今日はなんて悲しい日だ

1月12日はベックさんの命日になってしまった

僕が小5の時、初めて聴いて虜になったジェフ・ベックのアルバムは『blow by blow』

ベックさんの最高傑作であると同時に、ロックギターのインスト・アルバムの金字塔であり、歴史的名盤。人類の遺産。

何年にも渡ってこのアルバムを聴いて聴いて聴きつくした。。

中学に入って友達とバンドを組んだ時もこのアルバムの中の曲を練習した。

25歳になって、初めて打ち込み(今で言うDTM)を始めた時もまずこのアルバムの中の曲を耳コピした。

僕自身が天に召される時、たった1枚だけアルバムを持って行っていいよと言われたら、迷わずこのアルバムを持っていく。

・・・悲しい。

ベックさんが過去の人になってしまったなんて。。

人はいつかは死ぬよ。そんなことわかっとるわいボケ

それにしても悲しい。そして寂しい。

ご冥福をお祈り致しますとか、どうもありがとうとかじゃなく、ただひたすらに悲しい。

はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 
 
 

一月一日

人生は思うようにいきそうでいかなそうなこともあれば、いかなそうでもいけたり、いかなそうでやっぱりいかないとか…
今年も例年のごとくそんな “ままならない” 1年であったとしても、「まいっか」と最後はメジャートライアドで終わりたい

コードネームをCubaseにまかせたらなんか超必死w

 
 
 

明けました2023

大晦日、教室最後のレッスン後の会話

船「今日の晩は久しぶりに年越し蕎麦でも喰ってみるかな…長生きしてーし笑」

ino「長生きしたいなら蕎麦なんか喰ってねーで痩せた方がいいっスよ」

ぐぬぬ…

今年もよろしくです…


ぐぬぬ…

 
 
 

めちゃくちゃ弾きやすい

久しぶりにエレキを購入

【中古】Paul Reed Smith(PRS) ポールリードスミス Wood Library 10top McCarty Hollowbody I Piezo Custom Blue【USED】

トップは見てのとおりメイプルでバックがマホのくり抜きなので、構造はフルアコ(ブリッジの下にブロックがあるだけ)なんだけど箱鳴りは控えめな感じ。ギブソンのルシール(ES-355のFホール無し)よりソリッドかも。それでもフロントのクリーントーンで指弾きすればしっかりジャズもいけて、リアでガツンと歪ませればメタルだってイケちゃうという万能選手。ピエゾも内蔵していて、ジャリジャリビチビチとエレアコサウンドも楽しめてしまう(しかもマグネットのサウンドとブレンドも可能)

見た目はレスポールくらいの大きさだけど、抱えるとふた回りくらい小さく感じる、&重量ほぼ3kgでめちゃ軽く、いつまで弾いていても疲れない! そしてとにかく弾きやすい、&作りの精度が素晴らしいので、他のギターで決まらなかったフレーズ、コード、それらがピタッと決まって超気持ちイイ!

2015年のモデルだから7年経ってるのにフレットも全く減ってなくて弾き傷もほとんど無し。恐らくほとんど弾けないような人が ”買って、ポロンポロンして、飾って、売った” みたいなことでしょう。”Wood Library” だから新品の価格は今なら80万超えでしょうけど(このところギターの価格めっちゃ上がってるんで)、そんな中、か・な・り、お得な買い物をした気がする!!!

 
 
 

OH NINJA!

【ino】レッスンにてサイレント映画を取り扱っているの。
1921にこの演出すごくないです???? さすがニンジャ…

そういえば子供のころニンジャに憧れて密書(バイエル)を川に流してバチバチに怒られたことがあります。
ニンジャなのでちゃんと拾いましたよ、、、

 
 
 

練習中

ボサ・ノヴァという音楽ジャンルを確立した巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンの場合、”代表作”といっても星の数ほどあるわけですが、その中のひとつ『コルコバード』をギターで練習中。

でかでかとダイアグラムを並べてまるで初心者w(もう暗記しちゃったけどね)

曲の方は小野リサさんのライブでどうぞ

このライブでベースを弾いているのはクリス・シルバーシュタイン。He is my friend!!!

20代半ばのころ、修行の為にとあるジャズバンドに入っていて、そのバンドのサックスの女性が看護学校の先生をしていたことから、練習場所はなんと看護学校の倉庫!

ピアノトリオにサックスが2管という編成だったなぁ。。そのバンドにいたピアニスト(渡辺さん)に紹介してもらったのが、当時ボストンのバークリー音楽院を卒業したばかりのクリス。

で、これまた修行の為にナベさん(ピアノ)、クリス(ベース)、俺(ドラム)の3人でピアノトリオを組んで”どジャズ”をやることになり、毎週水曜日に池袋のスタジオに集まっては練習を重ねたんだけど、あっちは日本語からきしで、こっちは英語が片言だから言葉では意思の疎通が困難。。。

でもひとたび曲が始まれば、”音で会話”をするから言葉なんか要らない。意思の疎通に何のストレスもない!!!

小学校の頃から洋楽好きであっちの音楽ばかり聴いてきて、「音に国境や人種の壁なんてない」ことは頭ではわかっていたけれど、言葉でコミュニケーションが取れない相手と音で日頃のバンド仲間、、いやそれ以上にコミュニケーションが取れたこの出来事には感動した。

その修行バンドがどういう経緯で終息したのかは全く覚えていないけど、長い年月(15年くらいかな)が流れた後、とある仕事でレコーディング・スタジオに入り浸っていたら、ある日クリスがやってきて、お互い超ワーオ!!! クリスが「OH, ノリヨシ! スイヨウビ! イケブクロ!」、完全に覚えていてくれたんだよね。僕は曜日や場所なんて完ぺきに忘れていたのに(汗 …それにしてもまだ日本語がへたなのかwww

キリスト教圏の人にとって曜日っていうのは無宗教の僕などに比べて大きな意味があるとは思うけど、バークリーを卒業してすぐ言葉の通じない辺境の地へ来て最初のバンドだったろうから、あの修行トリオの活動はもしかしたら彼にとっては忘れ得ない思い出になっていたのかも。。だって記憶力がすごく良かったらもうちょっと日本語が・・・w