【連載】My Plugin FX #08 Distortion系

大きく3つのグループに分けてます。

前はここに各社のテープシミュレーターも並べてましたが、どれを使おうが本物のテープを通した音になんか全然ならないし、「そうそう、こういう音が欲しかった」という経験も全くないので使わなくなり全て削除しました(あんなオ〇ホみたいなもん要らんわ)。磁気テープを通した音が欲しい時は実機のSONYのテープデッキを使っています。最高です。

Exciter

エキサイターはハーモニック・エンハンサーとも呼ばれますが、音声信号を歪ませて高次倍音成分を付加するエフェクトです。

【Quadrafuzz v2 / Steinberg】
Cubaseのオマケです。4バンド。歪みのタイプを5つから選択できてボーカルやアコギの高域に使うと単純明快なエッジが得られます。またチューブを2mixの中~中低域に使うと1940年代のようなサウンドが作れます。

【Ozone9 Exciter / iZotope】
上記Quadrafuzzよりも上品なかかり具合いが必要な時に使います。4バンドでタイプもたくさんあり、奇数倍音が出るタイプ、偶数倍音が出るタイプ、整数倍音全体が出るタイプなど、それぞれにキャラクターがしっかりあります。

【Vitamin / WAVES】
上記の2つとは異なり、エキサイター、コンプ、EQが合体したエフェクトです。5バンドそれぞれのフェーダーを上げるだけで複合的な効果が得られます(いかにもWAVESらしい)。フェーダーを上げると基音よりも下に”何か”が出てきますがそれが何なのかは謎です。これはこれで独特のサウンドが得られるのでしばしば用います。

Distortion

以下は上記のエキサイター、ハーモニック・エンハンサーとは違い、”歪んだ音” が欲しい時に用います。

【Saturation Knob / Softube】
ただ漠然と歪ませたい時、このサウンドがドンピシャのことが良くあります。1つのノブと1つのスイッチしかないので数秒で結果に辿り着けます。

【Saturn 2 / FabFilter】
歪み方にあれこれと要望がある場合にはこちらを用います。パラメーターが多く色々なことができます。

【Trash 2 / iZotope】
”ぶっ壊れた音”が欲しい時に使います。何の楽器の音か不明になるようなプリセットも多く刺激的です。飛び道具です。

【Bitcrusher / Steinberg】
これも飛び道具。ビット深度を極端に下げた時のデジタルな歪み&ノイズが得られます。ヒップ・ホップや一部のエレクトロと相性が良い。

【BIAS Pedal / Positive Grid】
ギターアンプ・シミュレーターのストンプ部分を抜き出したエフェクトです。ギター以外のトラックに使うことで面白いサウンドが得られたりします。

Amp Simulator

【BIAS FX 2 / Positive Grid】
よく出来たプラグインのギターアンプシミュレーターです。エレキやエレベを自分で弾くような場合にはKemperを使いますが、ササッとデモを仕上げるような時にはこれが重宝しています。今のところほとんどプリセットを選ぶだけの使い方に終始しています。

【Vintage Keyboard FX / Overloud】
数少ないキーボードアンプのシミュレーターです。ローズ、ウーリー、クラヴィなどを用いる時には大抵これを挿してます。パラメーターが少なめでとても使いやすい。モジュール式になっていて痒いところに手が届きます。

【PSP L’otary / PSP Audioware】
ハモンド・オルガンなどに用いるレスリー・スピーカーのシミュレーターです。これをオルガン以外の楽器に用いるのが面白い(オルガンの専用音源にはスピーカーのシミュレーターはついてますから)

【VST Bass Amp / Steinberg】
BIASにもベースアンプ・シミュレーターは入っていますが、腰が高い印象の音が多いので、トレース・エリオットのような重低音のベース音が欲しい時に用います。

【Blue Cat’s AcouFiend / Blue Cat Audio】
エレキのフィードバック(マイクで言うところのハウリングみたいなもの)は、アンプを超爆音で鳴らして弦を揺らさないとフィードバックが起きないので、住宅地でやると警察が来ます。なのでサツのやっかいにならないようこのフィードバック・シミュレーターを使います。安全第一。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #07 Frequency

【Frequency】ダイナミックEQ / Steinberg (Cubase 付属)

オーディオの録音レベルが低かったり、音源からの出音のレベルが低かったり、そういった低いレベルの信号に低いレシオでコンプを使う際、スレッショルドを一番下まで下げ切っても必要なリダクションが得られないことがあります。そんな時はコンプの前段で単純にゲインを上げたい。

その場合、Gainer という “レベルを上下するだけ” のプラグインが便利なのですが、僕がしばらく使っていた kHz(キロハーツ)のその名も “Gainer” が、32bit内部処理のプラグインだと気が付きまして(“bitter” というフリーのプラグインでプラグイン・エフェクトの内部処理が何bitなのかが調べられる) 、それで64bit処理のものが無いかと他を探してみたものの使い勝手のよさげなものが無い。そこで Cubase オマケの Frequency をゲインを上下するために使っています。・・・そのためだけに使うにはちょっとデカい気もしますが。

使うのは右下のフェーダーだけ。うっかりどこかを触ってしまってEQが働いては困るので、全てのバンドがoffで立ち上がるようにデフォルト設定して使っています(自称まっくらモード)。

これ、DAWのオマケ・プラグインとは思えないほど優れたEQですが、6dBごとに入っているゲインの目盛が4ミリくらいの幅しかないので笑(カーソルを4ミリ動かしたら6dB動いちゃうってこと)、小数点以下の調整には全く不向きということで使っていません。でも Gainer として重宝しています。

最もよく使うEQとダイナミクス系はこれで全部です。いちいちフォルダーを開くのも面倒なので出しっぱなしです。クリエイティブなアイディアは脆く儚いものなので、「えーとえーと」なんて探している2,3秒の間にイメージがどこかへ飛んでいっちゃう。だからサッと触れることが大事です。

それと使うエフェクトを限定することでそのエフェクト自体の操作にも精通するので、何をするにしてもパパパっと手際よく作業が進む。そうするとアレンジやミックスの作業全体にリズムが出てきて脳がいわゆる「ノッた状態」になり集中力も高まります。そんな状態をぶった切る「えーとえーと・・・」という時間を無くすことが僕にとって大切で、それゆえ使いもしないものをズラズラと並べたくないのです。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #06 MSpectralDynamics (ブラックフライデー)

最上部付近の並び順が少し変わりました。

①FabFilterのディエッサーがあまりに優秀で、iZotopeRXのDe-essが1ミリも必要なくなったので外しました。

②MeldaProductionのMSpectralDynamicsがアホみたいに優秀で、FabFilterのPro-MB(マルチバンド・コンプ)を全く使わなくなったので外しました。

よって今回は、MSpectralDynamicsについて解説します。

【マルチバンド・コンプレッサー】

僕の中でマルチバンド・コンプは ”問題を外科手術的に大胆で緻密な手法で解決する” といったツールです。ダイナミクスに関する大抵のことはシングルバンドのコンプ、エキスパンダーやゲート、トランジェントシェイパー、ダイナミックEQ、EQとコンプとサイドチェインの併用・・・、などで何とかなります。でもこれらで解決できない問題に突き当たった時、マルチバンドコンプが必要になります(トラック間の帯域の競合とか、マスタリングとか)

よく初心者が広告やセールに踊らされて購入したWAVESのL3-16などのマルチバンド・コンプをマスタリングに使っているのを見かけますが、”どれだけ犠牲を払っても音を大きくする必要がある” というジャンルでない限り、セクション間のサウンドのコントラストが失われて音楽性を損なうので、僕はマスタリングに盲目的にマルチバンド・コンプを用いるのには疑問を感じます。もちろん第一線で活躍するマスタリング・エンジニアが全てを鑑みて用いることに疑問は感じませんが(でもそういった次元でお仕事をされている方でもだいたいシングルバンドのコンプを使ってマスタリングしてますけどね)

さて、もしアホみたいに音を大きくしたいわけでも無いのに2MIXがマルチバンド・コンプを必要としているように聴こえたとしたら、それはミックスが失敗している証拠です。自分が作った2MIXならミックス作業に戻って失敗を修正すればいいけれど、他人様から預かった2MIXをマスタリングする場合にはそうもいかないので、そういった時にマルチバンド・コンプの出番になります。

【MSpectralDynamics】スペクトル・マスタリング・ダイナミクス・プロセッサー / MeldaProduction

統合型のダイナミクス・プロセッサーです。これには、

・フラッティング
・コンプレッサー
・ディエッサー
・デノイザー
・ダッキング
・ダッキング(ベース・ドラム)
・ゲート
・スペクトラルクラッシャー

といった機能がありますが、僕は単純に2MIXにファンキーなピークがあったり、キックとベースの帯域的な競合を整理する時にマルチバンド・コンプとして使っています。

普通、マルチバンドというと6バンドだったり10バンドだったり、WAVESのL3-16のように16バンド(表面には6バンドしか現れませんが背後では全16バンドが機能している)だったりするわけですが、このプロセッサーのバンド数は1000バンド以上です。1000バンド笑

Cubase のチャンネルEQで表現すると、

つまり単に全体のスレッショルドを下げるだけで、2MIXの中でスウィープするシンセサイザーの強力なレゾナンスを追従して圧縮してくれたり、キックをトリガーにしてぶ厚いシンセパッドを圧縮するような時に、キックの基音や各倍音の周波数を ”ピンポイントで” 圧縮してくれます。

で、それら多バンドの帯域毎のスレッショルド、アタック・タイム、リリース・タイム等は、カーブを描くことで調整します。ちょっと変わったアプローチなので、使い方を覚えるのにはかなり苦労しました(日本語の情報もほとんど皆無ですしチュートVもみんな外国語)。

今セールしてるみたいですよ。使いこなす勇気のある方はどうぞ。
https://www.meldaproduction.com/MSpectralDynamics

 
 
 

紅白

【ino】紅白出演者が発表になったそうで、歌い手さん?が入ってるのびっくり。
あと布袋さんって初出場なんですね。。

もう紅白とかいう時期なの…体感的に10月なんですが…そうですか…

紅白出場者一覧

 
 
 

41年前のモントルー

高校1、2年くらいだったと思う、ピアニスト松岡直也さんのバンド “ウィシング”にどハマりして、このライブ・アルバムもレコード盤が擦り切れるほど聴きまくったけど、まさか映像があったとは。。

シビれる・・

当時の超一流若手スタジオ・ミュージシャンで構成されたジャパニーズ・フュージョン・ラテンバンド in モントルー

内容紹介(Amazonより)
世界にラテン・フュージョンの洗礼を浴びせた伝説のライヴ映像を初のデジタル・リマスタリング&DVD化!
『松岡が創造したものには、彼のものだという以外にはレッテルの貼りようがないのだよ。
かれらは、世界的に例をみない斬新的でオリジナリティー溢れるグループだ。』
(クロード・ノブス/モントルー総合監督、プロデューサー)

早速DVD注文しちゃいました!!!
楽しみだーーー

Cubaseアップデートの不具合(かも)

【ino】どのタイミングで発生するのか分からないのですがCubaseのバージョンアップ後、
スタインバーグ制プラグインが一般エディター表示されちゃう不具合?があるみたい。

↓一般エディターとやら

ダウンローダーではなく、スタインバーグ本家からexeをダウンロード→実行でなおりました。

原因がわからず1日かかりましたよ…
同じ現象が出た方はやってみてください…

 
 
 

月イチの・・・

日々教室のレッスンに忙殺され、教室がお休みの月曜や金曜は制作の仕事と溜まった家事の始末に明け暮れるという生活を送ってます。

が、”月4回” でレッスンを受けている生徒も多いので(毎週欠かさず受講するという生徒は全体の4分の1くらい)、毎月29日以降は予定が少しまばらになります(といってもココナラオンリーでレッスンを受講している生徒やカウンセリングが入ってきてだいたい埋まっちゃうんだけど)

でも運よく午前中がガラーンと空く時があるんですよ・・

それが今日!!!

そんな日の前の晩は大抵飲み過ぎて翌朝起きても酒が残ってます・・

それが今日!!!

プレモル500をふた缶くらいいってから上記でドライマティーニへ移行。もうジジイなんで無粋と思いつつもあまりドライでないレシピで(・・・それでも残るわい)

で、そんな日は大好物の朝風呂に入っちゃうんですが・・

それが今日!!!

この茶色いヌルヌルしたやつに、この白いのをちょっと混ぜると泥水みたいな色になって、・・・かなり温泉気分。

・・・気分だけね。温泉いってる時間ないんで。。

ではいってきまーす!

書いてるうちに酒ちょっとだけ抜けてきた!

10年も習ってる生徒が2人そろって来月からお休みだって・・・さみしい。。

風呂で泣こう

・・・笑

バイチャ!!

 
 
 

素晴らしい演奏でした

僕が感動した3次予選の後の反田さんのインタビューはまるでお通夜のよう。今にも泣き出しそうな面持ちで「今まで応援ありがとうございました」と。落ちる気まんまんやないか笑

うーん、、英雄ボロネーズで何度かミスタッチはしていたけど、そんなに悪かったのかな。。さらにその後のインタビューでもステージを降りた後、ずっと泣いていたと。

僕は素晴らしいと思ったけど、想像のつかない次元で戦っている人にしかわからないことってあるよね、、、と思っていたら、まさかの3次予選通過!=決勝出場決定!

一度は失った命、もう失うものは何もないはず。必ずやのびのびとした演奏を聴かせてくれる、ハズ!!・・・そう思っていたら、今日の決勝、天下のショパン・コンクールの決勝(当然オケ付き)という晴れ舞台だというのにウィングカラーのドレスシャツになんとノータイ(追記:あまり関係ないみたいです笑)、しかも第一ボタンを外して登場した時点で「やっぱり吹っ切れてる!!!」・・・そう思った通り、演奏も吹っ切れていました。本日の演奏、実にのびやかで素晴らしかったです!! 良さが全て出てました。演奏中、ライブ映像に向かって何度も拍手をしてしまった。。

本日の決勝初日はファイナリスト12人中4人が演奏(反田さんは三番目)。

一人目はとろけるような甘美な演奏、、しかし初日のトップバッターということで少し緊張感が音に出てました。オケもまだ温まっていない固さの残る演奏。

二人目は論外。

そして反田さんの演奏。のっけから素晴らしい!! オケもものすごくいい演奏をしていました。オケのひとりひとりがとんでもなく素晴らしい音楽性を携えた方々ですから、素晴らしい演奏には心が反応するのは当たり前のことです。相乗効果というヤツです。オケの演奏が超イキイキとしてました。そして、演奏終了と同時にクイ気味で割れんばかりの拍手喝采。スタンディング・オベーションも見受けられました。

演奏終了後の晴れやかな笑顔、舞台裏の階段で待ち構えるカメラに向かってビシッとVサイン!

その後のインタビューでもこの通り。

拾った命で戦ったサムライの演奏、実に素晴らしかったです。ある時は暖かいクラリネットのように、ある時は輝かしいトランペットのように、7色の音色を聴かせてくれました。「まるでピアノじゃないみたいに聴こえる!」と何度も感じました。

その後ファツィオリ(Ivory2 の Italian Grand がコレ。中音域に存在感のある素晴らしいピアノ)を使用する4人目(本日最後)の女性の演奏がありましたが、彼女の演奏は・・・”まずまず”といった聴こえ方でした僕には(すんげー上から目線w)

演奏後しばらく拍手が鳴りやまずカーテンコールにも応えていましたが、本日最後の演奏ということもあったでしょう。拍手の半分は本日出場の4人全員と、オケの団員全員と指揮者に向けた拍手のはず。

そんなわけで本日の1等賞は反田さんで間違いナシ。3次予選での失敗がこんなに素晴らしい決勝の演奏につながった、というわけです。

で、日本人は反田さんの他にもう1名、小林愛実さん(反田さんの小学生の頃からの幼馴染みだそうです)が残っておられます。この方の3次予選の内容がまた実に素晴らしかった! ぜひもう一度、、いや3次予選以上の演奏を聴かせてくれたら、これはまた素晴らしい結果につながるのでは、と期待が膨らみます。

そんなわけで、そもそもショパンコンクールの話題を振ってくれた生徒(MPCに#38:Bottles and Grapes で参加してくれた阿部くん)とSkypeで情報を交わしながら見守っている次第です。

「先生知ってますか?」
「知ってるけど何か?」
「2次予選が終わって日本人が5人も残ってるんですよ」
「まじか!!!」

ってね。
 
 
 

MPC2021 summer 総評


主催者総評

主任講師の船橋です!

今年も無事MPCを開催することができました! 参加して下さった皆さん、各楽曲に丁寧にコメントして下さった(現在も進行中かと思いますが)皆さん、盛り上げて頂いて大変ありがとうございます!

「この教室の他の生徒ってどのくらいのレベルなんだろう」
「他のみんなはどんなジャンルやサウンドの音楽を作っているんだろう」
「DTM関係の知り合いが全くいないから誰かと繋がれたらいいな」

こういった生徒の気持ちに十分応えられる大会になったと思います^^

まだまだフォーラムでは宴もたけなわ、コメントマラソンが続いていると思いますが笑、主催者としてこのあたりで総評を述べたいと思います。総評を書くにあたって、全楽曲をもう一度まるっと聴き返しました。いやー、ゼロからものを創る楽しさがひしひしと伝わってきました!

【総評】

まずは「普段の勉強をしっかり曲に生かしてくれているな」と感じる曲が非常に多かったです。和声の勉強やアナリゼ、コード進行、楽器編成、楽曲構成、リズム、音作りやミックスなどなど…(講師冥利に尽きます)。これからも精進して、より思い通りの楽曲が作れるようになっていって欲しいと思います。

また、今回ほぼ思いつきで始めた ”カテゴリー2” も大成功だったと思います。ほとんどアレンジされていなくても聴く人に「おっ、いいね」とか「おもしろい!」と思わせる音楽は作れる、ということが証明できたような気がします。次回もカテゴリー2を設けたいと思います!

カテゴリー1の方は、かなりのクォリティの作品がいくつもありましたが、全体としては中級層が厚いといった印象を受けました。その中級層の生徒達が今後より高い次元へと上がっていってくれるのがとても楽しみになりました。

ino先生曰く、これまでと比べて年齢層が若くなったような印象を受けたということ、それと気張らずに(途中ですとか、まだ歌が入ってませんなど)参加してくれる生徒が増えたのは良かったと仰られてました。

最後に、何と言っても今回は ”個性がバクハツ” という回だったと思います。音楽ジャンルってこんなにあったっけ!? と思えるくらい多種多様…。ジャンルという枠組みで括り切れない自由な発想で楽曲制作をされていることに例年以上に感銘を受けました。普段の堅苦しい”お勉強”とは裏腹に、のびのびと創られていることが何より素晴らしいと思いました。

以上を持ちまして総評とさせて頂きます!
コメントマラソンの方、引き続きよろしくお願い致します!!>>> MPC (音楽制作大会)
 
 
(楽曲に対しての個別評価・アドバイス・感想をご希望の方はレッスンで、もしくはSkypeかメールでご希望をお伝え下さい。力を伸ばして欲しいので辛口アドバイス致しますよ!!)
 
 
 

MPC真っ最中の中のショパン・コンクール

5年に一度のショパン・コンクールが真っ最中

3次予選の反田さんの演奏、息をするのも忘れて見てしもた
見てる最中はもちろん、見終わってからもしばらく涙がとまらんかったわ

 
 
ピアノってすごい楽器なんだな

ショパンってとんでもない人なんだな

世界にはこんな演奏する人ゴロゴロおるんやで(ゴロゴロは言い過ぎか笑

 
 
いや音楽ってやっぱりすごいんだな
人間、捨てたもんじゃねえな
自分が普段やってることがままごとに思えるわ

 
 
こんなレベルから見たらオレも生徒も大差まったくなし
運よく仕事にできたかどうかくらいの違いだな
100メートル上空から見たら、10センチも15センチも同じよ。
(本人たちには1.5倍でもな)

 
いやー、しばしば芸術音楽に触れないと忘れることあるわ
こわいこわい

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第7弾(最終回)


カテゴリー1の第7弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第7弾、全51曲の今回が最終回になります! #49は僕が締め切り直前に無理強いしました。徹夜させちゃったみたい・・・ごめんね^^; ではみなさんコメントよろしくです!!>>> MPC (音楽制作大会)

#44:live of life / Noir
コメント:ドラムを1オクターブ下げてみたらミックスが激ムズ

#45:しっとりチョコ / Chocolat
コメント:名前の通り、甘いもの(というより食べ物)が好きです。

#46:天の河 / Chocolat
コメント:身内に依頼され作曲しました。

#47:明けない夜の理由 / さおり
コメント:あまのじゃくな気持ちで作った曲です

#48:氷点下 / kiri
コメント:冬より夏のが嫌いですけどね

#49:遺品 / kiri
コメント:処分しておかないとまずいものってありますよね

#49:The 疲労困憊ズ / せきや
コメント:結局徹夜でした。。。

#50:にぎやかな街 / ボヘミアンテラス
コメント:故郷より少し栄えた街の朝と晩

#51:ステージ1 / ボヘミアンテラス
コメント:ファミコンのアクションゲームのイメージ

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第6弾


カテゴリー1の第6弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第6弾です。次回はいよいよ最終回です! 今回もコメントよろしくです>>> MPC (音楽制作大会)

#38:Bottles and Grapes / 阿部芳樹(kawausomando)
コメント:ジャズの勉強中なので、ジャズの曲を作ってみました

#39:出逢えてよかった / なーちゃん
コメント:メロとアレンジに納得していない

#40:アンデッドモンスター / RaKDo
コメント:初のボカロ挑戦MVです!強く生きたい人の曲です。

#41:ステルスガール / RaKDo
コメント:短めのピアノポップに多くの展開を持たせてみました

#42:Peek A Boo / Nishikawa Yasunari
コメント:自分が聞いたことが無い音楽を作っています!!

#43:初音ミクの習作 / 2さ
コメント:一年前に作ってた初ボカロです。リメイクしたいです。

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細