ローズ(ラヴィアンローズのローズじゃないよ)

ローズは、あらゆるエレクトリックピアノの中で最も有名な楽器。エレクトリックピアノの代名詞。あらゆるピアニスト/キーボーディストがローズを用いた代表曲を残しています。

Spain / Chick Corea

ハロルド・ローズさんが発明して、最初はエレキ・ギターのフェンダー社に話をもちかけて、”Fender Rhodes” の名で世に出ます。が、その後フェンダー社がCBSの手に渡って”Fender”の冠が取れて、ロゴも”Rhodes”になり、さらにその後アンプとスピーカーを内蔵した、スーツケースという機種が出ました。単体で音が出ます。みんなが良く知ってるローズの音はコレだったりするね。

スーツケースが欲しいんだなー俺は。。

でもダニー・ハサウェイやレイ・チャールズが弾くウーリッツァーも最高なんだよなぁ ><
しかし両方持てる財力もスペースもないッス・・来世に期待

 
 
 

CC121

雑な扱いでEQセクションのボタンがめり込んでしまったので修理に出したところ、他にも傷んでいた箇所があったらしく色々修理されて帰ってきた!

DSC_0023

モーターフェーダーを交換してもらえたのは地味に助かる。。

これが無かったら腱鞘炎になっとる

 
 
 

レコーディング・アシスタント

某レコーディング・スタジオで働いている生徒(教室でミックスの勉強中)が、May.Jさんのレコーディングでアシスタントを務めましたとさ。

ブライダルホールに機材を持ち込んで、シュアーのSM58での一発録り。。こんな時代になってもゴッパは健在なんだなー。限りなく無難(コレだいじ)。下のと合わせて2曲録ったそう。

しかしこの選曲はいったい・・・

 
 
 

Audible Genius Syntorial

先日、カウンセリングをした生徒から教えてもらった『Syntorial(シントリアル)』を紹介しておくよ!

なんでも、ゲーム感覚でシンセの音作りを学べるソフトだそうだ。”シントリアル” とは、”シンセ” と “チュートリアル” から成る造語みたいです。以下、メーカー情報。

シンセサイザーの新しい学習法

Syntorialは、シンセパッチのプログラミングを耳で聞いて学ぶ、ビデオゲーム感覚のトレーニングソフトウェアです。ビデオによるデモンストレーションとインタラクティブな課題を組み合わせた約200のレッスンで、内蔵のソフトシンセでパッチのプログラミングを実際に体験し、独自のサウンドを簡単に作り始めるために必要な知識をすべて学ぶことができます。

これは普通のシンセサイザーのチュートリアルではありません。これがSyntorialです。

インタラクティブな学習

Syntorialは、シンセサイザー・プログラミングの仕組みを紹介するだけではありません。129のインタラクティブ・チャレンジで、内蔵シンセにパッチをプログラムしなければならないのです。サウンドデザインの方法を学ぶだけでなく、サウンドデザイナーになることができるのです。

特徴

・129のチャレンジ – 実際にやってみることで、学ぶことができます。Syntorialの内蔵シンセでパッチをプログラミングし、課題をクリアしていきます。

・706 PATCHES – プログラム、プログラム、プログラム。それが全てです。シンプルなものから複雑なもの、馴染みのあるものから奇妙なものまで、700以上のパッチをプログラムすることができます。

・33 ON YOUR OWN – Syntorialは、あなたが使っているシンセサイザーで、定期的に実行するタスクを提供します。

・147 VIDEOS – 課題で使用するシンセと同じものを使用したビデオ・デモンストレーションで、すべてを学ぶことができます。

・64 SYNTH PARAMETERS – ほとんどのシンセサイザーで見られる一般的なパラメーターをカバーしています。

・39のクイズ – 選択式の問題で、学習したことをすべて記憶することができます。

・一度お支払いいただくと、3つのプラットフォームでご利用いただけます。Mac、PC、iPad

だってさ! いいんじゃないのいいんじゃないの!?
ググれば日本語のレビューもいくつか見つかるよ!
ブツはPLUGIN BOUTIQUE で売ってます

【追記】
公式サイトで学割り利くみたいです!(生徒情報です)
Syntorial Educational Discount

【追記2】
3月16日までここで40%offのセールやってるみたい
ADSR sounds
 
 
 

ブレスコントローラー

外部からシンセサイザーやMIDI音源、DAWなどを操作するデバイスを ”フィジカル・コントローラー” といいますが、ブレスコントローラーもそのひとつで、息を使ってMIDI情報を送信する機器のことを指します。僕はアレンジに管楽器やストリングスなどをよく使うので、昔からブレスコントローラーをよく使ってきました。

最初に使っていたのはコレ、YAMAHAのBC3。吹き口を咥えて息を吹き込むと、息の量に応じてMIDI情報を送出します。主にボリューム操作に使ってました。これを使っていたのは30年くらい前かな。

 
 
その後、1993年にヤマハから発売された ”世界初”の物理モデル音源搭載シンセサイザーVL1。物理モデルだから、トランペットの材質を木にしたりガラスにしたり、フルートの材質を陶器にしたり自由自在です。これには大いに興味をそそられました。ブレスコントローラーで使い倒してみたい!・・・が、定価47万円。貧乏ミュージシャンには高嶺の花でした。

 
 
3年後の1997年、VL1の心臓部を抜き出した物理モデル音源モジュール VL70-mが同社からリリースされることになり、そのお値段なんと¥58,000円。安くなり過ぎだろ笑

 
 
「この値段なら買える!」と湧き立った瞬間、ヤマハさんからプロトタイプの貸出機が届き(当時DTM関連雑誌の連載や記事のライターをしていたので)無料でお手元に。「3年前に47万円でVL1を買うお金が無くて本当に良かった。」と心から神様に感謝。しかも記事を書いた後に返却要請も無かったのでその後も使い続け、今も手元にありますが自分のものでもないので売れないし捨てれない笑

で、そのVL70-mを使い倒すために購入したのが、同社のWX5。これで様々な管楽器を奏でるわけです。基本的には指と息でノート情報、息の圧力でコントロールチェンジ、吹き口を噛む力でピッチベンド情報を送って音源をコントロールします。

 
 
で、WX5はVL70-mを奏でるには都合が良いのだけれど、DAWにコントロールチェンジを送るだけの使い方をしようと思うと結構めんどくさい。VL70-mを経由しないといけないし、電池を何本も入れるかACアダプターから電源を供給しないといけない。そこで、もっと便利な道具ってないかな~と思っていたら、AKAIからEWI USB PROFESSIONAL なるものが登場。ほっそいUSBケーブル一本でPCへ直接接続。USBのバス電源で駆動するので電源供給の必要も無し。これが超軽快。

 
 
ただ一つの難点は、WX5もそうだけどこの手のデバイスは両手が塞がってしまう。DTMで単旋律を入力するのに両手を使うのって結構煩わしい。吹いて楽しむだけなら構わないんだけど、サッと入力してパパッと編集してまたサッと入力して編集・・・いちいち両手で楽器持ってピラピラやってるより、目の前の鍵盤からノートを入力しながら、パラメーターは息でコントロールしたい・・・と思って探しまくったら、ありました。

 
 
TEControl USB MIDI Breath Controller2。日本では販売されておらず、2週間ほど前にスウェーデンにあるメーカーに直接オーダーして昨日届きました。この吹き口を咥えて、吹いたり、噛んだり、顔を上や下に向けたり、頭を左右に傾けたりすると、リアルタイムにパラメータが送出されます。両手が空くのでコードも弾ける。やったー、最終到達点。ブレスコントローラーすごろくのあがりかな。

空のMIDIトラックを録音状態にして吹いたり噛んだり頭を傾けたりしてみました・・・忙しい。

頭を傾けてのコントロールはDTMユースでは現実的ではなさそう。

・息でCC#2 (Breath)=音勢や音量
・噛む力でCC#1 (Modulation)=ビブラート
・右手の鍵盤のタッチでノートのオンオフとベロシティ
・左手でMIDIキーボードからピッチベンド

こんな使い方が良さそうです。よーし使い倒していくぞー
 
 
 

【連載】My Plugin FX まとめ

連載の最終回、まとめです。初回にお伝えしたことをもう一度お伝えします。

ミックスは道具ではなくて “腕” です。

ここで紹介しているプラグインは僕が完全に主観で「使いたい」と思ったものを使っているだけです。これらを使えばミックスが上手くいくというわけではありません。例えば一流のエンジニアが使っているようなエフェクトを僕が取り揃えたところで、絶対に僕のレベルの結果にしかなりませんし、これを読んでいる人が初心者だったらここに紹介されている何を導入しようが初心者レベルの結果にしかなりません。ですので、初心者ならDAWの付属で十分過ぎるくらい十分です。

身の丈に合わないツールを使っている人はミックスという工程が何なのかその本質を理解していない場合がほとんどのように思います。「評判の良い○○を導入したら、俺様の2mixがグンと素晴らしいサウンドになるかも」という妄想は捨てましょう。何を導入したところで地道に訓練を重ねなければこマシにすらなりませんし、逆に悪い結果を招くこともよくあります。

・・・でも、上達するのに最適なものもあります。ここで紹介したものならFabFilterのEQとコンプとか。そういったものを手に入れて “正しく地道な訓練” をしていけば誰だってちゃんと上達します。そのためにミックスのレッスンを受けましょう。リクエストお待ちしております!テヘ笑

巷に出回っているほとんどのミックスの本には ”どんな訓練をしていけば良いのか” について何も書かれていません。良い結果を生むのに必要なのは良い工程であり、良い工程を行うためには高いスキルが必要で、その高いスキルを身に付けるには “繰り返しの訓練” が必要です。ショパンコンクールを何万回観たところでピアノを練習しなきゃ上手にならないですよね。「結果ばかり見せて訓練方法を教えなかったらミックスが上手になるわけがなかろう」と多くの著者に言いたい。

クリックで当該ページが開きます。

Pro-Q3 / fab-filter:ダイナミックEQ
Pro-C2 / fab-filter:コンプレッサー
Pro-G / fab-filter:ゲート / エキスパンダー
MultibandEnvelopeShaper / Steinberg:トランジェント・シェイパー
Pro DS / fabfilter:ディエッサー
MSpectralDynamics / MeldaProduction:スペクトル・ダイナミクス・プロセッサー
Frequency / Steinberg:ダイナミックEQ

Distortion
Filter / Retro
Imager
Reverb
Delay
Vocal / Pitch
Modulation
Bass / FX
Restration
Analyzer / Tools
 
 
 

【連載】My Plugin FX #17 Analyzer & Tools

 

今回はアナライザーとその他のツールの紹介です。次回はまとめ(最終回)となります。

 
【Span / Voxengo】スペクトラム・アナライザー

これは確かフリーでした。解像度がヤバいです。ミックスでもマスタリングでも、たまにものすごく緻密なことをしなければならない局面がありますが、そういう時に頼もしいです。低域の解像度が高いのも嬉しい。他のアナライザーだと”何となくモッコリ” としか描けない帯域でもどこにピークがあるかがしっかり把握できるのですごく助かります。またオプションがとにかく豊富で描画速度やピークホールドの時間は当然のこととして、あらゆる調整ができます。超オススメです。

 
【SuperVision / Steinberg】オーディオ分析プラグイン

Cubaseのオマケね。様々な要素を表示できるみたいですが、自分は主に波形を見るのに使っています。アナログ・シンセから出てきた信号の波形をこれで見ながらニヤニヤしています。

 
【Bitter / Stillwell Audio】ビット深度チェッカー

これも確かフリーだったかな。信号の量子化ビットがいくつなのかを見ることができるので、特定のエフェクトの後ろに挿すことでそのエフェクトが内部で何ビット処理を行っているのかをひと目で確認できます。プラグインのメーカーが内部処理のビット深度までは公開していない場合が多いので、新しいエフェクトを導入する際にはトライアルをダウンロードしてこれで確認します。

 
【GTune / GVST】チューナー

Cubase付属のチューナーが死ぬほど使いづらいので、使い勝手の良いチューナーを探して拾ってきました。これも確かフリーだったかなー、、忘れた。フリーじゃなくても¥500円とかでしょう。

 
【TestGenerator / Steinberg】テストトーン・ジェネレーター

Cubaseのオマケ。基本的な波形といくつかのノイズを持っているのでいろいろなテストに用いています。例えば、実機のコンプレッサーを使う前に左右の誤差の調整に使用したり、サイン波を機材にオーバーレベルで突っ込んで波形の歪みを見たり、ハーモニックエンハンサーのタイプの違いにより倍音の状態がどのように変化するかを確認したり、新しく導入したリバーブのプリセットを切り替えながら短いピンクノイズのバーストを間隔を空けて鳴らすことでリバーブの初期反射や残響音の拡散/減衰を確認したり…とにかく色々なことに役立ってます。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #16 Restration

今回はレストレーション。オーディオの修復ツールですね。
 

【RX 8 / iZotope】総合オーディオ修復ツール

iZotopeはもともと映画やドラマ、TV番組などのMA(マルチオーディオ)作業の場で様々なノイズを除去するエフェクトを開発していたメーカーなので、レストレーションはお家芸です。iZotope RXは、マスタリングでお世話になることが多いですが、ミックス時に効果を発揮してくれるプラグインも多いです(僕はAdvanceですが一般的にはStandardで十分です)。しかし過度の期待は禁物。使えば必ず音質が劣化します。適用したい箇所だけを別トラックに分けるかCubaseなら該当箇所のみにオフラインプロセッシングで用いるのが得策。

 
【Z-Noise / WAVES】ノイズ除去プラグイン

モーター音とか空調のファンの音など、継続的なノイズに威力を発揮するエフェクトです。ノイズだけが鳴っている部分を聴かせて学ばせた後、スレッショルドとリダクション量を調整します。ま、これもしっかりノイズ除去しようとすれば音が変ってしまうし、音が変らないような設定にすれば十分にノイズを除去できない。これはどのメーカーの何を使っても同じですね。過度な期待と過度の使用は禁物。

 
【UNVEIL / Zynaptiq】残響音除去プラグイン

これはリバーブ除去専用のツールです。上にあるiZotope RXの画像もDe-Reverbといって残響音を除去するエフェクトです。オーディオ素材やトラックに最初から含まれている部屋の反射音や残響音が原因でミックスが上手くいかない、というのはよくあることです。どちらのプラグインもしっかり反射音や残響音を取り除こうとすると、やはり音が変ってしまいます。

いろいろと実験しているうちに僕はZynaptiqのUNVEILで残響音を軽く取り除いた後、iZotopeのDe-Reverbを用いることで、音質を大きく変化させることなく、かなりの量の残響音を取り除けることを発見しました! そしてその少し後、ミックスについて詳しく書かれた洋書を読んでいたら、グラミー賞(最優秀エンジニア賞)受賞歴のあるエンジニアが、僕と完全に同じこと(Zynaptiq UNVEIL → iZotope De-Reverb)をしていると書いてあったので、これについては信用してもらって大丈夫そうです!!
 
 
 

【連載】My Plugin FX #15 Bass & FX

 

今回はローエンドのエンハンサーと特別なエフェクトです。

 

【RenaissanceBass / WAVES】ロー・フリーケンシー・エンハンサー

同じWAVESにMaxxBassなんていうのがあって、機能は同じくどちらも低音の量感を増すためのエフェクトです。MaxxBassの方がパラメーターがたくさんあるんだけど、アレコレいじってもなかなか欲しい音にならない。それに比べてこちらはフェーダーをグイッとするだけで「あ、コレコレ」となるので、いつの間にかこちらしか使わなくなりました。確か倍音成分のバランスを変えることで、基音の音量が上がったように”錯覚させる”というエフェクトだったと思います。僕は単にサウンドを太くするという用途で使ってますけどね。

 
【LoAir / WAVES】ロー・フリーケンシー・エンハンサー

こちらはガチで低域をブーストするエフェクトです。かかり方が半端じゃない。特にLo-Airの方のツマミは1オクターブ下がガンガン出てくるので、試す人はスピーカー壊さないように注意してね。これは一般的な楽曲に使うというよりは、ハリウッド映画のトレーラーのような重低音の空気感が欲しい時に役に立ちます。30Hzあたりかそれ以下までしっかり見通せるスピーカーを使っていない人は関わるのはやめましょう(ヘッドホンではチェック不可能です。音として聴こえても”量”が把握できないのです)。

 
【StutterEdit2 / iZotope】

以前よくお世話になったStutterEditの最新版です。何でもかなり色々できるようになっているそうですが、導入したばかりでクイックスタート・マニュアルすら読んでいないので何ができるのかまだ全然わかってません! 今後チュートリアルなど見て色々試してみたいと思っています。

 
【TapeStop / Kilohearts】

テープやレコードの回転を急に落として止めたり、再び加速して元通り再生したり、皆さんも耳にしたことのあるそういうギミックをシミュレートできる些細なエフェクトです。もっともっと複雑なものもあるみたいですが、だいたいが「ギャーァゥッ」って止めるか「グゥワァーン」って再生を開始するかしか使わないのでこれで十分。変化の速度も調整できるし中央のカーブで変化のニュアンスも調整できます。確かフリーだったと思う。

 
【Spectral Multiband Resonator / 4ms】

ショートディレイをかけてフィードバックを上げると「イーン!」と特定の周波数がリンギングしますよね。あの感じを積極的に起こすエフェクトです。どんな楽器にも特定の倍音みたいなものを付け加えられる。しかもそれを音楽的な音の高さに調整できます。例えばHip-Hopでスネアのリンギングをキーの主音に固定したりとか。しかもしかも複数鳴らしてコードにすることもできる。つまりハイハットを叩くたびに余韻がメジャーセブンスコードで鳴る、みたいな。トリガーの度にコードを変えたりもできます。

で、この特殊なエフェクトが使いたいばかりに、SoftubeのModular(モジュラーシンセサイザーシステム)を導入してしまった笑

SoftubeのModularは、DoepferのEuroRackのプラグイン版と思って貰えたらいいです。サードパーティー各社からリリースされるモジュールを購入して組み合わせ、自分独自のシンセサイザーを組み立てていく。ハードウェアだったらこんな感じ。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #14 Modulation

 

今回はモジュレーションです。何等かの周期的な変化を与えるエフェクトです。動きの無いシンセパッドにうねりをつけたり、これといって特徴の無い楽器の音を特徴的にしたりします。
 

【MetaFlanger / WAVES】統合型モジュレーター

オーソドックスなコーラス、フランジャー、フェイザーをエミュレートしています。単にこれらのエフェクトをかけたい場合はこれ一発で済ませています。

 
【RingModulator / Steinberg】リングモジュレーター

大抵のソフトシンセにはリングモジュレーターが搭載されているので、これはシンセ以外のパートに飛び道具的に使う時用ですが、そんなに出番は無いです。

 
【Metalizer / Steinberg】???

これも上記同様CubaseのオマケFXです。何かに通してるらしいですよ、よくわからんけど。使ってみると「へー」ってなりますが、じゃあ必要かというとそうでもないので、そのうち外してると思います。

 
【ShaperBox2 / Cableguys】なんでもシェイパー

音の様々な要素を周期的に動かしますよ、というエフェクトの集合体です。8つのエフェクトがありますが使うのはオートパンとボリュームくらいかな。フィルターはFabFilterのVolcanoにLFOがついているのでそっちを使っちゃうし…。1小節かけて徐々に歪んでいく、を繰り返す。なんていう使い方を今度してみたいです。

これが上記ShaperBox2の一部であるVolumeShaper6なるものです。KickStartという便利なソフトをご存知かと思います(僕も大変お世話になりました)。あれはただ単にカーブを選ぶだけですが、こちらは自由にカーブを変えられるので、しっかりグルーヴするようリリースの速さやタイミングを調整できて大変助かります。

 
【SERUM / XFER RECORDS】マルチエフェクター

大人気のプラグイン・シンセ”SERUM”のエフェクト部を抜き出したものです。HyperとDemensionはコーラスとディレイなんですが、なんかフツーのものとフィーリングが違うんですよね。何をやってるのか知りませんが。それと、マルチバンド・コンプが非常に具合いが良い! かかり方が凄いのと、かければ何でもカッコよくなる笑

 
 
 

【連載】My Plugin FX #13 Vocal / Pitch

今回はボーカルその他に用いるエフェクトです。

 
【Melodyne 5 Studio / Celemony】

ボーカルのピッチやタイミングの修正ソフトとして他を一歩リードしているMelodyneのStudio(上位グレード)を使っています。Studioの特徴は、複数のトラックの情報を同時に表示して作業が行える(多声部のハーモニーの修正効率が劇的に向上する)ことと、倍音成分を細かく修正できる点。やや声質が異なるテイクでも擦り合わせながらコンピングができます。

ボーカル以外に、生で録音した楽器のピッチ修正にも有効です。現代人の耳は完全に正確なピッチに慣れていて、微妙なピッチのズレに敏感に反応して不快感を覚えてしまうので、ピッチには特に注意を払います。

 
【RX 8 / iZotope】

ブレスノイズの低減、破裂音の低減、リップノイズの低減、などを目的としたエフェクト3種類。基本的に波形編集で何とかしようと努力して、それでもどうしようもない場合に限定的に用います。多かれ少なかれ使えば音質は劣化します。

 
【Manipulator / POLYVERSE】

ボーカルに用いる飛び道具的なエフェクトの数々が詰まったプラグイン。エフェクトの組み合わせで多彩なサウンドが得られます。僕はプリセットツアーして面白いサウンドが飛び出してきたら使ってますが、「マニュアルをしっかり読んでもう少し使いこなしたいな…」と2017年から思ってます…

 
【Morphoder / WAVES】

WAVESのボコーダーエフェクトです。WoldorfのLectorっていうボコーダーを持っていたんだけど、ライセンスをどっかやっちゃったんで今はこれを使ってます。前述のManipulatorが使いこなせたら単体のボコーダーなんか要らなくなりそうなんだけど・・・むーーー

 
 
 

【連載】My Plugin FX #12 Delay

今回はディレイです。やまびこ効果ですね。リバーブより圧倒的に密度が低いので、同じ効果が得られるのであればディレイを用いた方が空間のリソースを食いつぶさずに済みます。よって空間処理はまずディレイから先に考えます(リバーブを先に紹介しておいてナンですが)。主に用いるのはこの4つです。それぞれに得意分野があります。

 
【EchoBoy / soundtoys】

これは、Roland Space Echoのようなヴィンテージなテープディレイや、BOSSのDM-2のようなBBD(バケツリレー素子)を用いた暗くザラついたアナログ・ディレイの雰囲気を出すのに最適です。よく出来てると思います。使いやすい。ギターやシンセによく用いますが、時にはボーカルにも用います。

 
【Repeater Delay / Slate Digital】

このプラグインは23機種にも及ぶクラシックなヴィンテージ・ディレイを搭載していて、EchoBoyのようにテープやBBDタイプの名機も当然網羅していますが、このディレイの売りは何と言ってもデジタル・ディレイ黎明期の名機中の名機、Lexicon PCM-42の再現、つまり80年代のデジタル・ディレイの再現性でしょう。よく出来てます。僕が若かりし頃、海外のAORやロックのアルバムを聴いて感動したあの音が出てきます。

 
【Timeless 3 / fabfilter】

上記2つと比べてパラメーターが多く様々なことができるので、ヴィンテージ・サウンドの再現ということより、よりモダンなサウンドだったり、よりクリエイティブにディレイを用いる場合にこれを使ってます。プリセットツアーをして ”ぶっ飛んだサウンド” を見つけて飛び道具的に用いることも多いです。まだ使いこなしている感はそんなにないのでもう少しいじっていきたい。

 
【Super Tap 6-Taps / WAVES】

ディレイひとつひとつのタイミング、音量、パン、フィルターを個別に設定したい時に、ずっと昔から使ってます。完全に慣れ切っているので扱いやすい。Cubase付属のマルチタップ・ディレイはこれよりずっと色々できますが、何をするにもいちいちタブを切り替えながらの操作になるので段々イラついて嫌になってきます。EQも、エフェクト欄を開き、選択して、インサート。あーめんどくせえ。”見えているものが全て” がWAVESのGUIの強みですね。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #11 Reverb

今回はリバーブです。浮いて聴こえる楽器をオケに馴染ませたり、つまらない楽器の音をユニークにしたり、楽器が演奏されている空間をイメージさせたり、サスティンの短い楽器に豊かなリリースを与えたり、音場に横方向の広がりを与えたりなどの目的で用いるエフェクトです。ちなみに「音場」は「おんば」と読みます。磁場、重力場、電場、と同じですね。

どんなに音が良いと言っても1台のハードウェア・リバーブマシンでは、全てのパートのリバーブを微調整しながらミックス全体のサウンドを仕上げていくいくということができないので、リバーブばかりはプラグインが正解でしょうね。

今現在、僕にとって必須のリバーブプラグイン4つです。

 
【Seventh Heaven Professional / LiquidSonics】

名機中の名機、かつてスタジオのど定番だった Lexicon 480L のサウンドを引き継ぐ Bricasti Design の M7 というリバーブマシンがありまして(確か40~50万円くらい)、それのプラグイン版です。価格は実機の10分の1ですが、サウンドは10分の1どころではありません。この滑らかで濃密なサウンドはめちゃくちゃ僕の好みです。

Hall や Room はコンボリューションなので超リアルですが、なんと各パラメータをまるでアルゴリズミックなリバーブのように自由に調整できる。何をしているのかは謎です。その他のプリセットも実に素晴らしい。大好きです。

 
【R4 / Exponential Audio】

往年のデジタルリバーブを彷彿とさせるサウンドで、僕の中ではValhalla VintageVerbの上位互換みたいなイメージです。パラメーターが多くかなりの作り込みが可能で、特殊な使い方もできます。例えばERとTAILに個別にモジュレーションをかけたり、フリーズボタンをクリックしてその瞬間のリバーブ音を永遠に伸ばしたりできます。ビットレートを落としたキメの粗い80年代のデジタルリバーブの再現も最高。コンプレッサーや汚し系のエフェクトも内蔵。テンポシンクも可能。楽しい。

 
【Lustrous Plates / LiquidSonics】

明るくて伸びやかなプレートリバーブのサウンド・・・、好きなんですよね。これは10機種のプレート・リバーブ・マシンをプロファイリングして作られたプレート・リバーブに特化したプラグインです。プレートの材質もクロームやシルバーからベリリウムやイリジウムまで7種類の金属の共鳴や減衰の特性を再現しています。プリセットをツアーして「これだ!」と感じるものを選んで使用しています。

 
【SPRINGS / AUDIOTHING】

個性的なスプリング・リバーブのサウンドはギターのみならず、様々な楽器の”色付け”に使えます。このプラグインは15機種のスプリング・リバーブのエミュレーターと、ギターアンプなどに搭載されたヴィンテージなバグザンダルEQのエミュレーターを合体させたものです。コンボリューションとモデリングの合わせ技でヴィンテージなサウンド・キャラクターの再現性は非常に高いです。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #10 Imager

今回はイメージャーです。ステレオ・イメージの調整に用います。

 
【Ozone Imager / Ozone】シングルバンド・イメージャー

オーディオ素材や音源のステレオ・イメージがどうなっているのか、視覚的に把握したい場合にアナライザーとしてよく使います。完全にモノラルなのか少しだけ幅をもたせてあるのかなどのチェックに重宝します。またステレオ音源の幅を広げたり狭めたりモノにしたりなどを帯域のことを考えずにサクッと行う時にも便利です。完全なモノ音源を位相の操作で広げる時にも便利です。

 
【Ozone 9 Imager / Ozone】マルチバンド・イメージャー

帯域毎にステレオ幅を調整できるので、マスタリングでよくお世話になりますが、ドラム・ループ、シンセベース、キックなど、ミックスでもこれが必要になる場面がままあります。

 
【Center Stereo / WAVES】MidSide処理

MS処理した信号を容易に扱えるので便利です。EQやコンプを内蔵していてバックグラウンドで働いてくれるので、手早く大雑把に調整しても「こうなって欲しかった」に簡単に到達できるので非常に便利なツールです。またベースを耳コピするとか、左右に振り切ったアコギやシンセのアルペジオを耳コピするとか、そういった時にもアホみたいに重宝します。

 
【Imager / Steinberg】

マルチバンド・イメージャーで各バンドにパンが付いている製品は少ないですが、このCubaseのオマケイメージャーにはパンが付いているので、ドラムループのセンターにあるハイハットを少し横にズラしたい時などに有効です。

 
【S1 MS Matrix Stereo / WAVES】

最新のEQやコンプは必ずと言って良いほどMidとSideで別々に処理できるようなオプションが付いていますが、実機のコンプやEQでMS処理するような場合には、このMS Matrixを使って信号をMSに分けてセンドして、処理後のリターン信号に再びMS Matrixを使って元のステレオ2chの信号に戻します。