【連載】My Plugin FX #03 更に

【Pro-G】ゲート / fab-filter
純粋にゲートとして使うこともありますが、基本的にエキスパンダーとして使用しています。

エキスパンダーはコンプレッサーの逆で、しきい値より “下” を圧縮します。「しきい値より下を増幅します」とかブログで堂々と書いてるアホがよくいます。使ったこともないのに書くとか笑。「3拍子の楽曲を列挙します」といってタイトルを並べている人がよくいるけど、その半分は3拍子じゃないし、まーネットの情報なんてそんなもん(この記事も疑いながら読んだらいいよ)

さて、しきい値以下をガッチリ無音にしちゃうのがゲート。やんわりと押さえるのがエキパン。こんな風に捉えるといいと思います。ドラムの2mixに使って劇的にグルーブ感を増したり、ギターのカッティングやパーカッションなど、エキパンを使って歯切れを良くしたりリズムを強調したりすることができて、これが曲全体の躍動感に繋がります。

グラミー賞20回受賞、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームにも名前が刻まれているミキシングの名手、アル・シュミットさんが今年の4月に亡くなられましたが、友人の満田くん(僕がミックスを教えてもらった)は、若い頃アル・シュミットさんのもとで何年か修行を積んだらしいんだけど、そこでエキパンの使い方を身につけたらしいです。僕がちゃんと身に付いているかは不明。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #02 次な

【Pro-C2】コンプレッサー / fab-filter
EQと同様に絶対必要なエフェクター、コンプレッサー。

コンプを使う時、”望ましくない音量の変動を改善する”、”個性や味わいのあるプラグインや実機で魅力的な音にする”、この2つは完全に分けて考えるべきです。上級者やプロはこの2つの要素をいっぺんにコントロールできます(頭の中では分かれているけど)。自分がプロ級だと思えない場合は、後者は完全なオプションと捉えた方が、良い結果に辿り着けると思います。

で、前者の目的にプラグインのコンプレッサーを用いる場合、僕はfab-filet一択です。

・色付けが無い
・アナライザーで入出力のゲインが一目瞭然
・サイドチェイン可
・扱いやすい

所有しているプラグインのコンプレッサーを全部並べたら100を超えると思いますが(みなさんも数十はあるでしょう?)、仕事では「えーっと、このへんだったかな・・・(以下省略)。僕は今のところ ”コンプレッサー” はこのひとつだけです(ダイナミクス系という括りなら他にいくつも使っていますが)

色付けが欲しい時は実機を使います。Avalon VT737sp搭載のオプト(LEDの光を用いた)コンプ、DRAWMER1960の真空管コンプ。定番1176特有のサウンドが欲しい時はUA 6176のコンプ。Pro-C2と合わせてこの4つ(1176は圧縮せずに “通すだけ” の時もあります)です。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #01 まず上からなー

“Prod. & Mixing” つまり制作とミックスの時のセットです。マスタリングはまた別のセットになってます。Cubaseではトップメニューの”スタジオ”→”プラグイン・マネージャー”で、プラグインのセットを複数作っておいて、作業に応じで切り替えられる。重宝してます。(右上の▼でメニューを出して切り替えるよ)

さて、ひとつのプロジェクトで何十個も使うものは、いちいちフォルダーなんか開いていられないのでてっぺんに並べています。

【Pro-Q3】ダイナミックEQ / fab-filter
”帯域ごとにフィルターで分けてそれぞれのバンドを加工後に合算” というのがEQなので、使えば音は劣化するし位相も乱れます。だけど使わないわけにいかないのでてっぺんにあります。あらゆるエフェクトの中で一番使うということですね。

EQを使う時、”楽器、あるいは楽曲全体の帯域ごとのバランスを取るために用いる”、”個性や味わいのあるプラグインや実機で魅力的な音にする”、この2つは完全に分けて考えるべきです。上級者やプロはこの2つの要素をいっぺんにコントロールできます(頭の中では分かれているけど)。自分がプロ級だと思えない場合は、後者は完全なオプションと捉えた方が、良い結果に辿り着けると思います。

で、前者の目的でEQを使う場合、僕はfab-filet一択です。

・色付けが無い
・スペアナの解像度が高い(Spanにはかないませんけどね)
・コンプ内蔵(サイドチェイン可)
・扱いやすい(カーソルをホバリングしないと現れないアウトプットだけはNG)
・リニアフェーズ可(選択肢多数、だけどあんなに要るの?)

所有しているプラグインのEQを全部並べたら100を超えると思いますが(みなさんも数十はあるでしょう?)、仕事では「えーっと、このへんだったかな・・・」なんてスクロールしている時間は無いです。趣味ならズラーっと並べてニンマリと気持ちの悪い笑顔を浮かべるのもアリかと思います笑(そして効率の悪い作業を嗜む)。僕は今のところこの一個です。

色付けが欲しい時は実機を使います。現代的で透明感のあるサウンドが欲しい時はAvalon VT737sp に搭載の真空管EQ。濃密でレトロなサウンドが欲しい時はUA-6176のプリアンプ側に搭載されたEQ、Pro-Q3と合わせてこの3つで全てのEQ処理を行ってます。

 
 
 

【連載】My Plug-in Effects (何使ってるんでしょ~~~か!?)

日頃から制作に使っているプラグイン・エフェクトの紹介をしようと思います。

連載で。

僕は使いもしない音源やエフェクトをずらずらと並べておくのが大キライなので(作業効率も落ちるし、目的のものを探すのに目障り)、基本的には使うものしか表示させません。ですのでかなりシンプルです。

紹介すると言っておいてアレですが、ミックスは道具ではなくて “腕” なので、ミックスの初心者ならDAWの付属で全然OKです。高価なエフェクトを山ほど使ってウンコみたいな2mixを作ってる人が世の中に山ほどいますが、ミックスのことをちゃんとわかっている人がDAWの付属だけを使ってしっかりとミックスしたら漏れなく完全に駆逐されます。道具は何も解決してくれません。

それと10年も15年もやっていても、ウンコみたいな2mixしか作れない人も大勢います。僕もかつてそうでした笑 ちゃんと勉強したらそんな人を2,3年で軽々と追い越していけます。これもまた道具ではないのです。

あ! 大切な道具がありました。部屋とスピーカーです。ここにはたっぷり投資しましょう。でないと勉強もできません。30万円か40万円用意してルームアコースティックと再生装置にお金を注ぎましょう。そしてプラグインはDAWのオマケとフリーウェアでOK。1円もかける必要ナシ。何年か精進を重ねてしっかりとミックスができるスキルと耳が身に付いたら少しずつ好みのプラグインや実機を手に入れていけばいいのです。これが正しい順番。

こういうことはAmazonでポチって手に入る本や雑誌には載っていないし、プラグインの魅力的な宣伝文句にも書かれていないよねー


↑↑↑mixの上級者↑↑↑

 

位相、合わせYO

生徒がマルチマイキングでアコギを録音したプロジェクト。一番上がAKG C451B、その下がSHURE SM57。

複数のマイクで録音したオーディオの位相を合わせるのは、スタジオでは基本中の基本・・・なんだけど、DTM次元では必要となる機会も少ないのであまり意識していない人が多いなぁ。。

位相がズレるとコムフィルター効果で音色が劇的に変わってしまうので、必ず合わせる。

そしてEQをするなら、必ずリニアフェーズEQを用いる。

リニアフェーズEQでないと、低域をEQしていても高域の位相に変化が生じるので、トラックをソロにしている時は気が付かなくても、合わせて聴いてみたら「アレ!? 音色が全く変わっちゃった!!」ということが起きてしまいます。あー、恐ろしや。

ベースとキックの分離でも、片方の位相を反転させると事態が好転することも多いし、大事です。位相。

軽いキックに重みを加えるのに、別のキックをローパスして重ねたり、シンセの正弦波や三角波を用いて重みを出したりする時も、位相、大事です。ドラム音源から出てきた音もシンセから出てきた音も全部をちゃんとオーディオにして、波形を拡大して位相を調整しておかないと、音源側のラウンドロビンの影響とか、アナログモデリングシンセの位相が固定できなかったりとか、そんな理由であちこちでキックが飛び出したり引っ込んだり(そしてそれらは再生の度にランダムに起こる)してしまいます。

DTMでの音楽制作でも気を付けないといけません。位相。フェーズ。Phase

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)まとめ

当教室の主任講師(船橋)が普段の制作の仕事に使用している機材(ハード)をブログ連載にて紹介しましたが、最後に主な機材の一覧と簡潔なコメントという形でまとめておきます。

製品の型番をクリックすると詳しく解説したサイトやショップの販売ページに飛びますので、個別の画像は省略します。


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
モニター関連 モニター・スピーカー AVANTONE Active Mixcube 1 中域のバランス、ベースとキックの確認、モノ互換確認。中音域で競合しているフレーズの整理に有用。
    MACKIE HR824mk2 2 ローエンド、ハイエンドの確認、広がりと奥行の確認。10Mとの切り替えで低域と中域の状態が掴める。
    YAMAHA NS-10M PRO 2 中域と高域の確認、低域の確認。HR824との切り替えでベースとキックの状態が掴める。
  プリメイン・アンプ SANSUI AU-D907 1 YAMAHA NS-10M PRO の駆動用。10Mとの相性は抜群。・・10Mには少々もったいない。
  スピーカー・セレクター PreSonus Central Station + CSR-1 1 スピーカーの切り替えに。手元のリモコンで操作できて仕事が捗る。内部はパッシブなので音質劣化も最小限。
  モニター・ヘッドフォン beyerdynamic DT1990 PRO 1 アレンジ、マスタリング用。雑味が無くどこまでも透明な音。クリアで細部の細部まで見渡せる。
    SENNHEISER HD660s 1 アレンジ、マスタリング用。雑味が無くマイルドで温かみのある音。クリアで広い音場。
    SONY MDR-CD900ST 1 ノイズチェック、ボーカルや楽器の録音用途。音が近いのでノイズや歪みの箇所を漏れなく発見するのに大切な道具。
  ヘッド・セット AKG HSC271 1 レッスン用、仮歌録音用。遮音性能が高いので、歌や楽器の録音時に音がヘッドフォンの外に漏れにくい。


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
オーディオ信号入出力/ADDA変換 オーディオ・インターフェイス RME Fireface UFX + 1 信号の入出力、レベルチェック、ヘッドセットマイク用。ドライバの安定度が抜群なので安心して仕事に使える。
アウトボード チャンネル・ストリップ DRAWMER 1960 1 マイクプリ、チューブコンプ、バンド楽器用。コシのある音、パンチの利いた音が必要な時に用いる。
    AVALON DESIGN VT-737SP 2 マイクプリ、オプトコンプ、チューブEQ、MIX/マスタリング用。太く粘りのある低音と透明な高域。
    UNIVERSAL AUDIO 6176 2 チューブプリはレトロ、ハイスピードコンプは何にでも使える。レシオが4から=普通~深めにかけたい時に。
  アンプ・シミュレーター Kemper Profiling / RACK 1 ギター/ベースアンプのシミュレート用。シミュレーターと思えない出音のクオリティと膨大なプリセット。
  エキサイター APHEX EXCITER 1 高域及び低域拡張用。迫力のある低域や輝かしい高域が容易に手に入る。クライアントの耳がプアな時のコケ脅しに活躍


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
  カセット・デッキ SONY TC-K666ES 1 汚し系エフェクトとして。ソフトウェアでは得られない真のテープサチュレーションがトラックに魔法をかけてくれる
マイク コンデンサー・マイク AKG C414 XLS 1 ボーカルやアコギの録音用。その他ほとんど何にでも使える。ニュートラルでクリアな音色。
    AKG C451B 1 ハイハット及びスネアドラムのボトム用。高域に特化したマイク。左右にパンさせるアコギを録っても〇
    MXL MXL V69 M-EDT 1 ボーカルの録音用。真空管マイクらしい温かみのあるヴィンテージなサウンドが必要な時に
  ダイナミック・マイク SHURE SM57 1 ギターアンプ、アコギ、スネアなどの録音用。これで録ることで”アノ音”になるのでファースト・コール
    SHURE BETA57A 1 パーカッション等の録音用。無印の57に比べるとこちらの方が高域が華やかな印象に録れる。
    SENNHEISER MD421mk2 1 キックやスネアのリアンプ用。低音楽器に最適だが、ボーカルにコレを使ってうまくハマる場合がある
    SENNHEISER E906 1 ギターアンプなどの録音用。フラットで優等生的なサウンドが必要な時に
    AUDIX i5 1 ギターアンプなどの録音用。同じ演奏を何度も録ってダブリングする際にバリエーション的に使用。
  測定用マイク beyerdynamic MM1 1 スピーカーのセッティングやルーム・アコースティックの調整用に。この価格にしては精度と信頼性がかなり高いので安心して使える。


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
コマンド入力・ノート入力 フィジカル・コントローラー Steinberg CMC-CH 1 トラック・コントロール中心にコマンドを行うパッド。右手やカーソルがどこにあってもタッチ一発で超捗る
    PreSonus Fader Port 1 タッチ・センサー付きのモーター・フェーダーが非常に便利。トランスポートの効率アップにもなる
    behringer X touch mini 1 主にツマミでMIDI CCのカーブのリアルタイム入力に使用。時間を止めてマウスでカーブを描くよりスピーディー
  キーボード KORG nano KEY2 1 キースイッチはとても低い(或いは高い)ノートのことが多いので、専用にキーボードが1台あると超絶捗る
    studio logic numa compact2 1 88鍵のオルガンタッチのキーボード。ベンドやモジュレーションのバーもありスピーカーも内蔵で死角ナシ
電源 電源ディストリビューター VOLT AMPERE GPC-TQ 2 115V供給用。海外製のアナログのアウトボードやシンセにここから電源を供給することで本来のサウンドが得られます
    TASCAM AV-P250 3 100V供給用。この価格でも壁コンから直で電源を取った場合とは、ノイズと音質の面でかなり優位です。
  ステップアップ・トランス ELECTRO-HARMONIX EHU600 2 常用する115V機材には静音性に優れたAV-P250とこの昇圧トランスで電源を供給。

以上になります。仕事レベルで本領を発揮する道具なので、正直、趣味で音楽を作っている人には全く不必要なグレードの機材もありますが、将来の機材選びや今後の環境構築に何かしらの参考になったら幸いです。

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)番外編

サンスイ AU-D907

僕が中坊の頃にお小遣いを溜めて購入したプリメイン・アンプ、サンスイAU-707。以前「AU-D707の程度の良い中古が18万円くらいで出ているのでいつか欲しい」と書きましたが、よく調べたらあれは楽天市場に中古をボッタクリ価格で出品しているショップの価格でした(汗

で、AU-D707の上位機種、AU-D907のメンテナンス済みの中古をヤフオクで見つけ、5万円台で落札できました! ヤッターーー
梱包を解いてラックに設置・・・20kg超の重量は腰にくる!

DSC_0004

デカい。ラックを4Uも占有

YAMAHA NS-10M PRO に繋いで音出し・・・そう!!この音!! いやー懐かしい。最新のデジタルアンプじゃ絶対に出せない音。どっしりとした低域、つややかな中域、シルクのようにキメの細かい高域、どこを取っても文句なし。定期的にメンテに出して末永く使いたい。

SONY TC-K666ES

でそのAU-D907の上に設置しているのが昔懐かしい”カセット・デッキ” という代物です。SONYのカセットデッキ TC-K***シリーズは、333、555、777と奇数が定番で、666なんていう偶数の製品は、その存在すらあまり知られていない・・・

ところがこの666はダイレクト・ドライブの3モーター方式やクローズド・デュアル・キャプスタンなど、駆動系の設計も作りも最上位機種の777を超える作り。SONYがなぜこんな機種を出したのか意味がわからん。。のちの製品につなげるための実験的な機種だったのだろうか!? SONY独自の独立懸架3ヘッド、レーザー・アモルファスなど贅沢な作り。内部のフレームなどは777よりガッシリしていてかなり剛性高そうです。どこまでも駆動系にこだわった1台。

でもって、このTC-K666にオーバーレベル気味に信号を突っ込むと、どんなテープシミュレーターでも再現できない ”見事にレトロなアナログサウンド” が得られるんだな。これも手放せない1台。

 
 

 

【連載】音楽制作環境(ハード)マイク

マイクを忘れてました。

コンデンサー・マイク

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS コンデンサーマイク
AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS コンデンサーマイク
シャリン♪と録れるのでアコギ、ウクレレ、マンドリンといった撥弦楽器、それとボーカルなどを録ってます。良いマイクなので不満ゼロ。

MXL ( エムエックスエル ) / MXLV69M-EDT
MXL ( エムエックスエル ) / MXLV69M-EDT
真空管マイクです。ボーカル用として使ってます。音はクリアで丸くてあったかい感じです。曲調によってC414と使い分けています。

AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク
AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク
主にハイハット、シェイカー、カバサなど高音のパーカッションに使っています。スネアを録る時のボトム側のマイクとしても使っています。

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / MM1 測定用コンデンサーマイク
beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / MM1 測定用コンデンサーマイク
部屋のルームアコースティックを調整する際に使う測定用マイクです。部屋のあちこちをこのマイクで測定すると、部屋のどの辺りがどんな特性か(天井近くの右上の角に160Hzが溜まってるとか、こっちの壁に近づくと40Hzがブーストされるとか、この位置では75Hzが急激に落ち込むとか)がわかるので、その結果にしたがって吸音材の比重(kg/m3)と厚みと体積と位置や向きを決めていきます。

比重と厚みで吸音する周波数が決まり、体積で吸音する量が決まり、位置や向きでどの方向のルームモード(定在波)に効果があるかが決まります。ルームモードの計算は、壁から壁、床から天井までのそれぞれの距離(単位:メートル)の2倍で、気温20度の時の音の秒速344メートルを割ることで得られます(つまり172を壁から壁の距離で割ればよい)。そこで得られた基音とその整数倍音がルームモードになります。それらと測定結果を照らし合わせてルームモード対策を練る、と。いつか詳しく説明しますね。

ダイナミック・マイク

SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク
SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク
鉄板です。エレキギターのアンプの音を録音するにはまずこれ。アコギを録っても良い。ガッツのある音になります。スネアやコンガもイケます。

SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
57のバリエーションとされていますが、別のマイクですね。音のキャラクターは変わります。高域がクリアに録れます。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MD421MK2
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MD421MK2
キックをリアンプ(スピーカーで鳴らしてそれをまたマイクで録音)する時などに使います。トランペットを録ってもいい感じ。歌にも使えます。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / E906 楽器用マイク
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / E906 楽器用マイク
ギターアンプを録る用に入手したんだけど、クセが無さ過ぎて面白みに欠けます。悪いマイクではないと思う。

AUDIX ( オーディックス ) / i5 楽器用マイク
AUDIX ( オーディックス ) / i5 楽器用マイク
レビューでみんなベタ褒めしてるんだけど、今一つよくわからない。。悪くはないと思うけど、、、そんなに???

【連載】音楽制作環境(ハード)(45~50)

#45

テンモニ(白いコーンのね)を駆動しているアンプです。”とりあえず音が出れば何でもいい” といった感じで選んだのに結果まあまあでした。今時の人は「アンプってギターの?」とか、「オーディオインターフェイスとスピーカーを繋げば音が出るのに、なぜアンプが必要なの?」 と思うと思います。

音響機器の内部で扱われている微弱な信号は、そのままではスピーカーを駆動できないので、アンプで増幅(=大きな電気信号にすること)してスピーカーへ送る=音が出る。こういう仕組みなので、みなさんがお使いのモニタースピーカーも、テレビに内蔵されているスピーカーも、カーステレオのスピーカーも、ギターアンプのスピーカーも、ノートパソコンやディスプレイ内蔵のスピーカーも、とにかくスピーカーと名のつくものは全て、アンプで増幅された信号を受け取って鳴っています。スマホも一緒(イヤホンもヘッドホンも電話も、スーパーやコンビニの店舗内放送も全て一緒)

昔のオーディオ機器の場合、スピーカーを作るのはスピーカー専門メーカー、アンプを作るのはアンプ専門メーカーといった感じで、今のようにスピーカーにアンプが内蔵されているものは一部の特別な用途の製品しかありませんでした(それぞれを作るのに全く違ったテクノロジーやノウハウが必要ですし)。テンモニの時代も同様で、ヤマハが作ったこのスピーカーを誰もが思い思い様々なアンプで鳴らしていました。で、僕が中坊の頃に使用していたアンプがコレ。

ソニー TA-F5

今思い出すと、ややドンシャリ(ローとハイが強調されてる)気味の派手な音でした。特に嫌いな音では無かったけど、どうもしっくりこない。そこで高校に進んでから神田(というか小川町)の喫茶店で半年ほど早朝バイトをして溜めた資金で購入したアンプがコレ。

サンスイ AU-D707

これが大当たりで、繊細でしっとりとした高域と、滑らかでパンチの利いたドッシリとした低域。中域もクリアでシャープ。文句なしの重量17kg(電源部がしっかりしたアンプほど重い)。ちょうどオーディオブームの真っただ中で各社が音の良い製品を出して競い合っていた時代だったので、今では考えられないほど贅沢な作り。当時の定価で約10万円でしたが、今の時代に2倍の資金を投じても足元に及びません。名機です。状態の良い中古が13万円~18万円くらいで流通しているので、いつか余裕のある時に手に入れて久しぶりに使ってみたい・・・

で、現在がコレね。6kgって笑、”持ち運び用” ってことですかね
ART ( エーアールティー ) / SLA1 パワーアンプ
ART ( エーアールティー ) / SLA1 パワーアンプ

てか当時ペア5万円のスピーカーと10万円のアンプで計15万円。。今使ってるMackieのHR824mk2(アンプ内蔵)がペアで20万円。大差なくてちょっと驚いてる。。(てかオレ”本当に”音楽が好きだったんだな・・・)

#46

beyerdynamicのヘッドフォンです。ミックスの最終段階やマスタリングでは様々な再生機器での試聴が大切なのでヘッドフォンも数種類を用いています。audio technica の ATH-M70xが予想だにしない壊れ方をしたので、同じ方向のサウンドを持ったこの製品に切り替えました。耳がすっぽり入り高めの側圧なので付け心地は僕の好みです。購入当初の音は「え?」という感じでしたが、100時間も再生するとしっかりとした音になりました。セミオープンなのでレコーディングには使えませんが、宅配が来てもピンポンが聴こえてGood笑。楽器や歌を録音しないのであればメインとしての使用にもオススメできる製品です。

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880PRO 250Ω セミオープン型ヘッドホン
beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880PRO 250Ω セミオープン型ヘッドホン

#47

アングルの付いたオープンラックです。オープンラックの利点は何といっても放熱性でしょう。ボックス型のように熱がこもりません。欠点は機材を持ち出すのには適していないことと積み重ねられないという点ですかね。

いっけね。。チャンネルストリップを収めている方のラックを紹介し忘れていました。

K&M ( ケーアンドエム ) / 42020 オープンラック
K&M ( ケーアンドエム ) / 42020 オープンラック

真空管機器はかなりの発熱量なので、ボックスタイプのラックだったら隙間を空けて設置する必要がありますが、オープンなら隙間を空けずに設置してもまず大丈夫。前面9U、トップ12Uのこの製品の上部に、以下のアクセサリを取り付けて9Uを追加しています(合計30U)。

K&M ( ケーアンドエム ) / 42021
K&M ( ケーアンドエム ) / 42021

ゴツいキャスターが付いているのでミックスやマスタリング作業の時は、頭の位置を大きく動かさなくても手が届くようゴロゴロと手前へ持ってきます(音を ”聴きながら” ツマミを動かすので)。若い頃、ツアーやレコーディングの時にギタリストが12Uのラックを2台とか持ってくると「何がそんなに必要なの?」と思ってましたけど・・・今思うと必要だったんでしょうね色々と。

#48

K&Mのスピーカースタンドです。片方で約20kg。合計約40kg。これを配達してきた佐川急便のお兄さんは、「コレいったい何が入ってるんスか!!!!!」と、もうほとんどキレてました笑 (缶ビールの500缶1ケースで12kg。3倍以上あったらオレでもキレるわ)

で、スピーカーを設置する台は重いに越したことがありません。重いものは物理的に”動きにくい”。つまりスピーカーの振動が床や家具に伝わりにくくなります(伝わると悪いことしか起きない)。スピーカースタンドは脚の部分はたいてい空洞になっているので、そこに砂を流し込んでさらに重量を増すのが定石。重いの、大事。

生徒のひとりが先日購入したスタンドは、脚にケーブルを通してスッキリとセッティングできるように配慮されていましたが、砂を詰めることを前提にケーブルを通す部分は隔離されています。その生徒はさらに、重量のあるコンクリート板を床に敷き、その上にスタンドを立てて使っていて、これもまた制振に有効(”床が共振して豪快に低音を放っていた!” は、よくある話)。

もうとっくにディスコンで、ネットで探しても写真すら見つからないや・・・と思ったらサウンドハウスの動画発見!

#49&50

やや高い位置にスピーカーを設置しているので、ツイーターの軸が耳へ向くように角度のついたフォームの台を使用しています。本当はスピーカー自体の制振を考えると、こういう柔らかいものは使いたくないんだけど・・・少しだけシャープさを失うんですキックなどが。ま、仕方がない(もともとの共振対策が出来ていない場合は、コレを使うことで ”低音がスッキリする” というありがたい副作用の恩恵に授かれます)。

AURALEX ( オーラレックス ) / MoPAD
AURALEX ( オーラレックス ) / MoPAD

テンモニはさらに高い位置なのでもう少し角度をつけるためにゴム製の台を使用してます。サイズが2種類あってこちらは大きい方。中央のフルレンジには小さい方を使っています。

 

よっしゃ、これで機材関係全部終わったな。あ・・・忘れてた。

Kemper

ギター(&ベース)アンプシミュレーターです。ギター弾くときって左手見たり、右手見たり、スイッチ見たり、ボリュームやトーンのノブを見たり、基本的に下を向いていることがほとんどですよね。なのでアンプシミュも下を見たまま操作できれば使いやすいかなと。で、ABS樹脂の3UのラックにKemperを入れて垂直に立ててみると・・・はい、見にくいです。そこでオープンラックを本来とは前後逆向きに置き、アングル角を利用してKemperを手前に傾けています。ついでにちょっと工夫して、置き場所に困っていたProphetのモジュールも載せてみる・・・

図解するとこんな感じ

はい、めちゃんこチェルネンコ見やすい使いやすいガッデムサノバビッチ

サービスカット

Prophetだけ使う時はKemperのラックにフタをするような形で載せて使ってます(ラッキーなことにオーダーメードしたみたいにピッタリ載る)

現時点でアンプシミュレーターの最高峰Kemper
Kemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) / RACK
Kemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) / RACK

ワウやボリューム用のペダル(スプリング式)
Mission Engineering ( ミッションエンジニアリング ) / EP1-KP-GN w/Spring load
Mission Engineering ( ミッションエンジニアリング ) / EP1-KP-GN w/Spring load

米軍御用達のSKBラック(迷彩色とかあったらKemperが軍用通信機器みたいに見えて楽しかったかも)
SKB ( エスケービー ) / R3S 3Uラックケース シャローラック
SKB ( エスケービー ) / R3S 3Uラックケース シャローラック

「確かあったよなー」と探していたら出てきたオープンラック
K&M ( ケーアンドエム ) / 40900 8Uデスクトップ用ラックスタンド
K&M ( ケーアンドエム ) / 40900 8Uデスクトップ用ラックスタンド

このラックシェルフも探したらありました
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / UFA-8 1Uシェルフ 放熱タイプ
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / UFA-8 1Uシェルフ 放熱タイプ

コイツで固定

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(42~44)

#42

13口の電源のデストリビューターです。音響機材が性能を発揮するために必要なエネルギーは、炭水化物でも水でも太陽光でも酒でもなく”電気” 唯一なので、オーディオオタクが「電源ケーブルを変えたら音が変った!」というのは、プラシーボでもオカルトでもなく普通にあり得ることです。

電力会社から供給される電源は、ノイズが混在したり微弱な電圧の変動があったりするので、ソニーが建設したレコーディングスタジオでは地下4階にある発電システムで自家発電した ”極めてクリーンな電源” を用いて全ての音響機材を稼働させています。それくらい大事。

そんなわけで、宅録erやオーオタには電源環境に多額の資金を投じる人もいますが(屋内配線全とっかえとか、工業用の200Vを引いてみたり、そもそも電柱から引き込む際に・・・とか)、僕はそこまではやってません。ノイズ対策と音質向上のためにオーディオ機器やPCに供給する電源のホットとコールド(電圧がかかる方と接地されている方)を統一しているくらいですし、この電源デストリビューターもほぼ最低ラインのもので、一応サージノイズフィルターやラインノイズフィルターを搭載していているので、壁コン直挿しとか家電量販店で売ってるタコ足より ”ややマシ” といった程度です。この部屋ではこれを3台使ってます。

TASCAM ( タスカム ) / AV-P250 パワーディストリビューター
TASCAM ( タスカム ) / AV-P250 パワーディストリビューター

#43

スピーカーセレクターです。異なる種類のスピーカーを頻繁に切り替えてモニターすることは、整った音源を作るには ”必須” なので、

・音が劣化しない
・音に妙な色付けがされない
・使いやすい
・お手頃価格

と4拍子揃ったこの製品を使っています。アクティブ(電源供給を必要とする)ですが、リレーで物理的に切り替えているので内部的にはパッシブで、そのことが音質の劣化や変化を最小限にとどめています。何より手元からワイアードリモコンで操作できる点が素晴らしい。

PRESONUS ( プレソナス ) / Central Station + CSR-1
PRESONUS ( プレソナス ) / Central Station + CSR-1

#44

フルレンジ(高域用とか低域用とかユニットが分かれていない)スピーカーです。モノラルで使っています。ミックスで一番難しいのは低域。整った環境で訓練してもマスターするには数年かかりますし(僕は10年以上かかりました)、自宅環境では一生マスターできない人も多くいます。低域を整えるのはそれくらい難しいのですが、音楽で一番大切なのはどこ? といったら、それは中域です。

このスピーカーは高域や低域を勝手に聴こえなくしてくれるので(単に ”出ない” ってこと)、ミックスの最中に意識が中域からよそへ反れるのを未然に防いでくれます。中域には楽曲中最も大切なメインとなる歌や楽器があり、またスネアやキックのアタック、パーカッション、ギターのカッティングやストロークといったリズム楽器の重要な音域でもあります(ベースラインをしっかりと聴き手へと届けてくれるのも、中域にあるベースの倍音です)

試しにEQをこんな風にしてみたら、楽曲が音楽として成立しないことがわかると思います。

中域が上手くいっていなかったら高域や低域をどんなに頑張っても良い音楽にはならないので、このスピーカーで中域に集中します。モノラルで使っている理由は、”左右にパンを振ったことで中域の問題が解決したと錯覚してしまうこと” を未然に防ぐためです。どんなに左右にパンしようが嫌でもこのスピーカーから全部の楽器の音が出てきます。その状態で整えないと ”本当の意味” で問題が解決しません。

「そんなことしなくても、スピーカーセレクターに備わったモノラルスイッチを使ったり、もしくはDAW内でモノラルにして確認すれば良いのでは?」と思う人も多いと思いますが、2台のスピーカーの中心点(そこにはスピーカーが無い)から聴こえる音は単に聴覚の ”錯覚” を利用してモノラルに ”聴こえさせているだけ” なので、その音は非常に曖昧で信ぴょう性に欠けるものです。パンで左右に思いっきり振られたギターやシンセがものすごくクリアでシャープな音像に聴こえた経験があるでしょう? つまりステレオシステムのセンター音像は、それらと比べてはるかに曖昧な存在です。

部屋のインテリアがどんなに左右対称であっても左右それぞれのスピーカーから別々に放射された音の、それぞれの反射音は状況をより悪化させますし、そもそもユニットが複数使われている2WAYや3WAYのスピーカーは、最も重要な中域にクロスオーバー周波数があるので音がゆがみますし、信号を各帯域に分けるチャンネルデバイダーによっても音がゆがみますし、高域ユニットと低域ユニットの位相差の問題によってもコムフィルター効果で音がゆがみます。

つまり中域を正確に聴き取るには、フルレンジスピーカーを単発モノラルで使う。これが最強にして唯一の選択肢です。

・・・ところが日本国内では2本セットでしか販売していないんだな!もーばかばか!!!

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(38~41)

#38

Kinki-Kidsのエンジニアをしていた満田くんと二人でサウンドハウスのショールームへ行ってあれこれ聴き比べた際、「コレだけ別格だね!」と意見一致したのが ”HD650” というベストセラー機で、HD660sはその後継機にあたります。ヘッドフォン特有の ”音が耳元で鳴っている感” が全く無く、まるでスピーカーで聴いているような錯覚に陥ります。低域が豊かで高域がマイルドなので聴き疲れせず、アレンジや鑑賞にはだいたいこれを使っています。

#39

モニタースピーカーの世界的ベストセラー機。何億円もかけて建設されたトップエンドのレコーディングスタジオからご家庭まで、これ以上普及したモニタースピーカーは他に例がありません。”良い音で音楽を聴くには大きなスピーカーが必須” という時代に、”その常識を覆す” という売り方で1978年にリリースされ(最初は家電としてね)、中1だった僕はその売り文句に飛びつきました。せっせとお小遣いとお年玉を貯め続けて1年後に購入(それまでは雑誌の折り込み原寸大広告を画びょうで壁に貼って「買ったらここに置くぞーーー!!!」と睨みつけていました笑)。

その後約10年、大好きな音楽を来る日も来る日もこのスピーカーで聴き続けました。大人になって余裕が出てくると ”2本で5万円の小型スピーカー” では物足りなくなって手放してしまいますが、数年後には音楽制作をするようになり、今度は観賞用ではなく ”仕事用” として再購入。それから約10年間使い倒した頃「今時のスピーカーはチョー低音出るし、もうテンモニって時代でもないなぁ・・・」と再び手放してしまいアレコレと長年渡り歩きます。・・・そして結局ここへ戻って来ました。今年。

2000年以降、スピーカーの物理特性を解析する技術が飛躍的に向上し、その技術でテンモニを解析したところ、いくつかの局面でとんでもなく優れていたことが立証されました。アジアの小国で観賞用としてリリースされた安価な小型スピーカーを、世界中の一流エンジニアが使い続けてきた理由が明らかになったわけです(プロの耳ってスゲー)。

以前レコーディングで使わせて頂いたSoundCityのAスタジオ。

ペアで1000万円のラージモニターを背後に鎮座したテンモニ。実際のところこっちがメイン笑

でも僕にはそんなことより、「テンモニで聴いてこう聴こえるなら大丈夫!!!」という絶対的な安心感があります。元気の良い中域と乾いた低域。インパルスレスポンスの良さ。2001年で生産終了したにも関わらず、つい最近までヤマハがパーツを作ってくれていたので、ツィーターの新品は難なく入手。ウーハーは米ミネアポリスにあるスピーカーユニットの専門メーカーが、”まんまテンモニのウーハー” をリリースしてくれたので(研究開発に10年ぐらいかかったらしいです)、共に新品交換。・・・もうキミを離さないよ!(70年代風に)

#40

定番中の定番、SONYのヘッドフォン。今から30年くらい前、通信カラオケのデータ制作(耳コピ)に随分使ったなぁ。今はオーディオトラックのノイズチェックとか、歪んじゃいけない楽器が歪んでいる箇所の特定だとか、主にチェック用に使ってます。パッドが外耳に乗っかるタイプなので、長時間していると耳が痛痒くなってきます。よくこんなんで長時間の仕事をしていたな、と逆に当時の自分に関心する! 音は凄く近くてちょっと低音がカッコよく聴こえ過ぎる傾向がある。サウンドはSONYらしい湿った音ですね。どんな部品でも手に入るので修理を続けながらいつまででも使えます。

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

#41

映像に音楽をつける仕事の時のみ使ってます。いつも作業しているデスクトップに表示するのと、ここに表示するのとでは客観性がまるで違ってきます。映像とタイムコードを表示してフレーム単位で音楽を合わせていきます。PCとは、”Blackmagic DeckLink Mini Monitor 4K” というビデオカードを介して接続していますが、これはOSを介さずアプリケーション(NuendoやCubase)から映像を直接出力できるシステムで、色調、明るさ、コントラスト、フレームレート等をWindowsが勝手に変えてしまうことを防げます。映像ファイルに収められている情報が ”ありのまま” に映し出されるので安心!!

Blackmagic Design ( ブラックマジックデザイン ) / DeckLink Mini Monitor 4K

Blackmagic Design ( ブラックマジックデザイン ) / DeckLink Mini Monitor 4K

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(37)

時間がないので、今日はひとつだけ!!

#37

メインのモニタースピーカーです。ウーファーが9インチ弱あっての2WAYなのでクロスオーバー付近の中域が控えめで、メインボーカルなどがやや引っ込んで聴こえるタイプです。よくあるバスレフタイプではなく、背面に30x15センチという巨大な楕円のパッシブラジエーターを搭載してローエンドを補っているので30Hz付近の音も余裕で確認できます。

バスレフのようなポートが無いので、中低域に妙な共鳴(ポートの共振周波数の倍音)がなく、クロスオーバー付近を除けば極めてフラットでクセの無いモニターです。ただ密閉型ではないので、パッシブラジエーターの共振周波数以下で第3次高調波歪が増えるのは一般のバスレフ型のスピーカーと同様です(38Hzに5%のピークがありますが、この価格帯ならそれくらい仕方がない)

低域は入力信号に対しての反応が異常に速く、この大きさのウーファーとは思えないスピード。しかしながら80Hz以下はダンピングがやや甘く、低く短い正弦波で確認すると、後述する密閉型スピーカーと比べて ”音の切れ際” がやや緩慢(音が少し長めに感じられる)なので、ベースやキックにエキパンを挿してタイトなグルーブに仕上げる時などは、処理過多に陥らないよう注意が必要。中域同様、後述する別のスピーカーとの併用で補っています。

アメリカのメーカーなので突っ込めば元気いっぱいに鳴りますが、意外にも小音量でのモニタリングも得意です。セッティングの都合でやむなく横置きにしていますが、位相の問題が生じやすいので良い子のみんなはマネしないようにね!(縦置きの方があらゆる面で断然有利です)

MACKIE ( マッキー ) / HR824mk2

MACKIE ( マッキー ) / HR824mk2

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(50~64)

信号の流れを考えたら、スピーカーよりラックの方が先かな!?・・ってことで、チャンネルストリップやエフェクトを先に紹介しますね。

#50

電源ディストリビューター。見切れてる・・。同じものをスピーカーの方でも使ってるのでこれはそちらで紹介しますね。

#51

昇圧トランス。日本の一般住宅の電源は100V。対してアメリカは115V。日本向けに100Vで動くよう調整してあるものはいいんだけど、直輸入の機器は115Vを供給してあげないと動かない。中には「このままでも100Vで十分動くよ」的な機器もあるんだけど、そんな機器にも115Vを供給してあげると、音が・・・ “断然” 違ってきます! (簡単に言うと「元気いっぱい」って感じ)

というわけでそういった機器には昇圧トランスで電圧を100Vから115Vに上げて供給してあげる。すると・・・機材も、自分も、クライアントも、聴衆も、みんながシアワセになれます!!

で、こいつを7台使ってます

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / EHU600 ステップアップトランス(100V→120V
ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / EHU600 ステップアップトランス(100V→120V

#52

XMLの真空管マイクへ電源を供給するユニット。暗くて見えない・・。こいつも115V仕様なので昇圧トランスから供給しています。これはマイクの紹介の時に見せますね。

#53

XLRコネクタのパッチベイ。このラックに設置したアナログ機器のマイク入力は全てここに集めてあるので、どの機器へでも背後へ回らずにマイクを接続できるんだよー便利だねーー

ART ( エーアールティー ) / P16 XLRパッチベイ
ART ( エーアールティー ) / P16 XLRパッチベイ

#54

BBEのエンハンサー。キックやベースの低域を拡張したり、様々な楽器の高域を拡張します。LR共に低域と高域のツマミがひとつずつあるだけなので・・・操作に迷いが生じない点が素晴らしい!! 「ローはこれくら!」とか「ハイはこれくらい!」とか、一瞬でキマります。「うん!この機材を通すのは却下!」というのも数秒で判断がつきます。

BBE ( ビービーイー ) / 882i ソニックマキシマイザー
BBE ( ビービーイー ) / 882i ソニックマキシマイザー

#55

Aphexのエキサイター。役割は上のBBEとほぼ同じです。倍音を付加して低音を太くしたり重くしたり、高音をキラキラさせたりカチッとさせたりします。こちらにはいくつものパラメーターがあるので、かなりフレキシブルに使えます。誰でも簡単に ”かけすぎて失敗” になる種類のエフェクターなので、目盛りに「この範囲にしておいた方が無難ですよ」的なサインがあるという親切デザイン笑

APHEX ( アフェックス ) / EXCITER
APHEX ( アフェックス ) / EXCITER

#56

ライン信号のパッチベイ。バンタムではなく一般的なTRSフォーン用です。「えーと、この機材から出た音をこっちの機材へ入れて・・・」ってパッチコードをズボズボするやつです。前面と背面を合わせて96もジャックがあるので、年に一度のお手入れの時は手間がかかります。

ART ( エーアールティー ) / P48 パッチベイ
ART ( エーアールティー ) / P48 パッチベイ

#57

Thunderboltで接続しているオーディオインターフェイスです。Thunderbootは内部的にはPCIeなので、データの転送量に関しては最新のUSB3.1などと比べてもケタ違いです。パソコンにThunderbolt端子がひとつあれば、そこから5台のThunderbolt機器を数珠繋ぎして一番最後に4Kディスプレイを繋ぐことができてしまいます。

そんなわけでこのインターフェイスは94in/94outというアホみたいなスペックなので、ここにある機材を全部このインターフェイスに繋いでしまってソフトウェア・ミキサーでルーティングするという手も無いわけではないんだけども、あまりAD/DA変換を繰り返すのも音質的にアレなので、昔ながらの手法でパッチングしています(とはいえ何やかやで本体のTRSの入出力はほとんど使いきってしまってますが・・)

RME ( アールエムイー ) / Fireface UFX+ オーディオ・インターフェイス&レコーダー
RME ( アールエムイー ) / Fireface UFX+ オーディオ・インターフェイス&レコーダー

一緒に大人気のBabyfaceも紹介しておこう・・・最近3人くらいの生徒がBabyFaceを購入してシアワセになってます(マイクプリもコンバーターもめちゃくちゃイイですよコレ。倍の値段の機材の音がします)

RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス
RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

#58

DRAWMERのステレオチャンネルストリップ。プリアンプ+コンプレッサーという構成で、EQは搭載していません。プリアンプ部も十分に秀逸なんだけど、真空管コンプレッサーが素晴らし過ぎてプリ部がかすんでしまいます。いわゆる「ガッツのある音」に仕上がります。中音域のパンチや粘りが素晴らしい。バンドもののギターやベース、ボーカル、あとドラムバス(バスドラムじゃないよ)に使ってもシアワセになれます。ロック向きで、イギリスの機材らしい力強くも奥深いサウンドが特徴です。

DRAWMER ( ドローマー ) / 1960
DRAWMER ( ドローマー ) / 1960

#59

AVALONのド定番チャンネルストリップ。この機材は大好きなので、サウンドハウスにレビューでも書くつもりで真面目に書いてみようかな・・・

***********************************

まず僕はプロのエンジニアではないので、話半分で聞いてください。

少々高めのゲインでこの機材を通すだけで、上品かつ滑らかな高域と粘りのある低域が得られるのでプライベートでも仕事でもたいへん重宝しています。コンプレッサー部は光学タイプです。こういった ”ざっくり” とかかるコンプは初めてだったので当初はとまどいましたがすぐに慣れました。浅めに使った方が良い結果につながるような気がします。

EQに関してですが、DAW内で使用するソフトウェアEQにはfabfilterのProQ3のような非常に優秀なリニアフェイズEQもありますが、このVT737の真空管EQを通した ”味” を体験してしまうと、音楽にとって ”良い” とはどういうことなのか、改めて考えさせられます。

プリアンプも申し分なく、何を録っても素晴らしい。この機材のプリ部を通した音(洋楽のR&Bなどでよく聴かれる音)は、打ち込みの音源との馴染みも良いです。以前はベースの録音に同社のU5を使っていて、それも良い機材ではありましたが、VT737を使うようになってからは必要なくなってしまいました(細部の表現力が大きく違います)。

自分には過ぎた機材のように思いますが、どうしてもステレオ音源やマスタリングにも使いたくなり、2台目を購入してしまいました。合計でかなりの出費になりましたが、全く後悔させない素晴らしさを感じています。

***********************************

お!!! ほんとのレビューみたいじゃん!?

AVALON DESIGN ( アバロンデザイン ) / VT-737SP SILVER
AVALON DESIGN ( アバロンデザイン ) / VT-737SP SILVER

#60

これは左半分がUAの610という、ビートルズやレッドツェッペリンの音を録ってきた伝説的なコンソールのプリとEQの復刻盤。右半分が同じくUAの1176という、この半世紀近く定番中の定番中のド定番とされてきたコンプレッサー。同社がその2つをドッキングさせたモノラルチャンネルストリップです。

左側、610の真空管プリはひとことで言うと ”レトロ”。やや突っ込み気味にして軽く歪ませると、ソフトウェアではどうやっても出せない暖かくて太い音になります。打ち込み音源もここへ通すことでアナログな味になります。

右の1176はトランジスタを使ったハイスピードのコンプレッサーで、パリッとした仕上がりはもちろん、この機材の裏技として有名な ”レシオボタン全押し” がモードとして用意されており、非常に過激な仕上がり(椎名林檎さんの何かの曲で用いられていたな・・)も可能です。Cubaseの付属やWAVESの製品をはじめ、1176をシミュレートしたソフトウェアのコンプは星の数ほどあり、僕もアレコレ使っていましたが、はじめて実機を使った時に感じたのは「これが肉の味か!!!・・・今まで食ってきたのは豆腐ステーキだったな・・」といったものでした。

またアタックを出すにしろ叩くにしろディケイを押し上げるにしろ粒を揃えるにしろ、とにかく明確に結果が出るため、ソフトウェアで頑張るよりずっと簡単に望んでいた結果に辿り着けます。なので迷いや悩みなくサクサクと作業が進みます。

スイッチひとつで610と1176の回路を切ったり繋いだりできるので、610と1176が一体となったモノラルチャンネルストリップとして使ったり、それぞれ単独の機材として使ったりしてたいへん重宝しています。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 6176
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 6176

#61

1176コンプレッサーをステレオ音源に使用する際、左右の挙動をリンクさせるためのユニットです(リンクさせないと左右が独立した挙動になり、ステレオに振ったアコギやドラムなどがフワついた印象になります)。届いたその瞬間から内蔵の9V電池が完全に放電していて、そのことに気づかず当初は初期不良かとビビりましたが、電池を新品に変えたら正常動作してホッとしました。ところがコレ、9V電池がアッという間に放電しちゃうんですよね。そのたびに本体のネジを4か所外して電池交換しているのは大変だし電池代ももったいない・・・そこでリード線を外に引き出してスイッチ付きの電池ボックスを取り付けました。使い終わったら即スイッチオフ! 以来、電池は長持ちしています。ヤッター (電池交換も楽チン)

Universal Audio 1176-SA


#62

フェンダーの ”Super Champ” という、古くからある真空管ギターアンプです。たったの15Wしかないのに自宅では十分すぎる音量。そして何しろ音がイイ!! 弾いていると気持ちが良すぎていつまでも尾を引いちゃいます。アンプモデルもたくさん内蔵していて、USBを経由してPCからも隠しパラメーターとかをいじれちゃうんですよね。お気に入りです。

これまで僕はフェンダーのアンプにはセレッションのスピーカーを使ってきたんだけど、「SuperChampにはエミネンスが合う」というのを海外の複数サイトで見かけたので試しに交換してみたら、これがメチャクチャ良い! 10インチとは思えない低域の伸びや余裕があって、中域の張り出し感も素晴らしい。セレッションのキラキラした高域とはまた違った、どこか色気のある高域がグッときます。真空管アンプの最底辺の製品でこんなにイイ音するとか・・やっぱフェンダーってすげーーー!(なんか馬鹿っぽくなったな)

FENDER ( フェンダー ) / Super Champ X2 ギターアンプ

FENDER ( フェンダー ) / Super Champ X2 ギターアンプ

#63

真空管ということもあってそれなりにノイズが出ます。ジーとかブーとか。電源を入れて真空管が温まるまでの間このスイッチを蹴っておけば、アンプとスピーカーが遮断されて無音、その後ギターを抱えてこれをもう一発蹴れば音が出るヨという使い方をしています。以前はSuperChamp内蔵のスピーカーと、外部のスピーカーキャビネット(セレッションを組み込んだ)とを、このスイッチで切り替えてました。・・・まぁ、めんどくさいので当時のままになっているとも言えます。

#64

このスイッチを踏むとアンプの電源がONになります。ギター抱えている時ってどうしても足を使いたくなるんですよね。足クセ悪~ (最後がこれか)

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(32~36)

あ、いけね・・・前の回と番号が重複してるわ笑

#32

19インチ幅12Uのラック。PC本体やディスプレイといった ”音響以外の機器” 専用の電源タップ、そして普段使っていない機材を収納しています(音響以外の機器の電源ルートを分けると音声信号にノイズが乗りにくいらしい。確かにそんな気がする)。

ここに眠っている機材の中にSONYの3ヘッドのカセットテープデッキがあり、オーバーレベル気味に突っ込んだ時の歪みはどんなによく出来たテープシミュレーター(ソフトウェア)よりも心地よいので、エフェクトとしてまた使おうと思ってます。


ESシリーズの最高峰TCK777。当時の実勢価格は15万円くらいでしょうか。4万円で手に入れました。メチャクチャいい音してます! テープのストックも50~60本あるのでガンガン使っていきたい。が、この狭い部屋のどこに置こうかな。。

#33

PC本体。2018の暮れから2019の正月にかけて組み立てました。Windows機です。安いから。同じスペックのMacをオーダーすると100万円越えは必至ですが、4割くらいの費用で組めました。軍資金の限られたミュージシャンにはありがたい。Core i9 9900k CPUを5.0GHzの爆速固定で常用しています。オーバークロックの設定がハマってド安定(CPUのコア電圧=1.275Vでビンゴ!!!)

#34

NECのカラーレーザープリンター。これ以前はモノクロレーザーを使ってました。仕事だと色がつくかどうかより印刷スピードの方が大事だもんね。。それにしても原稿ってPC上で見ていると誤字脱字に気が付かないのに、どういうわけか紙に印刷すると見つかりまくる。。結果として時短。

#35

PreSonusのFaderPortに繋いだフットスイッチ。これでCubaseの再生/停止などができます。コードの耳コピやシンセの音づくりの際、両手が空くのでチョー便利! あとギターのレコーディングの際に、録音開始/停止/再録音をこれで行うと、マイクとギターの関係を良好に保てるのでめちゃ便利。

YAMAHA ( ヤマハ ) / FC5 フットスイッチ
YAMAHA ( ヤマハ ) / FC5 フットスイッチ

#36

キーボードに繋いだ単なるダンパーペダルです。ダンパーペダルはメーカーによって極性が逆だったりするので購入時には注意が必要です。このペダルはKORGですがStudio Logicと極性が同じなのでセーフ。

KORG ( コルグ ) / PS-1 フットスイッチ
KORG ( コルグ ) / PS-1 フットスイッチ

おまけ

今現在、KORGのペダルの右にもうひとつヤマハのペダルを置いています。それはRMEのオーディオインターフェイスのリモコンにつないであって、主にSkype使用時にヘッドセットマイクのミュートに使ってます。くしゃみをしたり、咳をしたり、のどスプレーしたり、コーヒーをすすったりなどの際、”足元で一発ミュート”は便利!!ヘイヘーイ

 

【連載】音楽制作環境(ハード)(31~34)

#31

これはPreSonusのスピーカー・セレクターCENTRAL STATION を手元からリモート操作する道具。ミックスの最終段階やマスタリングでは、リスニングポイントを少し後ろに取ってスピーカーの切り替えやmono/stereoの切り替えを頻繁に行うので、このあたりにあると非常に便利。え? 鍵盤の上の方弾きづらそうって? 大丈夫! 一番上のオクターブなんて3年に一回も弾かないから!

#32

アナログ時計が好きで「秒針がスムーズに動くので静かです」という時計を買うのだけれど、これまでいったいいくつ廃棄しただろう・・・。何年か使ううちに例外なく小さな音で「ジジジジジジ・・・」と鳴り始めるのだ。。ということで最近は音の出ようがないデジタル時計を愛用しています。静か~。

#33

ASUSのディスプレイ。確か27インチ。スペック的には底辺レベルです。CubaseとSkypeができてメールが読めればいいので。調整はチルト、スイーベルの他に、ピボットができるので、回転させて縦長に使うことができます。Cubaseが130トラックとかになる時にも便利だけど、Webサイトってだいたい横幅固定で縦にスクロールして見るように作られているから、縦長はWebサイトを見るときにもけっこう便利。

#34

SAMSUNの24インチディスプレイX2。制作だけじゃなくレッスンもするのでディスプレイが3つあってやっと何とかなってる感じ。小さくてもいいから、Skypeの時に共有専用のディスプレイがもうひとつ欲しいな・・・と思っていたら、巷では「Microsoft社が仮想ディスプレイ(昔からある仮想デスクトップじゃないよ)技術を開発中」という情報がリークしているようで、ちょっと待ち遠しい。。
MicrosoftがバーチャルでPC画面を広げるアプリ開発

おまけ

つい先日より、ino先生と同じRMEというメーカーのオーディオインターフェイスを導入したので、RMEの伝家の宝刀とも言えるTotalMix FXというソフトウェアミキサーを使うことになりました。このミキサー、多くの人が「ムズカシイ!」というんだけど、頑張って早起きしてしっかり勉強したら、これがまた超便利!! さっそくTotalMix FXをリモート操作できるコントローラーを導入しました。メチャクソ便利ですよコレ!!! これまで「RMEのミキサーが難しくてわかりません。教えて下さい。」と言われても、「ごめんね、俺もよく知らないんだよー」と言ってきたけど、今なら教えてあげられる。


今ならちゃんと教えてあげられますよ♪エッヘン

RME ( アールエムイー ) / ARC USB
RME ( アールエムイー ) / ARC USB
これで超便利なTotalMix FXがより快適に。RMEがスタンダードになった理由がわかる(PreSonus Quantum のミキサーが何一つできなかったので笑)