもう見なくて済みます笑

ヤッターポイント6

オーディオ信号を、インストゥルメント(例えばシンセ)にサイドチェインして、加工(例えばフィルタリングなど)できるようになりました。僕はルーティンにMoog(実機)を組み込んであって、そこでフィルタリングしてますけど、”DualFilter”くらいしか選択肢がなかった生徒にとっては朗報だねー!

これでまた面白いものジャンジャン作って下さいな^^

GB10のお手入れ&調整

生徒に譲り受けてもらうことになったアイバニーズのGB10。長らくギタリスト小川悦司先生の愛器だったギターです。
img-1

 
GB10のブリッジはおなかに乗っているだけなので、弦を全て外すと動いてしまいます。なのでマスキングテープでマークしておきます。GB10の塗装はラッカー塗装なので、もし粘着力の強いテープを貼ったら、剥がす時に塗装までバリバリ・・・あぁ恐ろしい!
img-2

 
ブリッジをどかすと日焼け跡が白い。またGB10のピックアップは”フローティングマウント”といって、ギター本体に固定されていないので、外すとツルンと何もなくなります。普段見かけないギターの姿ですね。
img-3

 
僕はピックアップを交換して違いを楽しんでいましたが、GB10のような楽器はパーツがオリジナルのままでないと価値が下がってしまいます。ということで元に戻します。
img-4

 
ここからは各部を手入れ。まずはこのレモンオイルを使ってエボニー(黒檀。非常に重くて硬い高級木材)の指板を手入れします。
img-5

 
隅々まで塗り広げてしばし放置。その後余分なオイルを拭き取ります。メイプル指板やローズウッド指板はオイリングの必要なし。エボニー指板だけは乾燥し易いのでレモンオイルを使います。それでも年に1度で充分。「1~2か月に1度は必要」とか言っている楽器屋やリペアショップは、オイルを売りたいだけ。
img-6

 
フレットも1本ずつ丁寧に磨いたのでピッカピカですね~。気持ちがいい。
img-7

 
次はペグを外して”激落ちくん”で手早く磨きます。左が磨き後。ピッカピカやで。
img-8

 
ヘッド裏。新品みたい。シリアルナンバーから、1990年製&ハコものギターに強い寺田楽器製だとわかります。GB10の中では”アタリ”に属します。
img-9

 
弦の一番はしっこを留める部分をテールピースと言います。バイオリンと同じように楽器のおしりのところからL字状のパーツで固定するタイプをギターの場合”ブランコ・テールピース”と呼びます。本体から外してコバや細部まで磨いてテロンテロン笑
img-10

 
このギターは、指板は元より、ブリッジや弦が乗るサドルまでエボニーです。ブリッジやサドルがオイルが切れてシラけていたので、ここも隅々までオイリング。しっとりとした品のある黒になりました。実質的な効果より見た目の効果の方が絶大笑
img-11

 
その後、ネック調整、弦高調整、オクターブ調整、ピックアップ調整を済ませてお手入れ終了。あとは数日、ネックの動きを見ながらトラスロッドの微調整して完了、と。ええギターやでコレまじで!
img-12

大切なのはよく聴くこと

ピアノでもギターでもドラムでも、譜面ヅラをなぞって音を出すのは簡単でも、フレーズを音楽的かつ明確なサウンドと表現で、メリハリのついた、

”生きたフレーズ”

にするには、楽譜上に書かれていないあらゆる要素を総動員して演奏する必要があります。

先生について楽器を習ったり、秀でた演奏の耳コピをたっぷりやっていくと、単なる”音の羅列”を、”生きたフレーズ”にするために必要な感性がどんどん磨かれていきますが、バンド・スコアや教則本の音符をただなぞっているだけでは、感性は一向に磨かれないのであります。

下の音符の羅列を”メリハリの効いたカッコいいギターフレーズ”にするには、音符以外の様々な要素が必要ですが、まずは”グルーブに乗ること”と、”スナップの効いたスピーディーなストラム”と、”ミュートをきちんとすること”、が大切です。

mhall2

僕が赤で書き込んだ部分は、ミュートが必要なポイント。参考音源やSRVの演奏を聴けば、これだけのミュートが必要なことは明らかですが、楽譜を見ただけではわかりませんね。なので、音をよく聴くことはとても大切。これはアレンジの上達にも欠かせないことなのであります。

ではこの曲の作者でもあり、シカゴ・ブルースの原点とも言えるBuddy Guyの演奏をどうぞ!

レスポール修理

ino先生は元来、テクノとシューゲイザーが大好きで、中でもino先生が大大大好きなシューゲのバンドがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=ybneSaAEdig

で、ino先生が高校生の頃、こういった音楽をやるために買ったギターが今回修理するトーカイのレスポール・カスタム・モデル。で、この個体、とにかく素晴らしくイイんです。いわゆる”大当たり中の大当たり”。今回これを修理・調整して、もっと良くします。

01
ヘッドの方からまっすぐにきた弦が、ブリッジを境に左へ折れ曲がってテールピースへ導かれているのがわかります。ブリッジとサドルがオフセットしてしまっているんですね。これをブリッジ交換で改善していきます。

02
サドルに溝が切られていない状態で販売されているブリッジを購入。ついでにペグをロック式に変え、テールピースもアルミ製に交換します。

03
ブリッジとテールピースを交換して弦を張りました。こちらは低音弦を正面から見たところ。サドルに溝がないので、ヘッドからきた弦が一直線にテールピースまで導かれていますが、サドルの中央ではなく、かなり左寄りを通過しているのがわかります。つまりこれだけズレていたというわけ。

04
こちらは高音弦。みごとに左に寄っています。

05
先ほどの状態で、弦がサドルに乗っている部分を木づちでぶったたいて跡をつけました。「そんな乱暴な」と思うかも知れませんが、ギブソン本社でも高価なギターをこうやって作っています笑 つまり中央に溝が切ってあるサドルを使うより、これが最も確実に弦を真っ直ぐな状態にできるということですね。

06
溝切り用のヤスリ。弦の太さに合わせて3本で6種類の刃が付いています。

07
緊張する瞬間。木づちでつけた跡にヤスリをのせて一気に引きます。X軸Y軸Z軸、全ての傾きをチェックして・・・エイ!

08
次はペグの交換。現在のペグをボックスレンチで外していきます。このレンチは、愛車のスパークプラグの交換や、エンジンのオイルパンのボルトを外すのに使ってきたものです

10
ペグ交換後、弦を張っている最中。もうこの時点で弦がポストにしっかりと固定されていますから、この後、ポストを90度から120度くらい回転させるだけで、調律が済みます。長々とグルグル巻き付けることがないので、チューニングも安定します。

11
完成。若干のネックの順反りをトラスロッドで調整して”どストレート”。昨年フレットも打ち直したので波打ちや浮きなど一切なし。弦高調整、オクターブ調整、ピックアップの高さ調整などして完璧な状態になりました。

ロック式のペグに変えたことでヘッドが若干重くなってネックの共振周波数が下がったせいか、音がさらに太くなりました。そして何よりもサスティーンの伸びが素晴らしい!! とにかくロングトーンがよく伸びます。コンプを切り忘れたのかと思って足元を確認してしまいました(マジで)。サドルの溝の位置の修正とテールピースの交換は効果絶大でした。僕の本家ギブソンのレスポール・スタンダードより良い音がするので、ちょいちょいレコーディングに使わせて頂こうと思います^^;

CubasePro8.5で、FaderPortが使える

PreSonusのFaderPortが、Cubase Pro8では使えていたものの、8.5になったら使えなくなっていた件で、これが解決したので備忘録的に記しておきます。

OS: Windows7 64bit
DAW: Cubase Pro 8.5.20

●下記PreSonusのサイトで、最新のドライバ(現時点でv135)をDL
http://www.presonus.com/support/downloads/FaderPort

●DLしたファイル”FaderPort_135_617.exe”を起動してインストール

●インストールが終了すると、ファームウェア・アップデートの画面に移行するがこれを行わずインストーラーを終了

●下記ファイルを
C:\Program Files (x86)\PreSonus\FaderPort\FaderPort Dll\Cubase\x64\FaderPort.dll

下記フォルダにコピー
C:\Program Files\Common Files\Steinberg\Shared Components

●Cubaseを起動し、プルダウン・メニューの”デバイス”→”デバイス設定”と進む

●デバイス設定画面の左上の”+”でデバイスの追加

●一覧にある”PreSonus FaderPort”を選択

●右上のMIDI入力/MIDI出力をどちらも”FaderPort”に設定

●”適用”→”OK”

以上。この方法はPreSonusのフォーラム内(英語)で偶然発見しました。
これでトラックボリュームに連動して、ムービング・フェーダーも動きます。
便利~~~!

これがなかったら生きていけない。C8.5の新機能をチェックせねば。

【追記】上記サイトからdllファイルを入手できない方のために、ここからダウンロードできるようにしておきますが、完全に自己責任でお願いします。また生徒以外の方のご質問にはお答えできません。代理店へどうぞ。
FaderPort.dll

 
 
 

こまめにPCをメンテ

僕のPCはもう5年くらい前に組んだものなので、今となってはそれほど速いマシンではなく、むしろ生徒のパソコンの方がスペック的には上、ということもしばしばあります。

ですが、それに反して大抵の生徒のPCは僕のPCよりも動作が重かったり不安定だったりします。TeamViewerを使った遠隔操作でレッスンを行っている時など、残念な気分になるくらい重い時もあります。「いつもこうなの?」「はい~。。」

それは、日頃からしっかりとメンテナンス行っていないことが原因です。僕のメンテナンスを紹介しておくので、ぜひ参考にして下さい。

■CCleanerによるクリーニング(毎日)

■CCleanerによるレジストリの不具合修正(毎日)

■Glary Utilitiesによるメンテナンス(毎日)

■Windowsの機能を使って、ローカル・ディスクのクリーンアップを行う(週イチ)

■Windowsの機能を使って、ローカル・ディスクの不具合のチェックを行う(週イチ)

■CrystalDiskInfoによるHDDのチェック(週イチ)

■ESET Smart Securityによるウィルスその他の脅威の詳細検査(週イチ)

■不要アプリケーションのチェックとアンインストール(月イチくらい)

■不要なバックグラウンド・サービスのチェックと、停止(月イチくらい)

■その他、気を付けていること
・重たいウィルス対策ソフトを使わない(ESETは軽いのがウリ)
・ネット上で、不要なソフトを不意にインストールされないよう注意
・しばらく使っていないソフトは、片っぱしからアンインストール
・たまにしか使わないソフトは、ソフトの一部が常駐したり、サービスが自動起動しないよう設定
・ソフトの新しいバージョンを自動的にチェックするような機能は全てオフ
・デフラグは、ディスクの寿命を縮める割りには効果が薄いので行わない

長期間メンテナンスを行っていないマシンは、メンテしたら速くなるよぉおおおお~
(CCleanerやGlary Utilitiesは、フリー版で十分です。CrystalDiskInfoもフリーソフト)
でもレジストリのクリーニングやサービスの停止は自己責任でね!
 
 

伝家の宝刀”D-BEAM”

(※この記事はカフェトークの講師コラムの転載です)

あたかも音楽制作室のような物置で使用してきたハモンドの電子オルガンが故障し、修理に出し、治ったので使っていると故障し、修理に出し、治ったので使っていると故障し、 修理に出し、治ったので使っていると故障したので、ケースに入れ、あたかも物置のようなリビングにしまいました。

代わりに、ローランドのVR-09を入れました。ふと見ると、左上に蓋のついた謎のスペースがあります。「このキーボードでたくさん仕事をして、いっぱい儲かったら、裏帳簿の印鑑をここに隠しましょう。」ということだと思います。裏帳簿を作りたくなるくらい儲かったら、恐らくこんな機材は使っていないとは思いますが、謎のスペースの有効活用を目標に、余念を捨てて頑張りたいと思います。

そして、謎のスペースの横を見ると、”D-BEAM”があります。D-BEAMは、この上に手をかざして、近づけたり遠ざけたりすると、リアルタイムに音色を変化させることが出来る、ローランドの自慢の機能です。「ライブ演奏や、ライブDJで動きのあるパフォーマンスをしましょう」とのことですが、誰かが使っているのを見たことがありません。もしクラブでこんなアホみたいな機能を使っているDJを見かけたら、何とかしてカッコ悪いことを伝えてあげたいという気持ちでいっぱいになると思いますが、まだ見かけていないので幸いです。

エフェクトつまみの右にドローバーのスライダーが2本くらい見えると思います。このオルガンの音色は素晴らしく、本家ハモンド・オルガンより優秀な程です。重さ100キロもある巨大なハモンドのトーンホイールオルガンをデスク上に設置できないので電子オルガンを使ってきましたが、現在、最高に納得できる音を奏でてくれています。あとは調子が悪くならないことを祈るばかりです。

真空管交換

箱に対して、明らかに中身がデカくてパンパン笑 チューブ・マイクプリアンプ用にと、GROOVE TUBESの真空管【GT-12AX7-M】を購入しました。ヴィンテージ真空管の復刻版です。『気に入った音』で『良い音楽』が作れれば、箱がパンパンだろうが中国製だろうがOK!(爆発だけはして欲しくありませんけどね)

ele hamo手前が今まで使っていたエレクトロ・ハーモニクス通称エレハモ。こちらはロシア製です(真空管は現在、ロシアと中国とチェコの3か国くらいでしか生産されていません)。エレハモは音は良いけどクセが無さ過ぎてマイクプリには物足りなく感じられたので(ギターアンプには良いかも)、まだ寿命前ですが今回の交換です。ちなみに真空管を変えて音の違いを楽しむ行為を、マニアの間では『球転がし(タマコロガシ)』と言うそうです。今回の「ちょっと変えてみた」程度は球転がしとは呼べないでしょう。せいぜい「球比べ」ですかね。「♪ごーがーつーとおかーのーたまくーらーべーーー」

歌やアコギを録ってみて、後日フィーリングを報告しますのでね~

プリキュア・・・

明日はギターのレッスンがあります。と言いたいところですが、レッスンというよりも『一緒に練習する』といった方が実状に近いのであります。こんな先生で誠にすみません。せめて新しい弦で『音だけ』でも良くしたいと思います。

ストラトキャスターで、弦を6本いっぺんに取り換える時は、いろいろと事情があってブリッジを固定しなければなりません。いつも僕は固定のためにクレジットカードを2枚挟みます。先月、楽天銀行に対し、会社名義のクレジットカードを『1枚』作るよう依頼したら、数日後に『2枚』作ってきました。そこで「1枚しか要らないので破棄したいです。会費も2枚分払いたくないです。」と4月29日に担当者にメールをしましたが、5月8日になっても返事がありません。写真で挟んでいるのはその2枚です。

せっかく弦を6本いっぺんに外したので、指板を掃除してフレットを磨きました。フレットがピカピカだと気分が良く、よい演奏ができるような気がしますが、たいていはそんな気がするだけです。

以前からボディとネックのジョイントプレートの交換のタイミングを伺っていたので、この機会にプレートを交換しました。『音が良くなる』と評判のプレートですが、こんなもの1枚変えただけで本当に音が良くなるのなら、世界中のギターメーカーがとっくにやっているので、確認できるような良い効果があるハズがありません。完全にデザインと気分です。

untitled
untitled

『ナット』という、弦を支える部品に、『ナットソース』という商品名の、得体の知れないグリスのようなゼリー状のものを塗ります。溝に。鉛筆の芯に含まれるカーボンが摩擦係数を減らすということで、昔から鉛筆やシャーペンの芯で溝をこすったりしますが、正直、鉛筆とこのゼリーとの差は体感上ほとんど感じられません。つまり、弦のすべりが良くなって、チューニングの精度が上がった『ような気がする』だけです。鉛筆でいいと思います。

さて、最後に弦を張ります。ネックは、アメリカ西海外にあるギターパーツメーカー”ワーモス”にオーダーして作ってもらった、目の詰まった惚れぼれするようなバーズアイメイプルのネックです。ペグ(糸巻き)は『世界のゴトー』として名高い、後藤製のロック式ペグを付けました。これに交換してからストリングガイドが要らなくなりました。ガイドが付いていた穴を隠したくなり、ino先生に「何かココに似合う感じのシールを下さい」と頼んだら、「これはどうでしょう」と、プリキュアのシールをくれました。「プリキュアカレー」という、カレーのレトルトを買ったら付いてきたのだそうです。むーーーーー・・・。もう半年くらい貼ってますが、どうしても納得がいきません。ずっとモヤモヤしています。

明日もレッスン頑張ります。