【連載】My Plugin FX #10 Imager

今回はイメージャーです。ステレオ・イメージの調整に用います。

 
【Ozone Imager / Ozone】シングルバンド・イメージャー

オーディオ素材や音源のステレオ・イメージがどうなっているのか、視覚的に把握したい場合にアナライザーとしてよく使います。完全にモノラルなのか少しだけ幅をもたせてあるのかなどのチェックに重宝します。またステレオ音源の幅を広げたり狭めたりモノにしたりなどを帯域のことを考えずにサクッと行う時にも便利です。完全なモノ音源を位相の操作で広げる時にも便利です。

 
【Ozone 9 Imager / Ozone】マルチバンド・イメージャー

帯域毎にステレオ幅を調整できるので、マスタリングでよくお世話になりますが、ドラム・ループ、シンセベース、キックなど、ミックスでもこれが必要になる場面がままあります。

 
【Center Stereo / WAVES】MidSide処理

MS処理した信号を容易に扱えるので便利です。EQやコンプを内蔵していてバックグラウンドで働いてくれるので、手早く大雑把に調整しても「こうなって欲しかった」に簡単に到達できるので非常に便利なツールです。またベースを耳コピするとか、左右に振り切ったアコギやシンセのアルペジオを耳コピするとか、そういった時にもアホみたいに重宝します。

 
【Imager / Steinberg】

マルチバンド・イメージャーで各バンドにパンが付いている製品は少ないですが、このCubaseのオマケイメージャーにはパンが付いているので、ドラムループのセンターにあるハイハットを少し横にズラしたい時などに有効です。

 
【S1 MS Matrix Stereo / WAVES】

最新のEQやコンプは必ずと言って良いほどMidとSideで別々に処理できるようなオプションが付いていますが、実機のコンプやEQでMS処理するような場合には、このMS Matrixを使って信号をMSに分けてセンドして、処理後のリターン信号に再びMS Matrixを使って元のステレオ2chの信号に戻します。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #09 Filter / Retriser

今回は、好んで用いるフィルターとレトライザーです。

 
【Volcano3 / FabFilter】マルチ・フィルター

ただローパスしてレゾナンスをかけてスウィープするような定番的な使い方から、4つのフィルターを個別に設定して、それぞれにモジュレーションをかけたり歪ませたりと様々なことができます。センドに送ったディレイやリバーブ成分に使っても面白い。アイディア次第で色々できます。

 
【The Orb / AudioThing】フォルマント・フィルター

楽器の音を人の声のように聴こえさせることができます。色んな発音が用意されてる。飛び道具として一発使ってもいいし、ボコーダーやギターのトーキング・ボックスのように使うのもアリです。いろんな母音が用意されてます。

トーキング・ボックスは持ってるんだけど、セッティングがどうも面倒で使用が遠のいて・・・ね。マイクをセットして、リアンパーを通した音をボックスに入れて、ホースは口に咥える前にまず石鹸で洗ってキレイにしないとね・・・とか笑

 
【Speakers / AudioThings】マイク / スピーカー・シミュレーター

骨董品やオモチャのマイクやラジオの音をシミュレートします。50種類近いスピーカーやマイクを自由に組み合わせて音を作ります。バックグラウンド・ノイズも35種類あり、ディストーションも15種類あります。・・・ま、だいたいプリセット使ってます。レトロなテクスチャーが欲しい時に。

 
【Vinyl / iZotope】アナログ・レコード・シミュレーター

蓄音機からローファイ、ミッドファイまでを年代で選ぶという作り。これの1950年代のフィルターを好んで使ってます。

 
【RC-20 / XLN Audio】複合型・レトロ・シミュレーター

これもサウンドにレトロなテクスチャーを加えたい時に用います。エフェクトを複合的に使えますがパラメーターが少ないので使い易いです。かかりも単純明快。ドラムやベースに使うことが多いかな。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #08 Distortion系

大きく3つのグループに分けてます。

前はここに各社のテープシミュレーターも並べてましたが、どれを使おうが本物のテープを通した音になんか全然ならないし、「そうそう、こういう音が欲しかった」という経験も全くないので使わなくなり全て削除しました(あんなオ〇ホみたいなもん要らんわ)。磁気テープを通した音が欲しい時は実機のSONYのテープデッキを使っています。最高です。

Exciter

エキサイターはハーモニック・エンハンサーとも呼ばれますが、音声信号を歪ませて高次倍音成分を付加するエフェクトです。

【Quadrafuzz v2 / Steinberg】
Cubaseのオマケです。4バンド。歪みのタイプを5つから選択できてボーカルやアコギの高域に使うと単純明快なエッジが得られます。またチューブを2mixの中~中低域に使うと1940年代のようなサウンドが作れます。

【Ozone9 Exciter / iZotope】
上記Quadrafuzzよりも上品なかかり具合いが必要な時に使います。4バンドでタイプもたくさんあり、奇数倍音が出るタイプ、偶数倍音が出るタイプ、整数倍音全体が出るタイプなど、それぞれにキャラクターがしっかりあります。

【Vitamin / WAVES】
上記の2つとは異なり、エキサイター、コンプ、EQが合体したエフェクトです。5バンドそれぞれのフェーダーを上げるだけで複合的な効果が得られます(いかにもWAVESらしい)。フェーダーを上げると基音よりも下に”何か”が出てきますがそれが何なのかは謎です。これはこれで独特のサウンドが得られるのでしばしば用います。

Distortion

以下は上記のエキサイター、ハーモニック・エンハンサーとは違い、”歪んだ音” が欲しい時に用います。

【Saturation Knob / Softube】
ただ漠然と歪ませたい時、このサウンドがドンピシャのことが良くあります。1つのノブと1つのスイッチしかないので数秒で結果に辿り着けます。

【Saturn 2 / FabFilter】
歪み方にあれこれと要望がある場合にはこちらを用います。パラメーターが多く色々なことができます。

【Trash 2 / iZotope】
”ぶっ壊れた音”が欲しい時に使います。何の楽器の音か不明になるようなプリセットも多く刺激的です。飛び道具です。

【Bitcrusher / Steinberg】
これも飛び道具。ビット深度を極端に下げた時のデジタルな歪み&ノイズが得られます。ヒップ・ホップや一部のエレクトロと相性が良い。

【BIAS Pedal / Positive Grid】
ギターアンプ・シミュレーターのストンプ部分を抜き出したエフェクトです。ギター以外のトラックに使うことで面白いサウンドが得られたりします。

Amp Simulator

【BIAS FX 2 / Positive Grid】
よく出来たプラグインのギターアンプシミュレーターです。エレキやエレベを自分で弾くような場合にはKemperを使いますが、ササッとデモを仕上げるような時にはこれが重宝しています。今のところほとんどプリセットを選ぶだけの使い方に終始しています。

【Vintage Keyboard FX / Overloud】
数少ないキーボードアンプのシミュレーターです。ローズ、ウーリー、クラヴィなどを用いる時には大抵これを挿してます。パラメーターが少なめでとても使いやすい。モジュール式になっていて痒いところに手が届きます。

【PSP L’otary / PSP Audioware】
ハモンド・オルガンなどに用いるレスリー・スピーカーのシミュレーターです。これをオルガン以外の楽器に用いるのが面白い(オルガンの専用音源にはスピーカーのシミュレーターはついてますから)

【VST Bass Amp / Steinberg】
BIASにもベースアンプ・シミュレーターは入っていますが、腰が高い印象の音が多いので、トレース・エリオットのような重低音のベース音が欲しい時に用います。

【Blue Cat’s AcouFiend / Blue Cat Audio】
エレキのフィードバック(マイクで言うところのハウリングみたいなもの)は、アンプを超爆音で鳴らして弦を揺らさないとフィードバックが起きないので、住宅地でやると警察が来ます。なのでサツのやっかいにならないようこのフィードバック・シミュレーターを使います。安全第一。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #07 Frequency

【Frequency】ダイナミックEQ / Steinberg (Cubase 付属)

オーディオの録音レベルが低かったり、音源からの出音のレベルが低かったり、そういった低いレベルの信号に低いレシオでコンプを使う際、スレッショルドを一番下まで下げ切っても必要なリダクションが得られないことがあります。そんな時はコンプの前段で単純にゲインを上げたい。

その場合、Gainer という “レベルを上下するだけ” のプラグインが便利なのですが、僕がしばらく使っていた kHz(キロハーツ)のその名も “Gainer” が、32bit内部処理のプラグインだと気が付きまして(“bitter” というフリーのプラグインでプラグイン・エフェクトの内部処理が何bitなのかが調べられる) 、それで64bit処理のものが無いかと他を探してみたものの使い勝手のよさげなものが無い。そこで Cubase オマケの Frequency をゲインを上下するために使っています。・・・そのためだけに使うにはちょっとデカい気もしますが。

使うのは右下のフェーダーだけ。うっかりどこかを触ってしまってEQが働いては困るので、全てのバンドがoffで立ち上がるようにデフォルト設定して使っています(自称まっくらモード)。

これ、DAWのオマケ・プラグインとは思えないほど優れたEQですが、6dBごとに入っているゲインの目盛が4ミリくらいの幅しかないので笑(カーソルを4ミリ動かしたら6dB動いちゃうってこと)、小数点以下の調整には全く不向きということで使っていません。でも Gainer として重宝しています。

最もよく使うEQとダイナミクス系はこれで全部です。いちいちフォルダーを開くのも面倒なので出しっぱなしです。クリエイティブなアイディアは脆く儚いものなので、「えーとえーと」なんて探している2,3秒の間にイメージがどこかへ飛んでいっちゃう。だからサッと触れることが大事です。

それと使うエフェクトを限定することでそのエフェクト自体の操作にも精通するので、何をするにしてもパパパっと手際よく作業が進む。そうするとアレンジやミックスの作業全体にリズムが出てきて脳がいわゆる「ノッた状態」になり集中力も高まります。そんな状態をぶった切る「えーとえーと・・・」という時間を無くすことが僕にとって大切で、それゆえ使いもしないものをズラズラと並べたくないのです。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #06 MSpectralDynamics (ブラックフライデー)

最上部付近の並び順が少し変わりました。

①FabFilterのディエッサーがあまりに優秀で、iZotopeRXのDe-essが1ミリも必要なくなったので外しました。

②MeldaProductionのMSpectralDynamicsがアホみたいに優秀で、FabFilterのPro-MB(マルチバンド・コンプ)を全く使わなくなったので外しました。

よって今回は、MSpectralDynamicsについて解説します。

【マルチバンド・コンプレッサー】

僕の中でマルチバンド・コンプは ”問題を外科手術的に大胆で緻密な手法で解決する” といったツールです。ダイナミクスに関する大抵のことはシングルバンドのコンプ、エキスパンダーやゲート、トランジェントシェイパー、ダイナミックEQ、EQとコンプとサイドチェインの併用・・・、などで何とかなります。でもこれらで解決できない問題に突き当たった時、マルチバンドコンプが必要になります(トラック間の帯域の競合とか、マスタリングとか)

よく初心者が広告やセールに踊らされて購入したWAVESのL3-16などのマルチバンド・コンプをマスタリングに使っているのを見かけますが、”どれだけ犠牲を払っても音を大きくする必要がある” というジャンルでない限り、セクション間のサウンドのコントラストが失われて音楽性を損なうので、僕はマスタリングに盲目的にマルチバンド・コンプを用いるのには疑問を感じます。もちろん第一線で活躍するマスタリング・エンジニアが全てを鑑みて用いることに疑問は感じませんが(でもそういった次元でお仕事をされている方でもだいたいシングルバンドのコンプを使ってマスタリングしてますけどね)

さて、もしアホみたいに音を大きくしたいわけでも無いのに2MIXがマルチバンド・コンプを必要としているように聴こえたとしたら、それはミックスが失敗している証拠です。自分が作った2MIXならミックス作業に戻って失敗を修正すればいいけれど、他人様から預かった2MIXをマスタリングする場合にはそうもいかないので、そういった時にマルチバンド・コンプの出番になります。

【MSpectralDynamics】スペクトル・マスタリング・ダイナミクス・プロセッサー / MeldaProduction

統合型のダイナミクス・プロセッサーです。これには、

・フラッティング
・コンプレッサー
・ディエッサー
・デノイザー
・ダッキング
・ダッキング(ベース・ドラム)
・ゲート
・スペクトラルクラッシャー

といった機能がありますが、僕は単純に2MIXにファンキーなピークがあったり、キックとベースの帯域的な競合を整理する時にマルチバンド・コンプとして使っています。

普通、マルチバンドというと6バンドだったり10バンドだったり、WAVESのL3-16のように16バンド(表面には6バンドしか現れませんが背後では全16バンドが機能している)だったりするわけですが、このプロセッサーのバンド数は1000バンド以上です。1000バンド笑

Cubase のチャンネルEQで表現すると、

つまり単に全体のスレッショルドを下げるだけで、2MIXの中でスウィープするシンセサイザーの強力なレゾナンスを追従して圧縮してくれたり、キックをトリガーにしてぶ厚いシンセパッドを圧縮するような時に、キックの基音や各倍音の周波数を ”ピンポイントで” 圧縮してくれます。

で、それら多バンドの帯域毎のスレッショルド、アタック・タイム、リリース・タイム等は、カーブを描くことで調整します。ちょっと変わったアプローチなので、使い方を覚えるのにはかなり苦労しました(日本語の情報もほとんど皆無ですしチュートVもみんな外国語)。

今セールしてるみたいですよ。使いこなす勇気のある方はどうぞ。
https://www.meldaproduction.com/MSpectralDynamics

 
 
 

【連載】My Plugin FX #05 Dynamics系

【Pro DS】ディエッサー / fabfilter

従来型のディエッサーは 「特定の高音域を監視して、その帯域にスレッショルドを超える入力があったら圧縮」というような、単純なコンプレッサー処理なわけですが、このディエッサーは少し違います。独自のアルゴリズムで歯擦音を検出して、それだけを下げてくれるといった賢いディエッサーです。

従来型だとハスキーで魅力的なボーカルや、Aimerさんのように ”息多め” な歌い方をしているボーカルトラックに対して処理がうまくいかないことが多かった。歯擦音をしっかり抑えるためにスレッショルドを下げれば、母音部分の高域も圧縮されてしまってモッサリした仕上がりになってしまう。かといって母音部分をクリアに聴こえさせるために手加減すれば歯擦音がしっかり抑えられない。なのでどこかで妥協するか、苦し紛れに2段掛けをしたり・・・

ところがこのディエッサーだと歯擦音をその他の部分と区別するアルゴリズムを導入しているので、歯擦音をしっかり低減させるためにスレッショルドをグイグイ下げても、母音部分に影響が出ない。ボーカルのトータルなサウンドに全く変化を与えず歯擦音だけ下げ放題。ほとんど魔法。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #04 最初の最後

あまりによく使うため、フォルダーに入れずエフェクト一覧のトップに持ってきているもの4つのうち、今回が最後になります。

【MultibandEnvelopeShaper】トランジェント・シェイパー / Steinberg

ダイナミクス系のエフェクトは、コンプもエキパンもゲートも、スレッショルド=しきい値 を設定して、それより高いか低いかで圧縮したり解放したりの動作が決まります。

しかしながらトランジェント・シェイパーはちょっと違ってまして、しきい値に頼らないタイプのダイナミクス系エフェクトです。

僕がその昔、最初に出会ったトランジェント・シェイパーはコレ、SPL の Transient Designer。

アタックとサスティンの2つしかないこのシンプルさ。これをドラムの各パーツやドラム・バスに挿したり、カッティングギターに挿したり、アコギのストロークやピアノに挿したりと、とにかくアタックとサスティン部分の音量バランスを調整するのにめちゃくちゃ役立ちました。あまりにも便利過ぎてほとんどチート。「こんなもの使ってたらコンプの使い方がヘタになりそう・・・」といった恐怖からその後は使わなくなりまして。。

そしたらいつしか、Cubeseのオマケエフェクトとして付いてくるように。EnvelopeShaper という名称のトランジェント・シェイパーが。しかも、4バンドにマルチバンド化した MultibandEnvelopeShaper なるものまで。これがもう半端なく便利。

スレッショルドに頼らないということは、レベルが高かろうが低かろうが、全てのトランジェントに対して効果を発揮する、ということ。例えばキックのアタックを強める。コンプならアタックタイムを少し持たせてレシオとスレッショルドでアタック直後のトランジェントを圧縮しますが、中に音量の小さな弱めのヒットが混ざっていて、もしそれがスレッショルドを超えてこなければコンプが効かないし、超えても少しなら大きな効果は期待できない。ところがトランジェント・シェイパーはスレッショルド管理ではないので、音量の小さなヒットに対しても同様にアタックが強められる。このあたりがコンプとの大きな相違点です。

アコギのアタックを弱めるとか、スネアのサスティンレベルを上げるとか、そういうことを全てのトランジェントに対して行える。しかも4つの帯域に分けて。アタックとサスティンの調整をダイレクトに、直感的に、フレキシブルに、そして”かなり” 極端な音作りまで簡単にできてしまいます。

巷で販売されているトランジェント・シェイパーでも、4バンドしかもこれだけ使い勝手の良いものをまだ見たことがない(iZotope Neutron 付属のものは3バンドしかも使い勝手もこちらに軍配が上がる)。これはSteinbergのスマッシュヒットだと思います。

 
 
 

『音楽のような風/EPO』Covered by CeVio AI さとうささら

動画のタイトルまんまコピペでスマン

ボサノヴァの練習のついでにワンコーラスのみのお試しで、
8月5日リリースの CeVio AI さとうささらでVoトラックを作ってみた>詳細

ボカロよりずっといい感じするなー
編集もラクだし
将来的にVSTやReWireに対応して欲しい(今はスタンドアロン)

そしてギター楽しいよギター
ボサノヴァやってみたかったんだー

やっぱ演奏って楽しいね! 以前生徒と一緒に『丸の内サディスティック』のイントロだけ、を練習した時の動画が出てきて、「今こんなに弾けねー!」って感じです。

優しい生徒が付けてくれたいいねがひとつ笑
一緒に練習した生徒はまだ弾けるのだろうか・・・

 
 
 

【連載】My Plugin FX #03 更に

【Pro-G】ゲート / fab-filter
純粋にゲートとして使うこともありますが、基本的にエキスパンダーとして使用しています。

エキスパンダーはコンプレッサーの逆で、しきい値より “下” を圧縮します。「しきい値より下を増幅します」とかブログで堂々と書いてるアホがよくいます。使ったこともないのに書くとか笑。「3拍子の楽曲を列挙します」といってタイトルを並べている人がよくいるけど、その半分は3拍子じゃないし、まーネットの情報なんてそんなもん(この記事も疑いながら読んだらいいよ)

さて、しきい値以下をガッチリ無音にしちゃうのがゲート。やんわりと押さえるのがエキパン。こんな風に捉えるといいと思います。ドラムの2mixに使って劇的にグルーブ感を増したり、ギターのカッティングやパーカッションなど、エキパンを使って歯切れを良くしたりリズムを強調したりすることができて、これが曲全体の躍動感に繋がります。

グラミー賞20回受賞、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームにも名前が刻まれているミキシングの名手、アル・シュミットさんが今年の4月に亡くなられましたが、友人の満田くん(僕がミックスを教えてもらった)は、若い頃アル・シュミットさんのもとで何年か修行を積んだらしいんだけど、そこでエキパンの使い方を身につけたらしいです。僕がちゃんと身に付いているかは不明。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #02 次な

【Pro-C2】コンプレッサー / fab-filter
EQと同様に絶対必要なエフェクター、コンプレッサー。

コンプを使う時、”望ましくない音量の変動を改善する”、”個性や味わいのあるプラグインや実機で魅力的な音にする”、この2つは完全に分けて考えるべきです。上級者やプロはこの2つの要素をいっぺんにコントロールできます(頭の中では分かれているけど)。自分がプロ級だと思えない場合は、後者は完全なオプションと捉えた方が、良い結果に辿り着けると思います。

で、前者の目的にプラグインのコンプレッサーを用いる場合、僕はfab-filet一択です。

・色付けが無い
・アナライザーで入出力のゲインが一目瞭然
・サイドチェイン可
・扱いやすい

所有しているプラグインのコンプレッサーを全部並べたら100を超えると思いますが(みなさんも数十はあるでしょう?)、仕事では「えーっと、このへんだったかな・・・(以下省略)。僕は今のところ ”コンプレッサー” はこのひとつだけです(ダイナミクス系という括りなら他にいくつも使っていますが)

色付けが欲しい時は実機を使います。Avalon VT737sp搭載のオプト(LEDの光を用いた)コンプ、DRAWMER1960の真空管コンプ。定番1176特有のサウンドが欲しい時はUA 6176のコンプ。Pro-C2と合わせてこの4つ(1176は圧縮せずに “通すだけ” の時もあります)です。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #01 まず上からなー

“Prod. & Mixing” つまり制作とミックスの時のセットです。マスタリングはまた別のセットになってます。Cubaseではトップメニューの”スタジオ”→”プラグイン・マネージャー”で、プラグインのセットを複数作っておいて、作業に応じで切り替えられる。重宝してます。(右上の▼でメニューを出して切り替えるよ)

さて、ひとつのプロジェクトで何十個も使うものは、いちいちフォルダーなんか開いていられないのでてっぺんに並べています。

【Pro-Q3】ダイナミックEQ / fab-filter
”帯域ごとにフィルターで分けてそれぞれのバンドを加工後に合算” というのがEQなので、使えば音は劣化するし位相も乱れます。だけど使わないわけにいかないのでてっぺんにあります。あらゆるエフェクトの中で一番使うということですね。

EQを使う時、”楽器、あるいは楽曲全体の帯域ごとのバランスを取るために用いる”、”個性や味わいのあるプラグインや実機で魅力的な音にする”、この2つは完全に分けて考えるべきです。上級者やプロはこの2つの要素をいっぺんにコントロールできます(頭の中では分かれているけど)。自分がプロ級だと思えない場合は、後者は完全なオプションと捉えた方が、良い結果に辿り着けると思います。

で、前者の目的でEQを使う場合、僕はfab-filet一択です。

・色付けが無い
・スペアナの解像度が高い(Spanにはかないませんけどね)
・コンプ内蔵(サイドチェイン可)
・扱いやすい(カーソルをホバリングしないと現れないアウトプットだけはNG)
・リニアフェーズ可(選択肢多数、だけどあんなに要るの?)

所有しているプラグインのEQを全部並べたら100を超えると思いますが(みなさんも数十はあるでしょう?)、仕事では「えーっと、このへんだったかな・・・」なんてスクロールしている時間は無いです。趣味ならズラーっと並べてニンマリと気持ちの悪い笑顔を浮かべるのもアリかと思います笑(そして効率の悪い作業を嗜む)。僕は今のところこの一個です。

色付けが欲しい時は実機を使います。現代的で透明感のあるサウンドが欲しい時はAvalon VT737sp に搭載の真空管EQ。濃密でレトロなサウンドが欲しい時はUA-6176のプリアンプ側に搭載されたEQ、Pro-Q3と合わせてこの3つで全てのEQ処理を行ってます。

 
 
 

おぱす 序章

【ino】やっとこさOpus Editionのインストールがおわったよ~!

まずIFが見やすい。さらにサイズ可変なのは嬉しいです。

あとはSoloVnとSoloVc、チェレスタ、Harpが入っているのが嬉しいです。
勿論全ての音色をクローズマイクで使用することが可能。(大事)ヤッター!

ソロVC、ちょっと手弾きのベタ打ち(!)で打ち込んでみましたが
なかなかいい音ではないでしょうか…リバーブはOpusのデフォルトのやつです。

それにしても白鳥がうろ覚えすぎる

 
 
 

ブルースハープ

長いこと教室やってるなかで、今日初めてブルースハープ(ブルースに用いる小型のハーモニカ)のレッスンをしました!

「こんなのとか、

こんなのとか、

出来るようになりたいです!」

急に笑

「そうか! じゃあベンドだ! ブルースハープはまずベンドができなきゃお話にならないよ。ホラこんな風に! 」といってベンドを披露して見せる。

「もっと口をすぼめて。もっと。もっと。ストローで吸うみたいに細くして。もっと。・・・もーガバガバじゃねえか笑」

「先生!苦しいです!!!」

いやードラムもそうだけどフィジカルなレッスンて楽しいね、「音楽やってる」ってカンジ

 
 
 

【連載】My Plug-in Effects (何使ってるんでしょ~~~か!?)

日頃から制作に使っているプラグイン・エフェクトの紹介をしようと思います。

連載で。

僕は使いもしない音源やエフェクトをずらずらと並べておくのが大キライなので(作業効率も落ちるし、目的のものを探すのに目障り)、基本的には使うものしか表示させません。ですのでかなりシンプルです。

紹介すると言っておいてアレですが、ミックスは道具ではなくて “腕” なので、ミックスの初心者ならDAWの付属で全然OKです。高価なエフェクトを山ほど使ってウンコみたいな2mixを作ってる人が世の中に山ほどいますが、ミックスのことをちゃんとわかっている人がDAWの付属だけを使ってしっかりとミックスしたら漏れなく完全に駆逐されます。道具は何も解決してくれません。

それと10年も15年もやっていても、ウンコみたいな2mixしか作れない人も大勢います。僕もかつてそうでした笑 ちゃんと勉強したらそんな人を2,3年で軽々と追い越していけます。これもまた道具ではないのです。

あ! 大切な道具がありました。部屋とスピーカーです。ここにはたっぷり投資しましょう。でないと勉強もできません。30万円か40万円用意してルームアコースティックと再生装置にお金を注ぎましょう。そしてプラグインはDAWのオマケとフリーウェアでOK。1円もかける必要ナシ。何年か精進を重ねてしっかりとミックスができるスキルと耳が身に付いたら少しずつ好みのプラグインや実機を手に入れていけばいいのです。これが正しい順番。

こういうことはAmazonでポチって手に入る本や雑誌には載っていないし、プラグインの魅力的な宣伝文句にも書かれていないよねー


↑↑↑mixの上級者↑↑↑

 

位相、合わせYO

生徒がマルチマイキングでアコギを録音したプロジェクト。一番上がAKG C451B、その下がSHURE SM57。

複数のマイクで録音したオーディオの位相を合わせるのは、スタジオでは基本中の基本・・・なんだけど、DTM次元では必要となる機会も少ないのであまり意識していない人が多いなぁ。。

位相がズレるとコムフィルター効果で音色が劇的に変わってしまうので、必ず合わせる。

そしてEQをするなら、必ずリニアフェーズEQを用いる。

リニアフェーズEQでないと、低域をEQしていても高域の位相に変化が生じるので、トラックをソロにしている時は気が付かなくても、合わせて聴いてみたら「アレ!? 音色が全く変わっちゃった!!」ということが起きてしまいます。あー、恐ろしや。

ベースとキックの分離でも、片方の位相を反転させると事態が好転することも多いし、大事です。位相。

軽いキックに重みを加えるのに、別のキックをローパスして重ねたり、シンセの正弦波や三角波を用いて重みを出したりする時も、位相、大事です。ドラム音源から出てきた音もシンセから出てきた音も全部をちゃんとオーディオにして、波形を拡大して位相を調整しておかないと、音源側のラウンドロビンの影響とか、アナログモデリングシンセの位相が固定できなかったりとか、そんな理由であちこちでキックが飛び出したり引っ込んだり(そしてそれらは再生の度にランダムに起こる)してしまいます。

DTMでの音楽制作でも気を付けないといけません。位相。フェーズ。Phase