ジジイ作詞に挑む

今、作詞に挑戦しています。

ロック調の楽曲なので、僕がいいなと思っている曲のひとつ LISA の 「Rising Hope」の詞を分析してみようと思いました。

実際、楽曲の方もサビのメロディの譜割り(=リズムや詞のハマり)を少し参考にさせて頂きました。

…でジジイにはBメロ前半に出てくる、英語のラップのようなところがカッコ良く思えました。

そこで何を言っているのか調べたので日本語に訳してみます。

**********************************

pay attention

 → ご注意ください

what is it ?

 → それは何ですか?

watch your step now

 → 足跡を今見なさい

are you serious ?

 → マジですか?

no no no, don’t worry

 → いえいえ、心配要りません

1, 2, 3

 → いち、に、さん

**********************************

ここでわかったのは、

何でもいい

 
ということでした。意味なんかどうでも良くて、小5の英語の教科書を開いて、そこに乗っている ”日本人にとって響きがカッコよく聴こえる短い文章” を並べればOKということがわかりました。

これは大きな収穫だ! とはいえ、僕の曲にラップ部分は無いんですけどね

皆さんがラップ部分がある曲を作った際には試してみて(でも本当の問題はそこをどれだけカッコ良く歌えるかってこと)

 
 
 

メロディが朝出てくる

自分は朝にメロディが出やすい体質です。

そこで、出てきたメロディの断片を ”いちいちアレンジする(簡易)” ということをこのひと月してみました。
(スケッチに毛が生えたくらいのアレンジですが)

朝はブログを書く時間に当てることが多いので、この間ブログがまったく更新できていない(汗

普段、仕事の依頼でもないと曲とか書かないので、これはこれで「オレからこんなジャンルが出てくるんだ!?」の連続でおもろかった。
ブツ切りで曲の形にもなっていないものが多いですが、とりあえず足跡として貼っておきます。

9月26日:「最近の仕事でメロなしのBGMばかり作っていたせいか衝動的にメロディが書きたくなって」
Title: good sleep

9月29日:「今朝も1曲作り始めたけどBメロの途中でレッスンの時間になってしもた」
Title: Working

10月1日:「11時からのレッスンがお休みだったのでその時間を使ってちょっとスケッチ」
Title: 黄金バット

10月16日:「仕事に関係のない自作曲のメロディってたいてい朝浮かぶんだよなー」
Title: 金曜ロードショー

10月20日:「今朝はこんな感じ!!!」
Title: Park in the ghetto

10月21日:「はい!今朝のはカシオペアの出来損ないみたいなのだよ~」
Title: Catwalk

10月23日:「きのうの朝ぐるぐるまわってたメロディ」
Title: morning forest

10月25日:「今朝のひと節」
Title: 秋の風

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)まとめ

当教室の主任講師(船橋)が普段の制作の仕事に使用している機材(ハード)をブログ連載にて紹介しましたが、最後に主な機材の一覧と簡潔なコメントという形でまとめておきます。

製品の型番をクリックすると詳しく解説したサイトやショップの販売ページに飛びますので、個別の画像は省略します。


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
モニター関連 モニター・スピーカー AVANTONE Active Mixcube 1 中域のバランス、ベースとキックの確認、モノ互換確認。中音域で競合しているフレーズの整理に有用。
    MACKIE HR824mk2 2 ローエンド、ハイエンドの確認、広がりと奥行の確認。10Mとの切り替えで低域と中域の状態が掴める。
    YAMAHA NS-10M PRO 2 中域と高域の確認、低域の確認。HR824との切り替えでベースとキックの状態が掴める。
  プリメイン・アンプ SANSUI AU-D907 1 YAMAHA NS-10M PRO の駆動用。10Mとの相性は抜群。・・10Mには少々もったいない。
  スピーカー・セレクター PreSonus Central Station + CSR-1 1 スピーカーの切り替えに。手元のリモコンで操作できて仕事が捗る。内部はパッシブなので音質劣化も最小限。
  モニター・ヘッドフォン beyerdynamic DT1990 PRO 1 アレンジ、マスタリング用。雑味が無くどこまでも透明な音。クリアで細部の細部まで見渡せる。
    SENNHEISER HD660s 1 アレンジ、マスタリング用。雑味が無くマイルドで温かみのある音。クリアで広い音場。
    SONY MDR-CD900ST 1 ノイズチェック、ボーカルや楽器の録音用途。音が近いのでノイズや歪みの箇所を漏れなく発見するのに大切な道具。
  ヘッド・セット AKG HSC271 1 レッスン用、仮歌録音用。遮音性能が高いので、歌や楽器の録音時に音がヘッドフォンの外に漏れにくい。


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
オーディオ信号入出力/ADDA変換 オーディオ・インターフェイス RME Fireface UFX + 1 信号の入出力、レベルチェック、ヘッドセットマイク用。ドライバの安定度が抜群なので安心して仕事に使える。
アウトボード チャンネル・ストリップ DRAWMER 1960 1 マイクプリ、チューブコンプ、バンド楽器用。コシのある音、パンチの利いた音が必要な時に用いる。
    AVALON DESIGN VT-737SP 2 マイクプリ、オプトコンプ、チューブEQ、MIX/マスタリング用。太く粘りのある低音と透明な高域。
    UNIVERSAL AUDIO 6176 2 チューブプリはレトロ、ハイスピードコンプは何にでも使える。レシオが4から=普通~深めにかけたい時に。
  アンプ・シミュレーター Kemper Profiling / RACK 1 ギター/ベースアンプのシミュレート用。シミュレーターと思えない出音のクオリティと膨大なプリセット。
  エキサイター APHEX EXCITER 1 高域及び低域拡張用。迫力のある低域や輝かしい高域が容易に手に入る。クライアントの耳がプアな時のコケ脅しに活躍


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
  カセット・デッキ SONY TC-K666ES 1 汚し系エフェクトとして。ソフトウェアでは得られない真のテープサチュレーションがトラックに魔法をかけてくれる
マイク コンデンサー・マイク AKG C414 XLS 1 ボーカルやアコギの録音用。その他ほとんど何にでも使える。ニュートラルでクリアな音色。
    AKG C451B 1 ハイハット及びスネアドラムのボトム用。高域に特化したマイク。左右にパンさせるアコギを録っても〇
    MXL MXL V69 M-EDT 1 ボーカルの録音用。真空管マイクらしい温かみのあるヴィンテージなサウンドが必要な時に
  ダイナミック・マイク SHURE SM57 1 ギターアンプ、アコギ、スネアなどの録音用。これで録ることで”アノ音”になるのでファースト・コール
    SHURE BETA57A 1 パーカッション等の録音用。無印の57に比べるとこちらの方が高域が華やかな印象に録れる。
    SENNHEISER MD421mk2 1 キックやスネアのリアンプ用。低音楽器に最適だが、ボーカルにコレを使ってうまくハマる場合がある
    SENNHEISER E906 1 ギターアンプなどの録音用。フラットで優等生的なサウンドが必要な時に
    AUDIX i5 1 ギターアンプなどの録音用。同じ演奏を何度も録ってダブリングする際にバリエーション的に使用。
  測定用マイク beyerdynamic MM1 1 スピーカーのセッティングやルーム・アコースティックの調整用に。この価格にしては精度と信頼性がかなり高いので安心して使える。


カテゴリ 種類 メーカー 型番 台数 コメント
コマンド入力・ノート入力 フィジカル・コントローラー Steinberg CMC-CH 1 トラック・コントロール中心にコマンドを行うパッド。右手やカーソルがどこにあってもタッチ一発で超捗る
    PreSonus Fader Port 1 タッチ・センサー付きのモーター・フェーダーが非常に便利。トランスポートの効率アップにもなる
    behringer X touch mini 1 主にツマミでMIDI CCのカーブのリアルタイム入力に使用。時間を止めてマウスでカーブを描くよりスピーディー
  キーボード KORG nano KEY2 1 キースイッチはとても低い(或いは高い)ノートのことが多いので、専用にキーボードが1台あると超絶捗る
    studio logic numa compact2 1 88鍵のオルガンタッチのキーボード。ベンドやモジュレーションのバーもありスピーカーも内蔵で死角ナシ
電源 電源ディストリビューター VOLT AMPERE GPC-TQ 2 115V供給用。海外製のアナログのアウトボードやシンセにここから電源を供給することで本来のサウンドが得られます
    TASCAM AV-P250 3 100V供給用。この価格でも壁コンから直で電源を取った場合とは、ノイズと音質の面でかなり優位です。
  ステップアップ・トランス ELECTRO-HARMONIX EHU600 2 常用する115V機材には静音性に優れたAV-P250とこの昇圧トランスで電源を供給。

以上になります。仕事レベルで本領を発揮する道具なので、正直、趣味で音楽を作っている人には全く不必要なグレードの機材もありますが、将来の機材選びや今後の環境構築に何かしらの参考になったら幸いです。

 
 
 

ずるい

【ino】人類が一人もいない地球で流れるサッチモ、泣いてしまうね…(いつもここで一回泣きます)
あと、この映画のDVDオマケのパズルゲーム(対象年齢5歳くらい)が解けませんでした。オォン?

私は4さいなのだろうか?

 

すげえ・・・

レッスンの中で生徒と電源の話題になり、VOLT AMPERE の GPC-TQ というアップトランス内蔵のディストリビューターの具合が良いというので教室にも導入してみようと2台購入。

これね、、、1台18kgあるんスよ。つまり2台で36kg。マニュアルだの保証書だの緩衝材だの段ボールだのを入れたら2つで40kg近いんじゃないかな。。

これを佐川のお兄さんは台車も使わず2ついっぺんに抱えてきたんですよ、4階の一番端の教室まで! 500ml缶24本入りのビールケース3ケース分+α !! エレベーターのボタンどうやって押したんだろう!?

 
 
 

【連載】音楽制作環境(ハード)番外編

サンスイ AU-D907

僕が中坊の頃にお小遣いを溜めて購入したプリメイン・アンプ、サンスイAU-707。以前「AU-D707の程度の良い中古が18万円くらいで出ているのでいつか欲しい」と書きましたが、よく調べたらあれは楽天市場に中古をボッタクリ価格で出品しているショップの価格でした(汗

で、AU-D707の上位機種、AU-D907のメンテナンス済みの中古をヤフオクで見つけ、5万円台で落札できました! ヤッターーー
梱包を解いてラックに設置・・・20kg超の重量は腰にくる!

DSC_0004

デカい。ラックを4Uも占有

YAMAHA NS-10M PRO に繋いで音出し・・・そう!!この音!! いやー懐かしい。最新のデジタルアンプじゃ絶対に出せない音。どっしりとした低域、つややかな中域、シルクのようにキメの細かい高域、どこを取っても文句なし。定期的にメンテに出して末永く使いたい。

SONY TC-K666ES

でそのAU-D907の上に設置しているのが昔懐かしい”カセット・デッキ” という代物です。SONYのカセットデッキ TC-K***シリーズは、333、555、777と奇数が定番で、666なんていう偶数の製品は、その存在すらあまり知られていない・・・

ところがこの666はダイレクト・ドライブの3モーター方式やクローズド・デュアル・キャプスタンなど、駆動系の設計も作りも最上位機種の777を超える作り。SONYがなぜこんな機種を出したのか意味がわからん。。のちの製品につなげるための実験的な機種だったのだろうか!? SONY独自の独立懸架3ヘッド、レーザー・アモルファスなど贅沢な作り。内部のフレームなどは777よりガッシリしていてかなり剛性高そうです。どこまでも駆動系にこだわった1台。

でもって、このTC-K666にオーバーレベル気味に信号を突っ込むと、どんなテープシミュレーターでも再現できない ”見事にレトロなアナログサウンド” が得られるんだな。これも手放せない1台。

 
 

 

Fugaを分析

【ino】25秒くらい、6小節目の4拍ウラで出ているA、このオシャレさと意外性素晴らしいですね。。。
生徒から「V-IIの進行ですか?」との質問だったのですがここは導音が出ていないIV度V度の9ではないでしょうか。(コードネームで言うとB9 omit3rd)
演奏はアンドラーシュ・シフ氏。だいすき!

 

Atom tmさん

【ino】以前に書いた東風カヴァーをしているAtom tmさんことセニョールココナッツさんのライヴ映像を発見。しかも日本公演だそう。めっちゃ楽しそう…
この編成でドセンターにマックって超カッコイイな…(マックの彼がそうです)

「セニョールココナッツ」という名前のこの世の幸せとウキウキをかき集めました感に反してニコリともしないのイイネ…!

詳しい活動内容はここ。SUGOI!
https://clubberia.com/ja/artists/2102-Atom-tm/

 

サウンドハウスのコンテストに生徒が入選

これですね!

生徒が第1弾の作詞作曲に入選してSポイントを5万ポイントももらい、マイクを新調するっていってました!イーネー

自分で歌っているので声を聴いたら誰だかわかるかな!?(前回のMPCでも歌を披露してくれているので)

現在、第2弾の ”編曲部門” を募集中みたい。「5万ポイントもらったら何に使おうかなー」とか考えながら頑張ってみるのも楽しいかもですよ!

 
 
 

ケーブル

どんなケーブルを選んだら良いのか、生徒によく尋ねられます。

・・・明確な答えはありませんが、あまりに無頓着なのも、またアホみたいに拘るのもどうかと思っています。で自分なりに以下のようなメーカーから選んでいます。

ライン・レベルのオーディオ信号

つまりオーディオ・インターフェイスとスピーカーをつないだり、実機のコンプやEQをつなりだりですね。これらには “カナレ” というメーカーのものを使っています。クッソ高いケーブルから信じられないくらい安いケーブルまである中、標準的な価格で信頼性も高いので、そこらへんのバランスが非常に良い、と感じています。

マイク・ケーブル

これもカナレです。コネクタ部分がノイトリック社のものから選んでいます。理由は ”心配無用” この一言に尽きます。たまーにモガミ(ややお高い)。

ハイ・インピーダンス

エレキギターや、エレキベース、エレアコなど、ピックアップ・マイクから出力されるハイ・インピーダンスの信号には、”ベルデン” というメーカーのものを使用しています。あれこれ色々使ってみて、結局定番の#8428を使っています。”飾り気は無いがしっかりした音” そんな印象です。アンプやインターフェイスとつなぐシールドだけでなく、楽器内部の配線にもベルデンを用いています。メーター単位で切り売りしているので必要な長さを購入して自作しています(コネクタはスイッチクラフト)。

同じベルデンでもメキシコ製、中国製、アメリカ製でそれぞれ若干音が違うようですが、あまりそんなことまで気にしていません。ギターをより音楽的に演奏することの方がずっと大事なので笑

スピーカー・ケーブル

パワーアンプとスピーカーをつなぐケーブルです。約40年前、1メートル¥200円(今と物価も違うし中坊の自分にはかなり高価でした)のパイオニアの4芯のスピーカー・ケーブルから、どこでも売っている安価な2芯のスピーカー・ケーブルに替えた時、「アレ!?」と思い(楽器の分離が悪くなったように感じた)、それからケーブル類には注意を払うようになりました。

しかしながら1メートル1万円もするケーブルを使って喜んでいるような人達にはどうしても否定的な目を向けてしまいます(何億円も投じて建てられるプロユースのレコーディング・スタジオや、ラジオやテレビなどの放送局だってその30分の1くらいの価格のケーブルを使っていますので)。そういったわけで、スピーカー・ケーブルにもカナレ、4芯で贅沢にも無酸素銅(OFC)を用いたものを使っています(1メートル130円)。

ギターアンプ内のスピーカー・ケーブルにはベルデンの#9497(黒と橙の2本をよじりによじったヤツ=通称ウミヘビ)を使っています(1メートル¥300円)

BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル
BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル

こんな感じですかね! ケーブルを選ぶ際の参考になれば幸いです。
 
 
 

Official髭TONIX

【ino】髭男さん、PENTATONIXさんにカヴァーされてる!
オリジナルのビブラート少なめな歌い方まで再現してます。

ダフトパンクのカヴァーではグラミー賞を受賞しています。
人力オートチューン…!

 
 
 

生とうもろこしキタコレ

届いた

いきなり皮を剥いてかぶりつく

体験したことの無い触感と甘味。まるで梨のようにジューシー

甘すぎて麦茶が欲しくなる

茹でたり焼いたりしてみる



「なんだこれは!!!」と思う

コロナに感染したら秒で死にそうな年齢の母親に”冥途の土産に送ってやろう”と思う

あそうだ姪っ子二人の家にも送ってやろう、と思う

いけねえino先生のことをすっかり忘れていた、と思う

「そんなにあちこち送れるのかな?」と思う

 

・・・いやそんなに笑
 
 

 
 
 

昭和のビッグバンドの演奏クオリティがヤバイ

当然、ザ・ピーナッツの歌も上手いんだけど、鳴り切ったトランペットの音色と正確さ、グイグイと引っ張っていくランニング・ベースのスピード感、ドラムのシンバル・レガートのキレ、ダイナミクス。どれをとっても完璧。。

恐らく向かって右のバンド・セクションは、東京ユニオン、シャープス&フラッツ、ブルーコーツ、ニューハード、のうちのどれかでしょう(時代からして)。指揮は、この後ろ姿だと前田憲男先生かな!?(編曲もきっとそうでしょう)

打ち込み音源のしょぼいトランペットの音とか使う気失せるわー笑