【連載】音楽制作環境(ハード)番外編

サンスイ AU-D907

僕が中坊の頃にお小遣いを溜めて購入したプリメイン・アンプ、サンスイAU-707。以前「AU-D707の程度の良い中古が18万円くらいで出ているのでいつか欲しい」と書きましたが、よく調べたらあれは楽天市場に中古をボッタクリ価格で出品しているショップの価格でした(汗

で、AU-D707の上位機種、AU-D907のメンテナンス済みの中古をヤフオクで見つけ、5万円台で落札できました! ヤッターーー
梱包を解いてラックに設置・・・20kg超の重量は腰にくる!

DSC_0004

デカい。ラックを4Uも占有

YAMAHA NS-10M PRO に繋いで音出し・・・そう!!この音!! いやー懐かしい。最新のデジタルアンプじゃ絶対に出せない音。どっしりとした低域、つややかな中域、シルクのようにキメの細かい高域、どこを取っても文句なし。定期的にメンテに出して末永く使いたい。

SONY TC-K666ES

でそのAU-D907の上に設置しているのが昔懐かしい”カセット・デッキ” という代物です。SONYのカセットデッキ TC-K***シリーズは、333、555、777と奇数が定番で、666なんていう偶数の製品は、その存在すらあまり知られていない・・・

ところがこの666はダイレクト・ドライブの3モーター方式やクローズド・デュアル・キャプスタンなど、駆動系の設計も作りも最上位機種の777を超える作り。SONYがなぜこんな機種を出したのか意味がわからん。。のちの製品につなげるための実験的な機種だったのだろうか!? SONY独自の独立懸架3ヘッド、レーザー・アモルファスなど贅沢な作り。内部のフレームなどは777よりガッシリしていてかなり剛性高そうです。どこまでも駆動系にこだわった1台。

でもって、このTC-K666にオーバーレベル気味に信号を突っ込むと、どんなテープシミュレーターでも再現できない ”見事にレトロなアナログサウンド” が得られるんだな。これも手放せない1台。

 
 

 

Fugaを分析

【ino】25秒くらい、6小節目の4拍ウラで出ているA、このオシャレさと意外性素晴らしいですね。。。
生徒から「V-IIの進行ですか?」との質問だったのですがここは導音が出ていないIV度V度の9ではないでしょうか。(コードネームで言うとB9 omit3rd)
演奏はアンドラーシュ・シフ氏。だいすき!

 

Atom tmさん

【ino】以前に書いた東風カヴァーをしているAtom tmさんことセニョールココナッツさんのライヴ映像を発見。しかも日本公演だそう。めっちゃ楽しそう…
この編成でドセンターにマックって超カッコイイな…(マックの彼がそうです)

「セニョールココナッツ」という名前のこの世の幸せとウキウキをかき集めました感に反してニコリともしないのイイネ…!

詳しい活動内容はここ。SUGOI!
https://clubberia.com/ja/artists/2102-Atom-tm/

 

サウンドハウスのコンテストに生徒が入選

これですね!

生徒が第1弾の作詞作曲に入選してSポイントを5万ポイントももらい、マイクを新調するっていってました!イーネー

自分で歌っているので声を聴いたら誰だかわかるかな!?(前回のMPCでも歌を披露してくれているので)

現在、第2弾の ”編曲部門” を募集中みたい。「5万ポイントもらったら何に使おうかなー」とか考えながら頑張ってみるのも楽しいかもですよ!

 
 
 

ケーブル

どんなケーブルを選んだら良いのか、生徒によく尋ねられます。

・・・明確な答えはありませんが、あまりに無頓着なのも、またアホみたいに拘るのもどうかと思っています。で自分なりに以下のようなメーカーから選んでいます。

ライン・レベルのオーディオ信号

つまりオーディオ・インターフェイスとスピーカーをつないだり、実機のコンプやEQをつなりだりですね。これらには “カナレ” というメーカーのものを使っています。クッソ高いケーブルから信じられないくらい安いケーブルまである中、標準的な価格で信頼性も高いので、そこらへんのバランスが非常に良い、と感じています。

マイク・ケーブル

これもカナレです。コネクタ部分がノイトリック社のものから選んでいます。理由は ”心配無用” この一言に尽きます。たまーにモガミ(ややお高い)。

ハイ・インピーダンス

エレキギターや、エレキベース、エレアコなど、ピックアップ・マイクから出力されるハイ・インピーダンスの信号には、”ベルデン” というメーカーのものを使用しています。あれこれ色々使ってみて、結局定番の#8428を使っています。”飾り気は無いがしっかりした音” そんな印象です。アンプやインターフェイスとつなぐシールドだけでなく、楽器内部の配線にもベルデンを用いています。メーター単位で切り売りしているので必要な長さを購入して自作しています(コネクタはスイッチクラフト)。

同じベルデンでもメキシコ製、中国製、アメリカ製でそれぞれ若干音が違うようですが、あまりそんなことまで気にしていません。ギターをより音楽的に演奏することの方がずっと大事なので笑

スピーカー・ケーブル

パワーアンプとスピーカーをつなぐケーブルです。約40年前、1メートル¥200円(今と物価も違うし中坊の自分にはかなり高価でした)のパイオニアの4芯のスピーカー・ケーブルから、どこでも売っている安価な2芯のスピーカー・ケーブルに替えた時、「アレ!?」と思い(楽器の分離が悪くなったように感じた)、それからケーブル類には注意を払うようになりました。

しかしながら1メートル1万円もするケーブルを使って喜んでいるような人達にはどうしても否定的な目を向けてしまいます(何億円も投じて建てられるプロユースのレコーディング・スタジオや、ラジオやテレビなどの放送局だってその30分の1くらいの価格のケーブルを使っていますので)。そういったわけで、スピーカー・ケーブルにもカナレ、4芯で贅沢にも無酸素銅(OFC)を用いたものを使っています(1メートル130円)。

ギターアンプ内のスピーカー・ケーブルにはベルデンの#9497(黒と橙の2本をよじりによじったヤツ=通称ウミヘビ)を使っています(1メートル¥300円)

BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル
BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル

こんな感じですかね! ケーブルを選ぶ際の参考になれば幸いです。
 
 
 

Official髭TONIX

【ino】髭男さん、PENTATONIXさんにカヴァーされてる!
オリジナルのビブラート少なめな歌い方まで再現してます。

ダフトパンクのカヴァーではグラミー賞を受賞しています。
人力オートチューン…!

 
 
 

生とうもろこしキタコレ

届いた

いきなり皮を剥いてかぶりつく

体験したことの無い触感と甘味。まるで梨のようにジューシー

甘すぎて麦茶が欲しくなる

茹でたり焼いたりしてみる



「なんだこれは!!!」と思う

コロナに感染したら秒で死にそうな年齢の母親に”冥途の土産に送ってやろう”と思う

あそうだ姪っ子二人の家にも送ってやろう、と思う

いけねえino先生のことをすっかり忘れていた、と思う

「そんなにあちこち送れるのかな?」と思う

 

・・・いやそんなに笑
 
 

 
 
 

昭和のビッグバンドの演奏クオリティがヤバイ

当然、ザ・ピーナッツの歌も上手いんだけど、鳴り切ったトランペットの音色と正確さ、グイグイと引っ張っていくランニング・ベースのスピード感、ドラムのシンバル・レガートのキレ、ダイナミクス。どれをとっても完璧。。

恐らく向かって右のバンド・セクションは、東京ユニオン、シャープス&フラッツ、ブルーコーツ、ニューハード、のうちのどれかでしょう(時代からして)。指揮は、この後ろ姿だと前田憲男先生かな!?(編曲もきっとそうでしょう)

打ち込み音源のしょぼいトランペットの音とか使う気失せるわー笑

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)マイク

マイクを忘れてました。

コンデンサー・マイク

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS コンデンサーマイク
AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS コンデンサーマイク
シャリン♪と録れるのでアコギ、ウクレレ、マンドリンといった撥弦楽器、それとボーカルなどを録ってます。良いマイクなので不満ゼロ。

MXL ( エムエックスエル ) / MXLV69M-EDT
MXL ( エムエックスエル ) / MXLV69M-EDT
真空管マイクです。ボーカル用として使ってます。音はクリアで丸くてあったかい感じです。曲調によってC414と使い分けています。

AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク
AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク
主にハイハット、シェイカー、カバサなど高音のパーカッションに使っています。スネアを録る時のボトム側のマイクとしても使っています。

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / MM1 測定用コンデンサーマイク
beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / MM1 測定用コンデンサーマイク
部屋のルームアコースティックを調整する際に使う測定用マイクです。部屋のあちこちをこのマイクで測定すると、部屋のどの辺りがどんな特性か(天井近くの右上の角に160Hzが溜まってるとか、こっちの壁に近づくと40Hzがブーストされるとか、この位置では75Hzが急激に落ち込むとか)がわかるので、その結果にしたがって吸音材の比重(kg/m3)と厚みと体積と位置や向きを決めていきます。

比重と厚みで吸音する周波数が決まり、体積で吸音する量が決まり、位置や向きでどの方向のルームモード(定在波)に効果があるかが決まります。ルームモードの計算は、壁から壁、床から天井までのそれぞれの距離(単位:メートル)の2倍で、気温20度の時の音の秒速344メートルを割ることで得られます(つまり172を壁から壁の距離で割ればよい)。そこで得られた基音とその整数倍音がルームモードになります。それらと測定結果を照らし合わせてルームモード対策を練る、と。いつか詳しく説明しますね。

ダイナミック・マイク

SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク
SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク
鉄板です。エレキギターのアンプの音を録音するにはまずこれ。アコギを録っても良い。ガッツのある音になります。スネアやコンガもイケます。

SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
57のバリエーションとされていますが、別のマイクですね。音のキャラクターは変わります。高域がクリアに録れます。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MD421MK2
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MD421MK2
キックをリアンプ(スピーカーで鳴らしてそれをまたマイクで録音)する時などに使います。トランペットを録ってもいい感じ。歌にも使えます。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / E906 楽器用マイク
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / E906 楽器用マイク
ギターアンプを録る用に入手したんだけど、クセが無さ過ぎて面白みに欠けます。悪いマイクではないと思う。

AUDIX ( オーディックス ) / i5 楽器用マイク
AUDIX ( オーディックス ) / i5 楽器用マイク
レビューでみんなベタ褒めしてるんだけど、今一つよくわからない。。悪くはないと思うけど、、、そんなに???

レッスンで触れた楽曲

これらの曲でキックの音色について分析・研究しました!

変拍子ですね。僕が最も好きなドラマーの一人、ヴィニー・カリウタの乾いたキックの音かっこいい。

ドオッてキックの音が、この曲を象徴するパーツのひとつになってますね。完璧

中音域中心ですね。キックのサウンドの存在感と出現頻度と音量とのバランスがどうかなーーー

いいですね。こういうダルい音も好きです。

キックの音量が時代を感じさせますね。今ならこれはない。音はかなり好きなタイプです。

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(45~50)

#45

テンモニ(白いコーンのね)を駆動しているアンプです。”とりあえず音が出れば何でもいい” といった感じで選んだのに結果まあまあでした。今時の人は「アンプってギターの?」とか、「オーディオインターフェイスとスピーカーを繋げば音が出るのに、なぜアンプが必要なの?」 と思うと思います。

音響機器の内部で扱われている微弱な信号は、そのままではスピーカーを駆動できないので、アンプで増幅(=大きな電気信号にすること)してスピーカーへ送る=音が出る。こういう仕組みなので、みなさんがお使いのモニタースピーカーも、テレビに内蔵されているスピーカーも、カーステレオのスピーカーも、ギターアンプのスピーカーも、ノートパソコンやディスプレイ内蔵のスピーカーも、とにかくスピーカーと名のつくものは全て、アンプで増幅された信号を受け取って鳴っています。スマホも一緒(イヤホンもヘッドホンも電話も、スーパーやコンビニの店舗内放送も全て一緒)

昔のオーディオ機器の場合、スピーカーを作るのはスピーカー専門メーカー、アンプを作るのはアンプ専門メーカーといった感じで、今のようにスピーカーにアンプが内蔵されているものは一部の特別な用途の製品しかありませんでした(それぞれを作るのに全く違ったテクノロジーやノウハウが必要ですし)。テンモニの時代も同様で、ヤマハが作ったこのスピーカーを誰もが思い思い様々なアンプで鳴らしていました。で、僕が中坊の頃に使用していたアンプがコレ。

ソニー TA-F5

今思い出すと、ややドンシャリ(ローとハイが強調されてる)気味の派手な音でした。特に嫌いな音では無かったけど、どうもしっくりこない。そこで高校に進んでから神田(というか小川町)の喫茶店で半年ほど早朝バイトをして溜めた資金で購入したアンプがコレ。

サンスイ AU-D707

これが大当たりで、繊細でしっとりとした高域と、滑らかでパンチの利いたドッシリとした低域。中域もクリアでシャープ。文句なしの重量17kg(電源部がしっかりしたアンプほど重い)。ちょうどオーディオブームの真っただ中で各社が音の良い製品を出して競い合っていた時代だったので、今では考えられないほど贅沢な作り。当時の定価で約10万円でしたが、今の時代に2倍の資金を投じても足元に及びません。名機です。状態の良い中古が13万円~18万円くらいで流通しているので、いつか余裕のある時に手に入れて久しぶりに使ってみたい・・・

で、現在がコレね。6kgって笑、”持ち運び用” ってことですかね
ART ( エーアールティー ) / SLA1 パワーアンプ
ART ( エーアールティー ) / SLA1 パワーアンプ

てか当時ペア5万円のスピーカーと10万円のアンプで計15万円。。今使ってるMackieのHR824mk2(アンプ内蔵)がペアで20万円。大差なくてちょっと驚いてる。。(てかオレ”本当に”音楽が好きだったんだな・・・)

#46

beyerdynamicのヘッドフォンです。ミックスの最終段階やマスタリングでは様々な再生機器での試聴が大切なのでヘッドフォンも数種類を用いています。audio technica の ATH-M70xが予想だにしない壊れ方をしたので、同じ方向のサウンドを持ったこの製品に切り替えました。耳がすっぽり入り高めの側圧なので付け心地は僕の好みです。購入当初の音は「え?」という感じでしたが、100時間も再生するとしっかりとした音になりました。セミオープンなのでレコーディングには使えませんが、宅配が来てもピンポンが聴こえてGood笑。楽器や歌を録音しないのであればメインとしての使用にもオススメできる製品です。

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880PRO 250Ω セミオープン型ヘッドホン
beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880PRO 250Ω セミオープン型ヘッドホン

#47

アングルの付いたオープンラックです。オープンラックの利点は何といっても放熱性でしょう。ボックス型のように熱がこもりません。欠点は機材を持ち出すのには適していないことと積み重ねられないという点ですかね。

いっけね。。チャンネルストリップを収めている方のラックを紹介し忘れていました。

K&M ( ケーアンドエム ) / 42020 オープンラック
K&M ( ケーアンドエム ) / 42020 オープンラック

真空管機器はかなりの発熱量なので、ボックスタイプのラックだったら隙間を空けて設置する必要がありますが、オープンなら隙間を空けずに設置してもまず大丈夫。前面9U、トップ12Uのこの製品の上部に、以下のアクセサリを取り付けて9Uを追加しています(合計30U)。

K&M ( ケーアンドエム ) / 42021
K&M ( ケーアンドエム ) / 42021

ゴツいキャスターが付いているのでミックスやマスタリング作業の時は、頭の位置を大きく動かさなくても手が届くようゴロゴロと手前へ持ってきます(音を ”聴きながら” ツマミを動かすので)。若い頃、ツアーやレコーディングの時にギタリストが12Uのラックを2台とか持ってくると「何がそんなに必要なの?」と思ってましたけど・・・今思うと必要だったんでしょうね色々と。

#48

K&Mのスピーカースタンドです。片方で約20kg。合計約40kg。これを配達してきた佐川急便のお兄さんは、「コレいったい何が入ってるんスか!!!!!」と、もうほとんどキレてました笑 (缶ビールの500缶1ケースで12kg。3倍以上あったらオレでもキレるわ)

で、スピーカーを設置する台は重いに越したことがありません。重いものは物理的に”動きにくい”。つまりスピーカーの振動が床や家具に伝わりにくくなります(伝わると悪いことしか起きない)。スピーカースタンドは脚の部分はたいてい空洞になっているので、そこに砂を流し込んでさらに重量を増すのが定石。重いの、大事。

生徒のひとりが先日購入したスタンドは、脚にケーブルを通してスッキリとセッティングできるように配慮されていましたが、砂を詰めることを前提にケーブルを通す部分は隔離されています。その生徒はさらに、重量のあるコンクリート板を床に敷き、その上にスタンドを立てて使っていて、これもまた制振に有効(”床が共振して豪快に低音を放っていた!” は、よくある話)。

もうとっくにディスコンで、ネットで探しても写真すら見つからないや・・・と思ったらサウンドハウスの動画発見!

#49&50

やや高い位置にスピーカーを設置しているので、ツイーターの軸が耳へ向くように角度のついたフォームの台を使用しています。本当はスピーカー自体の制振を考えると、こういう柔らかいものは使いたくないんだけど・・・少しだけシャープさを失うんですキックなどが。ま、仕方がない(もともとの共振対策が出来ていない場合は、コレを使うことで ”低音がスッキリする” というありがたい副作用の恩恵に授かれます)。

AURALEX ( オーラレックス ) / MoPAD
AURALEX ( オーラレックス ) / MoPAD

テンモニはさらに高い位置なのでもう少し角度をつけるためにゴム製の台を使用してます。サイズが2種類あってこちらは大きい方。中央のフルレンジには小さい方を使っています。

 

よっしゃ、これで機材関係全部終わったな。あ・・・忘れてた。

Kemper

ギター(&ベース)アンプシミュレーターです。ギター弾くときって左手見たり、右手見たり、スイッチ見たり、ボリュームやトーンのノブを見たり、基本的に下を向いていることがほとんどですよね。なのでアンプシミュも下を見たまま操作できれば使いやすいかなと。で、ABS樹脂の3UのラックにKemperを入れて垂直に立ててみると・・・はい、見にくいです。そこでオープンラックを本来とは前後逆向きに置き、アングル角を利用してKemperを手前に傾けています。ついでにちょっと工夫して、置き場所に困っていたProphetのモジュールも載せてみる・・・

図解するとこんな感じ

はい、めちゃんこチェルネンコ見やすい使いやすいガッデムサノバビッチ

サービスカット

Prophetだけ使う時はKemperのラックにフタをするような形で載せて使ってます(ラッキーなことにオーダーメードしたみたいにピッタリ載る)

現時点でアンプシミュレーターの最高峰Kemper
Kemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) / RACK
Kemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) / RACK

ワウやボリューム用のペダル(スプリング式)
Mission Engineering ( ミッションエンジニアリング ) / EP1-KP-GN w/Spring load
Mission Engineering ( ミッションエンジニアリング ) / EP1-KP-GN w/Spring load

米軍御用達のSKBラック(迷彩色とかあったらKemperが軍用通信機器みたいに見えて楽しかったかも)
SKB ( エスケービー ) / R3S 3Uラックケース シャローラック
SKB ( エスケービー ) / R3S 3Uラックケース シャローラック

「確かあったよなー」と探していたら出てきたオープンラック
K&M ( ケーアンドエム ) / 40900 8Uデスクトップ用ラックスタンド
K&M ( ケーアンドエム ) / 40900 8Uデスクトップ用ラックスタンド

このラックシェルフも探したらありました
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / UFA-8 1Uシェルフ 放熱タイプ
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / UFA-8 1Uシェルフ 放熱タイプ

コイツで固定

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)(42~44)

#42

13口の電源のデストリビューターです。音響機材が性能を発揮するために必要なエネルギーは、炭水化物でも水でも太陽光でも酒でもなく”電気” 唯一なので、オーディオオタクが「電源ケーブルを変えたら音が変った!」というのは、プラシーボでもオカルトでもなく普通にあり得ることです。

電力会社から供給される電源は、ノイズが混在したり微弱な電圧の変動があったりするので、ソニーが建設したレコーディングスタジオでは地下4階にある発電システムで自家発電した ”極めてクリーンな電源” を用いて全ての音響機材を稼働させています。それくらい大事。

そんなわけで、宅録erやオーオタには電源環境に多額の資金を投じる人もいますが(屋内配線全とっかえとか、工業用の200Vを引いてみたり、そもそも電柱から引き込む際に・・・とか)、僕はそこまではやってません。ノイズ対策と音質向上のためにオーディオ機器やPCに供給する電源のホットとコールド(電圧がかかる方と接地されている方)を統一しているくらいですし、この電源デストリビューターもほぼ最低ラインのもので、一応サージノイズフィルターやラインノイズフィルターを搭載していているので、壁コン直挿しとか家電量販店で売ってるタコ足より ”ややマシ” といった程度です。この部屋ではこれを3台使ってます。

TASCAM ( タスカム ) / AV-P250 パワーディストリビューター
TASCAM ( タスカム ) / AV-P250 パワーディストリビューター

#43

スピーカーセレクターです。異なる種類のスピーカーを頻繁に切り替えてモニターすることは、整った音源を作るには ”必須” なので、

・音が劣化しない
・音に妙な色付けがされない
・使いやすい
・お手頃価格

と4拍子揃ったこの製品を使っています。アクティブ(電源供給を必要とする)ですが、リレーで物理的に切り替えているので内部的にはパッシブで、そのことが音質の劣化や変化を最小限にとどめています。何より手元からワイアードリモコンで操作できる点が素晴らしい。

PRESONUS ( プレソナス ) / Central Station + CSR-1
PRESONUS ( プレソナス ) / Central Station + CSR-1

#44

フルレンジ(高域用とか低域用とかユニットが分かれていない)スピーカーです。モノラルで使っています。ミックスで一番難しいのは低域。整った環境で訓練してもマスターするには数年かかりますし(僕は10年以上かかりました)、自宅環境では一生マスターできない人も多くいます。低域を整えるのはそれくらい難しいのですが、音楽で一番大切なのはどこ? といったら、それは中域です。

このスピーカーは高域や低域を勝手に聴こえなくしてくれるので(単に ”出ない” ってこと)、ミックスの最中に意識が中域からよそへ反れるのを未然に防いでくれます。中域には楽曲中最も大切なメインとなる歌や楽器があり、またスネアやキックのアタック、パーカッション、ギターのカッティングやストロークといったリズム楽器の重要な音域でもあります(ベースラインをしっかりと聴き手へと届けてくれるのも、中域にあるベースの倍音です)

試しにEQをこんな風にしてみたら、楽曲が音楽として成立しないことがわかると思います。

中域が上手くいっていなかったら高域や低域をどんなに頑張っても良い音楽にはならないので、このスピーカーで中域に集中します。モノラルで使っている理由は、”左右にパンを振ったことで中域の問題が解決したと錯覚してしまうこと” を未然に防ぐためです。どんなに左右にパンしようが嫌でもこのスピーカーから全部の楽器の音が出てきます。その状態で整えないと ”本当の意味” で問題が解決しません。

「そんなことしなくても、スピーカーセレクターに備わったモノラルスイッチを使ったり、もしくはDAW内でモノラルにして確認すれば良いのでは?」と思う人も多いと思いますが、2台のスピーカーの中心点(そこにはスピーカーが無い)から聴こえる音は単に聴覚の ”錯覚” を利用してモノラルに ”聴こえさせているだけ” なので、その音は非常に曖昧で信ぴょう性に欠けるものです。パンで左右に思いっきり振られたギターやシンセがものすごくクリアでシャープな音像に聴こえた経験があるでしょう? つまりステレオシステムのセンター音像は、それらと比べてはるかに曖昧な存在です。

部屋のインテリアがどんなに左右対称であっても左右それぞれのスピーカーから別々に放射された音の、それぞれの反射音は状況をより悪化させますし、そもそもユニットが複数使われている2WAYや3WAYのスピーカーは、最も重要な中域にクロスオーバー周波数があるので音がゆがみますし、信号を各帯域に分けるチャンネルデバイダーによっても音がゆがみますし、高域ユニットと低域ユニットの位相差の問題によってもコムフィルター効果で音がゆがみます。

つまり中域を正確に聴き取るには、フルレンジスピーカーを単発モノラルで使う。これが最強にして唯一の選択肢です。

・・・ところが日本国内では2本セットでしか販売していないんだな!もーばかばか!!!

 
 
 

オリラジ藤森慎吾チャンネルに生徒が出演

長野県の諏訪で農業を営んでいる生徒の折井さんが作るとうもろこしが絶品!!!!! ということで、諏訪出身のオリラジ藤森慎吾さんが折井さんのとうもろこし畑を訪ねた動画がコレ↓↓↓

この動画の折井さん(左)は ”農業青年” ですが、実は3歳からバイオリンを習われてまして、「3歳からとは筋金入りですね!ではクラシックの作曲を学ぶためにこの教室へ!?」・・・と思いきや、フツーにJ-POPが作りたいというw 今は年に一度の超繁忙期で大変らしいのですが、それでも眠い目を擦りながら一生懸命勉強されてます(ビデオ中の撮影慣れした感じは、恐らくこれまで色々と取材を受けてきたからでしょうねー)

折井さんが5年前に地元の仲間と立ち上げた農園 HAMARA FARM のサイトは>>コチラ

日本ギフト大賞も受賞した、生でも食べられるフルーツよりも甘いとうもろこし ”八ヶ岳生とうもろこし” 「ついに糖度20度を超え、甘さの真髄に近づいてきました (2020.8.5)。」
今が旬ど真ん中。通販はコチラから↓↓↓

僕も今から注文します!!! 楽しみ~~~(前歯が差し歯の人は気を付けてね)