Visionary Music Sketches 5~スポーツの明暗2~

スポーツニュース向けのインストゥルメンタル音楽集。全国テレビ局の報道番組、情報番組等のBGM集。スポーツの明暗をメインテーマに“勝利の喜び”“敗退の哀しみ”“勝負前の緊張感”などを表現する楽曲を収録。 (C)RS

今回はCDのマスタリングと、アルバム中4曲の作編曲を担当させて頂きました。ino先生のオケが大迫力です!・・発売はかなり先ですが。

マスタリング・・大変だった。疲れた。。

発売日: 2020年03月25日
アーティスト: (V.A.)
発売元: (株)ドリーミュージック
販売元: 日本コロムビア(株)
ディスク枚数: 1枚(CD1枚)
総曲数: 37曲(アルバム)
収録時間: 78分
メーカー品番: MUCE-1033
JANコード: 4582114165692

 
 
 

MPC2019-2020 第8弾(最終回)

第8弾(最終回)(1月29日公開)

#36 ぼくのまち / MISAWA
コメント:昨年の作品をパワーアップさせました!

#37 breath / ino 講師
コメント:自由に楽しく作れました!

#38 ねこの夢 / panos
コメント:子どもの頃みた映画のイメージです。

#39 北綾瀬の女 / のりよし 講師
コメント:あるOLの哀歌

#40 八月と蝉時雨 / Hiroyuki
コメント:初心者です。気ままに作曲していけたらと思っています

#41 にきび / まめ
コメント:両想いにきびのジンクスと恋の行方の歌です

 
 
 

MPC2019-2020 第7弾

第7弾(1月27日公開)

#31 13日 / te_haru
コメント:まったり作りました。まったり聴いてください。

#32 柴犬の冒険 / kyolice
コメント:柴犬をイメージして作りました。

#33 Sing Sing Sing / あんどん
コメント:暖冬とはいえ寒いですね

#34 僕だけのマドンナ / よーすけ
コメント:主人公が同じクラスの女の子を好きになったお話です。

#35 ヒットパレード / のりよし 講師
コメント:あーーーおもしれかった

 
 
 

MPC2019-2020 第6弾

第6弾(1月25日公開)

#26 決着の時 / Nfree
コメント:はやい。戦闘用を意識したものです。

#27 Start / まめ
コメント:妹に男性アイドルっぽい曲と言われました。

#28 森 / ボヘミアンテラス
コメント:気付いたら迷い込んでいた、何か出そうな森のイメージ

#29 ピアノ / Hyuko
コメント:まっさらな気持ちです

#30 絶望的なその愛で / 山口
コメント:曲名付けと作詞苦手過ぎるので意味ありげな適当です。

 
 
 

MPC2019-2020 第5弾

第5弾(1月23日公開)

#21 Tea time / たま
コメント:これからも精進します!

#22 you’re in a good mood / Maront
コメント:ご機嫌な気分を、歌もののモータウン風の曲で。

#23 ばけねこの恋 / Nfree
コメント:ゆっくり。化け猫も恋をするはず。

#24 KOITOKE / nynn
コメント:ハリーとメガンの物語がインスピレーションとなりました

#25 故郷の町 / ボヘミアンテラス
コメント:のどかさとどこか寂しさのある町のイメージです

 
 
 

MPC2019-2020 第4弾

第4弾(1月21日公開)

#16 この思いよ届け / 楓優
コメント:初の作詞に挑戦してみました!!

#17 境界のカナタ / U(Gt:ケンケン Vo:るる ベース&その他:U)
コメント:儚さ感やもどかしさをテーマにしてみました

#18 深海の夢 / こさと
コメント:海の底でみる夢のようなイメージでつくりました

#19 Hard magnetic field / タヌッキー
コメント:春のコミケで頒布予定のCD内に入る曲です。

#20 Sail / 阿部芳樹
コメント:最近失恋話をよく聞くのでそういう曲を書いてみました

 
 
 

MPC2019-2020 第3弾

第3弾(1月19日公開)

#11 三刀流 / 久
コメント:ギター/ベースの代わりに箏/十七弦を使った和ロック

#12 南米か! / 山一
コメント:全体にざらついてます。低音部の処理に苦労しました。

#13 叶えるよ / Chocolat
コメント:曲も歌詞も苦労しました。

#14 夏の夕立 / Kenichiro Goto
コメント:激しい夕立から晴れ間が出るイメージを曲にしました。

#15 星屑スターダスト / 美広まりな
コメント:何かに所属する不満と堂々巡りをテーマに作りました!

 
 
 

MPC2019-2020 第2弾

第2弾(1月17日公開)

#06 ついていこう / I can…with god
コメント:イースターのための賛美歌を父と妹二人でハモりました

#07 Hell of Light / Kure
コメント:眩いばかりの光による容赦ない暴力。ビデオアート。

#08 鳥が逃げた日 / kiri
コメント:ぶっそうな世の中だ

#09 ROBOT NINJA / 駄歌詞屋
コメント:忍びの者でござる。

#10 道のり / 永奈
コメント:素敵な曲を沢山作りたいです。よろしくお願い致します。

 
 
 

MPC2019-2020 第1弾

せっかくだからブログでも公開していくよ!
第2弾も今日中に公開しま~す♪

第1弾(1月16日公開)

 
#01 教会の彼 / I can…with god
コメント:クリスチャンの彼を好きな彼女の心模様を曲にしました

#02 黒と白のマーブル―The Black and White Marble / Kure
コメント:一緒に活動しているダンサーの方とのコラボ作品です。

#03 9の罪 / kiri
コメント:80年代の王道の曲っぽくなりました 

#04 ミモザとブラック・ベルベット / 駄歌詞屋
コメント:いけ好かない男と女。

#05 雪降る町 / ただすけ
コメント:雪が降ると、ワクワクするあの感じを目指しました

 
 
 

第5回 MPC(音楽制作大会) 2019-2020

あけましておめでとうございます。
新年の挨拶をわすれてました(爆

はじまりましたMPC

1年半ぶりですので、顔触れも随分と変わった一方でお馴染みの方々も健在^^

今は習っていない生徒の参加も超ウレシイ一方で、初心者なのに勇気を奮って参加してくれる生徒の心意気(思いやり?)にも感謝。

↓↓↓ではどうぞ↓↓↓

第5回 MPC2019-2020

MPC締め切り延長

諸事情あって、MPCの締め切りを延長するッス!

・提出期限:2019年12月31日23時59分
・提出期限:2020年1月15日23時59分

普段のレッスンで習ったことのないコードやミックスの手法とか、何をしようが自由ッス! 引き続き力作を待ってるッス!
詳細はコチラッス↓↓↓

ではメリークリスマッス!!!

 

MPC2019-2020

5回目となる今回は、「右も左もわからず習い始めて1年程度・・・」という生徒が多く、恐らくこれまでで最も初心者・初級者率の高い大会になりそう。。

僕やino先生も書下ろし楽曲を提出する予定なので、そんな初心者のみんなも勇気を出してぜひ参加しておくれ!
個性豊かな楽曲、楽しみにしているよ♪♪♪

 
 
 

東野純直『Mr.Cook』4月24日 リリース決定!!

光栄なことに東野純直さんの13枚目となるオリジナル・アルバムに楽曲を提供させて頂きました!!

『Mr.Cook』東野純直

メディア掲載レビュー:デビュー25周年記念となる、8年ぶり13枚目のオリジナル・アルバム。現在の“東野純直”のありのままを、飾らず気取らずに表現する等身大の作品。普遍的な王道のPOPSは健在で、時代に迎合しないオリジナリティ溢れる作品となった。

発売日:2019年4月24日
アーティスト:東野純直
発売元:Star Radio Records(株式会社八王子エフエム)
販売元:キングレコード株式会社
ディスク枚数:1枚(CD1枚)
総曲数:10 (アルバム)
収録時間:–
メーカー品番:QECH-2
JANコード:4573104130042

下記リンクよりご予約可能です
 Amazon 
 HMV & BOOKS 
 TOWER RECORDS 
 楽天ブックス 

『ウデマクラ』written by f-ino

提供させて頂いた楽曲は『ウデマクラ』(アルバム3曲目)。f-ino(僕とino先生のコライト)による作曲です。ここ数年歌モノに力を入れて精進してきた結果が出始めた・・・ということだと嬉しいのですが(まだどうだか)

東野さんは2件の人気ラーメン店を経営していらして、実際厨房にも立たれるんですよ!ラジオのパーソナリティもされている多才な方です。オフィシャルサイトはこちら!→東野純直 Official Site
 
 
 

Steinberg WaveLab Pro9.5でCDアルバムを作成

CD・・・今となっては前時代的なメディアになっちゃいましたね。とはいえ所有欲の比較的強い、オタク系の人達の間では根強くCD文化は残っていますし(コミケでのCD販売、アイドルのCD購入等)、また「パソコンやスマホは苦手だし今さら・・・」というご年配の方もやはり音楽を聴くならCD。うちのオカンもCDラジカセで美空ひばりを聴いてます。

お気に入りを集めてCDを焼く

で今回、Steinberg社からリリースされている ”WaveLab Pro9” というマスタリング・ソフトを使って音楽CDを作成しましたので、簡単に手順を記しておきます。なぜかってこのソフト、ウェブ上の日本語情報がマジ少ない! わからないことがあってググりまくっても何もイ出てこない! ・・・英語なら情報いっぱいあるんですけどね。そんなわけで、どこかで困ってる誰か(日本人)がラッキーにもここに辿り着いたらウレシイんじゃなかろうか? ということで。

オーディオ・モンタージュ

CDを制作する時には、このソフトでは ”オーディオ・モンタージュ” というものを作るんだそうですよ。ハイこの時点でもう意味がわかりませんね。たくさんのオーディオ素材を寄せ集めて、ひとつのファイルなりメディアなりにまとめるので、それを ”モンタージュ” と呼ぶことにしたみたいですよWaveLabでは。

空のプロジェクトを開き・・・

ファイル>新規>オーディオ・モンタージュ>テンプレート>CD Standard、ですよ。

ファイル>ファイル構造をほじくっていって>CDに収録したい音声ファイルを選択

下のエリアにドラッグ&ドロップするとこんなダイアログが出るので、通常のCD制作の場合、”現在のトラックに・・・順に並べる(リニア)”を選択せよ

すると下の窓にズラッと各音声ファイルが並びます。

この時点で曲間はデフォルト設定値(確か2秒)になりますが、あとで変えられるので気にしない。

次に、曲ごとの音量を揃えたいですよね。デジタル音声信号の音量は3種類の値で示されます。

★ピーク・レベル=瞬間の最大音量の値
★RMSレベル=一定時間内の音量の平均値
★ラウドネス=楽曲やドラマや映画全体の音量

放送業界の音量戦争

その昔、音声のデジタル化や、マキシマイザーの普及に伴って、TVCMの音量が「他社に負けまい」と馬鹿みたいにデカく作られていた時期がありました。番組とCMの音量差や、チャンネル間音量差がある種の社会問題となり、その後厳しい音量規定が設けられて現在に至っていますが、その基準には、もっとも聴感上の音量に近いとされる、”ラウドネス値” が用いられています。

で!このソフトには、”楽曲ごとのラウドネス値のバラつきをなくす” という夢のような機能がありまして、それを使用すると、曲ごとにバラバラだった音量が一瞬で揃えられてしまいます。モンタージュの、ファイル>処理>メタノーマライザーです。メタノーマライザー!!、なんか名前もかっけー!!

「メタノーマライザーーーーーーーーー!!!」と叫びながらボタンをポチると、こんなダイアログがイ出てきます。

ラウドネス値の最も高いクリップに全曲揃えてもいいですし、もしそれでオーバーレベルするようなら、デジタルピークを制限するなり、絶対値で-17LUFSなどと指定してもいいでしょう。ちなみに日本の公共放送は、番組全体の平均ラウドネス値が、-24.0LKFSになるよう作らねばならない(誤差1.0LKFSまで許容)という規定になっています。現在、NHKを含む全ての放送局、全てのCM、全ての番組(生放送含む)が、ラウドネス値:-24.0LKFS(±1.0)に沿って作られています。

奥さん見てコレほら! たくさんの楽曲が一瞬で目標のラウドネス値に!!

さてCDを焼く準備として、曲間の時間を設定しましょう。アプリケーション・ウィンドウ上部のメニュー、CD>機能>詳細設定で、以下のダイアログが開きます。

最上部の2項目にチェックが入っているか確認。ここでマーカーを作成することでランダム・アクセスが可能、つまりCDプレイヤーで「どの曲のアタマに飛べる」ということです。次に曲間の空白時間を好みで設定。曲間の標準は「昔4秒今2秒」。現代人はせっかちだー

さて、下の黄色い枠の左には、ISRC(国際標準レコーディングコード)という国際的なレコーディング(録音物=楽曲)管理番号を入力します。ISRCは録音ごとに付けられるので例えば15曲入りなら15曲分、もし同じ曲のリミックスや別バージョンが入っていればそれにも与えられます。これは録音物が放送などで使用されたときに,その権利関係の取扱いを簡単にする目的で与えられる世界基準のコード。日本国内では、日本レコード協会が発行しています。

右側の黄色い枠は、JANコードといって商品コードですね、それを入力します。製造メーカーなどが、然るべき機関に申請すると発行されるもので、どこでも見かけるバーコードは、このJANコードを図形化したものです。

諸項目を入力してOKすると、各クリップの曲間が整えられると同時に、クリップの先頭にマーカーが入力されています(マーカー・タブで確認)

さ、あとは焼くだけですね! なぜ一般的に ”CDを焼く” という表現を使うのかというと、CD-Rの表面に強力なレーザー光線を当てて、光が反射しない点や線を描いていくからなんですね。あたかもレーザー光線がCD盤面を”焦がして”いるかのようだからです。

ドライブに空のCD-Rを入れて、上部CDタブ>機能>オーディオCDまたはDDPの書き込み、と進むとこんなダイアログが開きます。
上部の窓でドライブを選択、次に書き込み速度を選びます。書き込み速度を落とした方が、理想的な位置に理想的な形の “精度の高い焦げ” が作られるので、再生した際の ”読み込みエラーとその補完” の頻度が減って、結果として音が良くなります(CD-Rのメーカーやグレードによってもかなり変わりますが。長らく太陽誘電のCD-Rが音楽業界のデファクト・スタンダードになっていたのは、やっぱり音が抜群にいいんですよね♪)。

だから昔はよく等倍速、つまり再生するのにかかる時間と同じだけかけて焼くということをしましたが、今のドライブは48倍などの高速書き込み対応なので、そういったドライブであまりにゆっくり焼くと、モーターの回転精度とか、回転軸の精度やベアリングの精度などによって、逆に良くない結果になっちゃうんですよね。それで等倍速とか2倍速なんていう選択肢は選べないようになっています。ドライブを選んで表示された中の最も遅い速度で焼くと良いでしょう。

また当然、書き込むドライブも、PCに搭載されている1500円のドライブより、高額な業務用のCDライターの方が断然音がいいです。これもSONYの何がいいとか、TEACの何がいいとかありましたね。・・・今はもうDDPの時代だから、仕事にCD-Rは使われなくなりました。DDPについては、またいつか書きますね。

ハイあとは、焼き上がってトレイがシャー!っと出てくるのを待つだけですね。一般のCDよりCD-Rの方がキズがつき易いのでご注意を!