【連載】音楽制作環境(ハード)(21~30)

#21

充電器です。ガラケーの。ずっと家にいるのでスマホ要らないんですよね・・・LINEできるガラケーだし。でも結局LINEもデスクトップ版使っちゃってるなぁ。。だってタイピング断然速い。ま、Bluetoothでワイアレスイヤホンも使えるし(家事する時とか風呂入る時とか)。あとSNSとかやらないし全く見ないので(世捨て人か)どう考えてもスマホの使い道がない・・。よってケータイ料金はほとんど1000円未満、3ケタで済んでます。

#22

1990年代前半にMacのデスクトップ機LC475を使い始めてからトラックボールの便利さにハマり、2000年くらいからWindowsマシンでマイクロソフト社のTrackballExplorerを使いはじめました。操作感と手に馴染むフォルムが素晴らしくてこれに惚れ込み、2006年に生産終了した後も程度の良い中古を買って使い続けてきました(今でも世界中にファンがいて、デッドストック品は米アマゾンで6万円前後で流通)。

そしてこれに代わるものはないものかとこの十数年探し続けてきた結果、”ギリギリ許せるレベル” の製品にやっと出会えた・・・それがこのトラックボールです。今年の1月から使ってます。手元にTrackballExplorerの中古品のストックが2つと半分(=分解して一部の部品を取ったもの)があるので、それはino先生の今後用に保管してあります(まだまだ使い続けるそうなので)

#23

エアコンのリモコンを、1.「えっと・・」って見つけて、2.手に取って、3.後ろへ向けて(本体が背後にある)、4.ボタンを押して、5.置く。制作にガチで集中している時はそんなことさえ煩わしい。こうセットしておくと、1.ボタンを押す、以上。背後の本体受光部に赤外線が当たるよう、発光部に角度をつけて100円玉を貼ってあります。キラキラしているのでくすんだ10円玉より赤外線の反射率が高い気がする!絶対に!

#24

このカップはもう10年くらい使ってるかな・・・”ボーンチャイナ” といって、材料に牛の骨灰を混ぜることで温かみのあるやや透明な乳白色の色合いと、非常に滑らかな表面の仕上がりになるのだそうな。鮮やかな発色もボーンチャイナの特徴なので、このような無地のものより柄物の製品が多い印象。

ほう!ティファニーとかあるんだ。マグカップとはアメリカのブランドらしいね。

#25

扇子。暑がりなので手放せません。レッスン中エアコンであまり体を冷やしたくないし、扇風機のフォー・・っていうのもなんか・・・。あと小さいころ関根茂八段に将棋を習っていて、そのせいか扇子に馴染みがあるんですよね。リビングには5本くらいあります。手の届くところに扇子がないと落ち着かない。当時は優柔不断な自分によく悩まされていたな・・・。今は即断即決!!!

ドビュッシーも愛した北斎

#26

SONYのフィールド・レコーダー。PCが立ち上がっていない時などは思いついたメロディをまずここへ録音してしまいます。ファイルはUSB接続でPCへ移動できるので便利。ステレオコンデンサーマイク内蔵で96000Hz/24bitで録音できるので「フィールド録音なんかも出来るしな!」と購入してみたものの・・・

鼻歌を入れるだけの道具と化しております。

#27

PC本体はデスクの下にあり、目いっぱい奥まで押し込んであるのでCDなどの光ディスクの出し入れは不便・・・てかそもそもディスクドライブをPCに搭載していない。USB-TypeCなので内臓と変わらない速さが出てACアダプタも必要ナシ。

PC周辺機器の接続はどんどん便利になっていくなぁ

#28

天井照明のリモコン。発光部が上を向いているのでデスクに平置きしたたままで使える。わかってらっしゃる!!!

#29

レッスンに使っているホワイトボードマーカー。10年前からこの商品。使いやすく何の不満もない。黒ではなく青を使うのは、”やわらかく見える” から。例えば、黒い字で ”音楽理論” て書かれたら勉強したくなくなるよね。でも青い字で ”ミュージック・セオリー” って書いてあったら「やってみようかな♪」って思えるじゃないですか。やわらかいって大事。

#30

”オフィスチェアすごろく” があったら、まちがいなく”あがり” はアーロンチェアだろうな。椅子に腰かけている時間が圧倒的に長い職種の人々に世界中で愛され続けており、僕も20数年前から使っています。初代は購入後13年目に一部が壊れたのでメーカー修理してもらい、その数年後から現在までino先生の制作室で立派に機能しています。なのでここにあるのは2台目。1994年のデビュー以来大きなモデルチェンジが無いということは当初からそれだけ完成していたってことかな・・。今後もお世話になります。

安心の12年保証・・が13年目に壊れるとは

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(11~20)

#11

僕は”円錐角膜”という角膜の形状異常の病気で乱視がひどく、一般の眼鏡店では計測不可能なレベルなので、眼科の処方箋を持っていかないとレンズを作ってもらえないのが少々面倒・・。しかし左目の視力が0.01以下(右目はややマシ)なので、裸眼で右目をつむるとどんな女子でも脳内補完でだいたい可愛いく見える(ファッションさえまともなら)し、夜空の月も3倍くらいに見えるのでご機嫌です。

#12

Cubase専用のフィジカルコントローラー、CMC-CH(ディスコン)。めちゃくちゃ便利。ミュート、ソロ、モニター、録音待機、オートメーション書き込み/読み込み、チャンネル設定、VSTインストゥルメント編集、フリーズon/off、フォルダー開閉、インサートFXやセンドFXのバイパスon/off、EQのon/off、チャンネル選択、ボリューム、パン、その他シフトボタン併用で色々できます。初代は壊れるまで使い倒したのでこれは2台目。

#13

PreSonusのフィジカルコントローラー、FaderPort(ディスコン)。再生、停止、録音開始、早送り、巻き戻しなど、主にトランスポートに使用。ボリュームフェーダーがタッチセンサー付きのモーターフェーダーなので、ボリューム操作やオートメーションの書き込みで威力を発揮します。こちらも初代は壊れるまで使い倒したので2台目。現在販売されているFaderPort 2は、Cubaseで使用するとトラック選択に難があるので今でも古い方を使ってます。

#14
音楽制作をするのに幅と奥行きと高さがピッタリくる木製のデスクが見つからなかったので、オーダーメイド家具屋に見積もりを出させたら40万円!・・・で自作しました。材料費と塗料代で3万円くらい。20年以上経ってもガッシリしてます。88鍵のキーボードは、デスクの脚に固定した頑強なステー(スチールラックのアングル)の上に乗せているのでスタンドレスで足元スッキリ。

#15

Appleキーボード、特殊なドライバーを介してWindowsで使用しています。理由は、ショートストロークで音が静かなことと、キートップが平らなのでCubaseやWindowsのショートカットキーを示すシール(自作)を貼り易い点。昔からパンタグラフ式のキーボードのシャキッとしたタッチが好きで、シリコンのペコリン♪というタッチにどうしても馴染めず、しかし音は静かな方がいい・・ということでここに至る。仕事以外ではiMacも使ってるけどキーボードが同じなので違和感ナシ。

ドライバはこちら↓↓↓

シールが剥がれたり色が剥げたりしないようにシートを貼って使ってます。ヨレてきたのでそろそろ交換時かな・・

#16

KORGのnanoKEY2。プラグインの音源を使う際、特に弦楽器、管楽器にはたくさんの奏法があって、たいていすごく低い音域やすごく高い音域のキーを使って奏法を切り替える仕組み(=キースイッチ)になってます。88鍵のキーボードでもカヴァーし切れない領域にあるものも多いので、キースイッチ専用キーボードとして使ってます。オクターブシフトで下から上まで全ノートナンバーを送出できます。ピアノロール画面をずっと下までスクロールしてマウスでちまちまとショートカットのためのノートを書き込まなくて済むのでめっっっちゃ便利。

KORG ( コルグ ) / nanoKEY 2 WH
KORG ( コルグ ) / nanoKEY 2 WH

#17

ベリンガのX Touch mini。主にロータリーエンコーダーで、CC(コントロールチェンジ)のカーブを描くのに使ってます。CC#11のExpression、CC#1のModulation、CC#7のVolume、CC#2のBreathなどで弦楽器の弓を動かすスピードや、管楽器の息の速さなどをコントロールします。あとメトロノームの音量調整(Cubaseでは面倒な操作)とon/offにも使ってます。超便利。プッシュボタンやフェーダーは使ってないんだけど、そのうち便利な使い方でも考えてみよう・・・

BEHRINGER ( ベリンガー ) / X-TOUCH MINI
BEHRINGER ( ベリンガー ) / X-TOUCH MINI

#18

小型でワイアレスのトラックボール。トラックボールはマウスのように”平面”が必要ないので、ミックスやマスタリン中にリスニングポイントをかなり後ろに取りたい時、これを右脚に乗せてDAWを操作します。

#19

欠かせませんね、目薬。これはサンテのメディカル12。アレコレいっぱい試しましたが、ここ10年くらいずっとこれです。いつでも新品が冷蔵庫にストックされています笑

#20

ino先生にペンタブが便利って聞いて自分も買ってみたんだけど、考えてみたら和声を習う生徒はino先生に任せてるから、自分は楽譜に書き込むことってあんまりないんですよね。一応スタンバってありますがあまり活躍してない・・・

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(6~10)

#6

これはマッキーの小型ミキサーを照らすLEDのON/OFFスイッチです。ミキサーがキーボードの影になって見づらいのですがこのLED照明でよく見えます。色温度を3種類切り替えられるのと、明るさも何段階かに切り替えられて便利。アウトボードにも2つ使っており都合3つ使っています。

#7

ジジイになると手が乾燥してピックが回る回る。それで、ここ数年愛用している滑り止め付きのピックです。これだとカッティング中に回っていかないんですよね。考えたのもジジイだと思います。ジジイのジジイによるジジイのためのピック。

Ibanez ( アイバニーズ ) / PA16MSG-WH
Ibanez ( アイバニーズ ) / PA16MSG-WH

#8

家電(いえでん)。使ってねーーー。会社なので一応置いてます。ここへは不動産売買の勧誘とか投資の勧誘とかしかかかってこないので基本的に呼び出し音は切ってあります(光ったら「あ、誰かコールしてるな」くらいな感じ)。こちらは音楽家という名の”世捨て人”なので、投資とかちゃんちゃらおかしくてヘソで茶が湧かせそうだ(稼ぎたかったらこんなことやってねーし)

#9
のどのケアをするスプレー。1日10レッスンとかになることが多く、なるべく小さな声で話していても3日も続くと声はガラガラ、声帯もヒリヒリしてきます。クソジジイなのでそうなるとなかなか完治しないんですよね。このスプレーと吸入器、そして漢方薬と、のど飴と、マスクでケアしています。レッスン中マスクは下からクルクルと巻き上げて鼻のみに。そうやって鼻からだけ息を吸うように心がけることで ”声帯が渇きにくい&話し声は明瞭”。この裏技を編み出してから随分と喉が楽になりました。機材や楽器のために加湿器は使いたくないんです。のどスプレーは炎症を抑える効果のあるアズレンスルホン酸ナトリウム配合のものから選んでます。

今日は夕方までラクだったんだけど、調子コいて夜のレッスンで声を出し過ぎて今は喉がジンジンしてます。

#10

ロジテックの外付けHDD(3TB)。バックアップ用です。クラウドにバックアップを取るのが今の主流のようですが、ランニングコストを考えて敬遠しています。このHDDはUSB3.1(Gen1) 接続で読み/書き共に爆速。それでいて過熱しないので大容量の転送でも速度が落ちていきません(最初だけ速くてすぐに半分以下の速度になっちゃう製品も多い中)。


 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(1~5)


#1

AKG ( アーカーゲー ) / HSC271 ヘッドセット
AKG ( アーカーゲー ) / HSC271 ヘッドセット
ヘッドフォンとマイクが合体したやつですね。日々のSkypeレッスンで使ってます。長らくカメラの内蔵マイクを使ってきましたが、現在はヘッドセットのヘビーユーザー。というのも小さな声でささやいても相手に聴こえるので1日10レッスンが3連続してもこれだとギリギリ喉がもつんです。

これは業務用で、テレビ番組の収録なんかでフロアディレクターが付けてます。マイクはコンデンサーなのでクリア。ケーブル(なぜか別売で1万円!)が丈夫で断線しにくい。ヘッドフォン部分はK271というモニターヘッドフォンのベストセラー機を用いているので音楽制作にもそのまま使えます。マイクを頭の方へ持ち上げると自動的にミュートされる親切設計。そのままさらに反対側まで回転させられるので左右逆にして使うこともできます。頭から外すとヘッドフォンが自動的にミュートされる・・いたれりつくせりです。

#2

MACKIE ( マッキー ) / 1202VLZ4 アナログミキサー
MACKIE ( マッキー ) / 1202VLZ4 アナログミキサー
これもレッスン用。Mackieの小型アナログミキサーです。上記ヘッドセットマイクからの出力、後述するキーボードからの出力、Cubaseの出力、Windows OS(YouTubeやメディアプレイヤー)からの出力などなど・・・全部ここへぶっこんで、まとめてSkypeで生徒の方へ送ってます。送り出す音量やEQを個別に調整できますし、僕がモニターする音量と生徒へ送る音量も音源別に調整できるので便利。あとミュートボタンがあるので、くしゃみ、せきばらい、げっぷ、音を伴うその他様々な生理現象w、コーヒーや炭酸を飲む音、鼻をかむ音など、物理ボタンでサッとミュートできて便利。

#3

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / PolyTune Clip クリップチューナー
TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / PolyTune Clip クリップチューナー
コレ、6本の弦のチューニングが一度にできて超便利なんですよ! ジャラーンと全部弾けばポリモードに、1本ずつ引けばモノモードに、勝手に切り替わってくれます(モノモードだと精度が上がる)。ヘッドセットのケーブルを引っかけておくフックとしても活躍してます。

#4

Studio Logic ( スタジオロジック ) / Numa Compact 2 ステージピアノ
Studio Logic ( スタジオロジック ) / Numa Compact 2 ステージピアノ
MIDI入力用として使うと同時に音源も内蔵しているので音が出せるしかもスピーカー付き88鍵。イタリアの鍵盤OEMメーカーFATAR(Clavia、novation、DOEPFER、MOOG、ACCESS、NI KOMPLETE KONTROL、Arturia、Roland、KORG、Kurzweil、ENSONIQ、Alesis、AKAIなどが一部製品で採用)が自社ブランドとして立ち上げたStudioLogicの人気キーボードです。んー、まぁ僕自身はこの鍵盤のタッチはあまり好きじゃないんだけど(爆)、機能性と省スペースの両方で使ってます。新品が届いて3日で液晶が映らなくなるとかイタリア製なので当たり前です。そのまま使ってます。

#5


精巧な刃物で有名なドイツ、ゾーリンゲンの爪切りです。ギターは左手の爪をかなり短くしておかないと弾きづらいので、レッスンの最中に切る必要が出てくることもあって、すぐに手の届くところに置いてます。子供の頃に使っていた鉛筆削りに”SOLINGEN”とあり、当時これをメーカー名と思ってましたが地名なんですよね。
 
 
 

東野純直『Mr.Cook』4月24日 リリース決定!!

光栄なことに東野純直さんの13枚目となるオリジナル・アルバムに楽曲を提供させて頂きました!!

『Mr.Cook』東野純直

メディア掲載レビュー:デビュー25周年記念となる、8年ぶり13枚目のオリジナル・アルバム。現在の“東野純直”のありのままを、飾らず気取らずに表現する等身大の作品。普遍的な王道のPOPSは健在で、時代に迎合しないオリジナリティ溢れる作品となった。

発売日:2019年4月24日
アーティスト:東野純直
発売元:Star Radio Records(株式会社八王子エフエム)
販売元:キングレコード株式会社
ディスク枚数:1枚(CD1枚)
総曲数:10 (アルバム)
収録時間:–
メーカー品番:QECH-2
JANコード:4573104130042

下記リンクよりご予約可能です
 Amazon 
 HMV & BOOKS 
 TOWER RECORDS 
 楽天ブックス 

『ウデマクラ』written by f-ino

提供させて頂いた楽曲は『ウデマクラ』(アルバム3曲目)。f-ino(僕とino先生のコライト)による作曲です。ここ数年歌モノに力を入れて精進してきた結果が出始めた・・・ということだと嬉しいのですが(まだどうだか)

東野さんは2件の人気ラーメン店を経営していらして、実際厨房にも立たれるんですよ!ラジオのパーソナリティもされている多才な方です。オフィシャルサイトはこちら!→東野純直 Official Site
 
 
 

11月28日 本日発売!!

これまで僕とino先生で ”f-ino”という音楽制作ユニットを作って活動してきましたが、この度、かつて大手レコード会社でA&R (*)をされていた方とご縁があり、その方のご配慮で、僕らf-inoだけで全曲(40曲)制作させて頂いたCD(BGM集)がリリースされるに至りました。
***************************
(*)”Artist and Repertoire”(アーティスト・アンド・レパートリー)の略。アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当する。実際には上記の職務だけでなく企画、制作、宣伝に至るまでレコード会社の業務全般に幅広く責任者として携わる。

『Visionary Music Sketches 3 ~平成の出来事~』

平成を振り返るニュースやワイドショーのBGMとしての制作、喜怒哀楽を表現した楽曲集。


発売日:2018年11月28日
アーティスト:f-ino
発売元:株式会社ドリーミュージック
販売元:日本コロムビア株式会社
ディスク枚数:1枚(CD1枚)
総曲数:40(アルバム)
収録時間:65分38秒
メーカー品番:MUCE-1020
JANコード:4582114164527

下記リンクよりご試聴頂けます
 Amazon 
 HMV & BOOKS 
 TOWER RECORDS 
 楽天ブックス 

楽曲はどれも1分半から2分程度で、一般の方に購入・鑑賞して頂く音楽CDということではなく、TV局や番組製作会社などへ提供する業務用ライブラリー(音源)ということになりますが、普段からレッスンで生徒に教えている内容をふんだんに盛り込んで制作していますので、興味がありましたら・・・ぜひ購入してね♪ウッフン

 
 
 

コンプおじさん今日も働く

ミックスについて書かれた多くの書籍や、ネットの情報で頻繁に目にする『アタック・タイムの間は、信号はコンプレッションされません』という大嘘には困ります。この地球上にそんな動作をするコンプレッサーはありません。コンプおじさんに「音量がしきい値を超えたら、○○ミリ秒の時間をかけて、お願いしてあるレシオまで圧縮して下さいね。」これがアタック・タイムです。音量がしきい値を超えていれば、どんなコンプを使って、いかなる設定にしていても『必ず』圧縮されます。こんなことも知らないで書籍を執筆している人が大勢いるのには驚きです。アタックタイムの間はコンプおじさんがサボっているようなことを書いている人には、おじさんに謝ってもらいたいです。プンスカプンスカ