【連載】My Plugin FX #08 Distortion系

大きく3つのグループに分けてます。

前はここに各社のテープシミュレーターも並べてましたが、どれを使おうが本物のテープを通した音になんか全然ならないし、「そうそう、こういう音が欲しかった」という経験も全くないので使わなくなり全て削除しました(あんなオ〇ホみたいなもん要らんわ)。磁気テープを通した音が欲しい時は実機のSONYのテープデッキを使っています。最高です。

Exciter

エキサイターはハーモニック・エンハンサーとも呼ばれますが、音声信号を歪ませて高次倍音成分を付加するエフェクトです。

【Quadrafuzz v2 / Steinberg】
Cubaseのオマケです。4バンド。歪みのタイプを5つから選択できてボーカルやアコギの高域に使うと単純明快なエッジが得られます。またチューブを2mixの中~中低域に使うと1940年代のようなサウンドが作れます。

【Ozone9 Exciter / iZotope】
上記Quadrafuzzよりも上品なかかり具合いが必要な時に使います。4バンドでタイプもたくさんあり、奇数倍音が出るタイプ、偶数倍音が出るタイプ、整数倍音全体が出るタイプなど、それぞれにキャラクターがしっかりあります。

【Vitamin / WAVES】
上記の2つとは異なり、エキサイター、コンプ、EQが合体したエフェクトです。5バンドそれぞれのフェーダーを上げるだけで複合的な効果が得られます(いかにもWAVESらしい)。フェーダーを上げると基音よりも下に”何か”が出てきますがそれが何なのかは謎です。これはこれで独特のサウンドが得られるのでしばしば用います。

Distortion

以下は上記のエキサイター、ハーモニック・エンハンサーとは違い、”歪んだ音” が欲しい時に用います。

【Saturation Knob / Softube】
ただ漠然と歪ませたい時、このサウンドがドンピシャのことが良くあります。1つのノブと1つのスイッチしかないので数秒で結果に辿り着けます。

【Saturn 2 / FabFilter】
歪み方にあれこれと要望がある場合にはこちらを用います。パラメーターが多く色々なことができます。

【Trash 2 / iZotope】
”ぶっ壊れた音”が欲しい時に使います。何の楽器の音か不明になるようなプリセットも多く刺激的です。飛び道具です。

【Bitcrusher / Steinberg】
これも飛び道具。ビット深度を極端に下げた時のデジタルな歪み&ノイズが得られます。ヒップ・ホップや一部のエレクトロと相性が良い。

【BIAS Pedal / Positive Grid】
ギターアンプ・シミュレーターのストンプ部分を抜き出したエフェクトです。ギター以外のトラックに使うことで面白いサウンドが得られたりします。

Amp Simulator

【BIAS FX 2 / Positive Grid】
よく出来たプラグインのギターアンプシミュレーターです。エレキやエレベを自分で弾くような場合にはKemperを使いますが、ササッとデモを仕上げるような時にはこれが重宝しています。今のところほとんどプリセットを選ぶだけの使い方に終始しています。

【Vintage Keyboard FX / Overloud】
数少ないキーボードアンプのシミュレーターです。ローズ、ウーリー、クラヴィなどを用いる時には大抵これを挿してます。パラメーターが少なめでとても使いやすい。モジュール式になっていて痒いところに手が届きます。

【PSP L’otary / PSP Audioware】
ハモンド・オルガンなどに用いるレスリー・スピーカーのシミュレーターです。これをオルガン以外の楽器に用いるのが面白い(オルガンの専用音源にはスピーカーのシミュレーターはついてますから)

【VST Bass Amp / Steinberg】
BIASにもベースアンプ・シミュレーターは入っていますが、腰が高い印象の音が多いので、トレース・エリオットのような重低音のベース音が欲しい時に用います。

【Blue Cat’s AcouFiend / Blue Cat Audio】
エレキのフィードバック(マイクで言うところのハウリングみたいなもの)は、アンプを超爆音で鳴らして弦を揺らさないとフィードバックが起きないので、住宅地でやると警察が来ます。なのでサツのやっかいにならないようこのフィードバック・シミュレーターを使います。安全第一。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #07 Frequency

【Frequency】ダイナミックEQ / Steinberg (Cubase 付属)

オーディオの録音レベルが低かったり、音源からの出音のレベルが低かったり、そういった低いレベルの信号に低いレシオでコンプを使う際、スレッショルドを一番下まで下げ切っても必要なリダクションが得られないことがあります。そんな時はコンプの前段で単純にゲインを上げたい。

その場合、Gainer という “レベルを上下するだけ” のプラグインが便利なのですが、僕がしばらく使っていた kHz(キロハーツ)のその名も “Gainer” が、32bit内部処理のプラグインだと気が付きまして(“bitter” というフリーのプラグインでプラグイン・エフェクトの内部処理が何bitなのかが調べられる) 、それで64bit処理のものが無いかと他を探してみたものの使い勝手のよさげなものが無い。そこで Cubase オマケの Frequency をゲインを上下するために使っています。・・・そのためだけに使うにはちょっとデカい気もしますが。

使うのは右下のフェーダーだけ。うっかりどこかを触ってしまってEQが働いては困るので、全てのバンドがoffで立ち上がるようにデフォルト設定して使っています(自称まっくらモード)。

これ、DAWのオマケ・プラグインとは思えないほど優れたEQですが、6dBごとに入っているゲインの目盛が4ミリくらいの幅しかないので笑(カーソルを4ミリ動かしたら6dB動いちゃうってこと)、小数点以下の調整には全く不向きということで使っていません。でも Gainer として重宝しています。

最もよく使うEQとダイナミクス系はこれで全部です。いちいちフォルダーを開くのも面倒なので出しっぱなしです。クリエイティブなアイディアは脆く儚いものなので、「えーとえーと」なんて探している2,3秒の間にイメージがどこかへ飛んでいっちゃう。だからサッと触れることが大事です。

それと使うエフェクトを限定することでそのエフェクト自体の操作にも精通するので、何をするにしてもパパパっと手際よく作業が進む。そうするとアレンジやミックスの作業全体にリズムが出てきて脳がいわゆる「ノッた状態」になり集中力も高まります。そんな状態をぶった切る「えーとえーと・・・」という時間を無くすことが僕にとって大切で、それゆえ使いもしないものをズラズラと並べたくないのです。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #06 MSpectralDynamics (ブラックフライデー)

最上部付近の並び順が少し変わりました。

①FabFilterのディエッサーがあまりに優秀で、iZotopeRXのDe-essが1ミリも必要なくなったので外しました。

②MeldaProductionのMSpectralDynamicsがアホみたいに優秀で、FabFilterのPro-MB(マルチバンド・コンプ)を全く使わなくなったので外しました。

よって今回は、MSpectralDynamicsについて解説します。

【マルチバンド・コンプレッサー】

僕の中でマルチバンド・コンプは ”問題を外科手術的に大胆で緻密な手法で解決する” といったツールです。ダイナミクスに関する大抵のことはシングルバンドのコンプ、エキスパンダーやゲート、トランジェントシェイパー、ダイナミックEQ、EQとコンプとサイドチェインの併用・・・、などで何とかなります。でもこれらで解決できない問題に突き当たった時、マルチバンドコンプが必要になります(トラック間の帯域の競合とか、マスタリングとか)

よく初心者が広告やセールに踊らされて購入したWAVESのL3-16などのマルチバンド・コンプをマスタリングに使っているのを見かけますが、”どれだけ犠牲を払っても音を大きくする必要がある” というジャンルでない限り、セクション間のサウンドのコントラストが失われて音楽性を損なうので、僕はマスタリングに盲目的にマルチバンド・コンプを用いるのには疑問を感じます。もちろん第一線で活躍するマスタリング・エンジニアが全てを鑑みて用いることに疑問は感じませんが(でもそういった次元でお仕事をされている方でもだいたいシングルバンドのコンプを使ってマスタリングしてますけどね)

さて、もしアホみたいに音を大きくしたいわけでも無いのに2MIXがマルチバンド・コンプを必要としているように聴こえたとしたら、それはミックスが失敗している証拠です。自分が作った2MIXならミックス作業に戻って失敗を修正すればいいけれど、他人様から預かった2MIXをマスタリングする場合にはそうもいかないので、そういった時にマルチバンド・コンプの出番になります。

【MSpectralDynamics】スペクトル・マスタリング・ダイナミクス・プロセッサー / MeldaProduction

統合型のダイナミクス・プロセッサーです。これには、

・フラッティング
・コンプレッサー
・ディエッサー
・デノイザー
・ダッキング
・ダッキング(ベース・ドラム)
・ゲート
・スペクトラルクラッシャー

といった機能がありますが、僕は単純に2MIXにファンキーなピークがあったり、キックとベースの帯域的な競合を整理する時にマルチバンド・コンプとして使っています。

普通、マルチバンドというと6バンドだったり10バンドだったり、WAVESのL3-16のように16バンド(表面には6バンドしか現れませんが背後では全16バンドが機能している)だったりするわけですが、このプロセッサーのバンド数は1000バンド以上です。1000バンド笑

Cubase のチャンネルEQで表現すると、

つまり単に全体のスレッショルドを下げるだけで、2MIXの中でスウィープするシンセサイザーの強力なレゾナンスを追従して圧縮してくれたり、キックをトリガーにしてぶ厚いシンセパッドを圧縮するような時に、キックの基音や各倍音の周波数を ”ピンポイントで” 圧縮してくれます。

で、それら多バンドの帯域毎のスレッショルド、アタック・タイム、リリース・タイム等は、カーブを描くことで調整します。ちょっと変わったアプローチなので、使い方を覚えるのにはかなり苦労しました(日本語の情報もほとんど皆無ですしチュートVもみんな外国語)。

今セールしてるみたいですよ。使いこなす勇気のある方はどうぞ。
https://www.meldaproduction.com/MSpectralDynamics

 
 
 

MPC2021 summer 総評


主催者総評

主任講師の船橋です!

今年も無事MPCを開催することができました! 参加して下さった皆さん、各楽曲に丁寧にコメントして下さった(現在も進行中かと思いますが)皆さん、盛り上げて頂いて大変ありがとうございます!

「この教室の他の生徒ってどのくらいのレベルなんだろう」
「他のみんなはどんなジャンルやサウンドの音楽を作っているんだろう」
「DTM関係の知り合いが全くいないから誰かと繋がれたらいいな」

こういった生徒の気持ちに十分応えられる大会になったと思います^^

まだまだフォーラムでは宴もたけなわ、コメントマラソンが続いていると思いますが笑、主催者としてこのあたりで総評を述べたいと思います。総評を書くにあたって、全楽曲をもう一度まるっと聴き返しました。いやー、ゼロからものを創る楽しさがひしひしと伝わってきました!

【総評】

まずは「普段の勉強をしっかり曲に生かしてくれているな」と感じる曲が非常に多かったです。和声の勉強やアナリゼ、コード進行、楽器編成、楽曲構成、リズム、音作りやミックスなどなど…(講師冥利に尽きます)。これからも精進して、より思い通りの楽曲が作れるようになっていって欲しいと思います。

また、今回ほぼ思いつきで始めた ”カテゴリー2” も大成功だったと思います。ほとんどアレンジされていなくても聴く人に「おっ、いいね」とか「おもしろい!」と思わせる音楽は作れる、ということが証明できたような気がします。次回もカテゴリー2を設けたいと思います!

カテゴリー1の方は、かなりのクォリティの作品がいくつもありましたが、全体としては中級層が厚いといった印象を受けました。その中級層の生徒達が今後より高い次元へと上がっていってくれるのがとても楽しみになりました。

ino先生曰く、これまでと比べて年齢層が若くなったような印象を受けたということ、それと気張らずに(途中ですとか、まだ歌が入ってませんなど)参加してくれる生徒が増えたのは良かったと仰られてました。

最後に、何と言っても今回は ”個性がバクハツ” という回だったと思います。音楽ジャンルってこんなにあったっけ!? と思えるくらい多種多様…。ジャンルという枠組みで括り切れない自由な発想で楽曲制作をされていることに例年以上に感銘を受けました。普段の堅苦しい”お勉強”とは裏腹に、のびのびと創られていることが何より素晴らしいと思いました。

以上を持ちまして総評とさせて頂きます!
コメントマラソンの方、引き続きよろしくお願い致します!!>>> MPC (音楽制作大会)
 
 
(楽曲に対しての個別評価・アドバイス・感想をご希望の方はレッスンで、もしくはSkypeかメールでご希望をお伝え下さい。力を伸ばして欲しいので辛口アドバイス致しますよ!!)
 
 
 

MPC2021 summer カテ1第7弾(最終回)


カテゴリー1の第7弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第7弾、全51曲の今回が最終回になります! #49は僕が締め切り直前に無理強いしました。徹夜させちゃったみたい・・・ごめんね^^; ではみなさんコメントよろしくです!!>>> MPC (音楽制作大会)

#44:live of life / Noir
コメント:ドラムを1オクターブ下げてみたらミックスが激ムズ

#45:しっとりチョコ / Chocolat
コメント:名前の通り、甘いもの(というより食べ物)が好きです。

#46:天の河 / Chocolat
コメント:身内に依頼され作曲しました。

#47:明けない夜の理由 / さおり
コメント:あまのじゃくな気持ちで作った曲です

#48:氷点下 / kiri
コメント:冬より夏のが嫌いですけどね

#49:遺品 / kiri
コメント:処分しておかないとまずいものってありますよね

#49:The 疲労困憊ズ / せきや
コメント:結局徹夜でした。。。

#50:にぎやかな街 / ボヘミアンテラス
コメント:故郷より少し栄えた街の朝と晩

#51:ステージ1 / ボヘミアンテラス
コメント:ファミコンのアクションゲームのイメージ

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第6弾


カテゴリー1の第6弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第6弾です。次回はいよいよ最終回です! 今回もコメントよろしくです>>> MPC (音楽制作大会)

#38:Bottles and Grapes / 阿部芳樹(kawausomando)
コメント:ジャズの勉強中なので、ジャズの曲を作ってみました

#39:出逢えてよかった / なーちゃん
コメント:メロとアレンジに納得していない

#40:アンデッドモンスター / RaKDo
コメント:初のボカロ挑戦MVです!強く生きたい人の曲です。

#41:ステルスガール / RaKDo
コメント:短めのピアノポップに多くの展開を持たせてみました

#42:Peek A Boo / Nishikawa Yasunari
コメント:自分が聞いたことが無い音楽を作っています!!

#43:初音ミクの習作 / 2さ
コメント:一年前に作ってた初ボカロです。リメイクしたいです。

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第5弾


カテゴリー1の第5弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第5弾です。コメントよろしくです>>> MPC (音楽制作大会)

#33:華やかで真面目 / yama
コメント:初曲です。作曲は難しすごいことがわかりました。

#34:じゃんぷじゃんぷ / shin
コメント:音ゲーの楽曲公募に出そうと思い立って作成しました!

#35:闘いに赴いて / たらこ茶漬け
コメント:自宅での生演奏を録音したものです

#36:残暑 / Sasara
コメント:子供の頃の夏を思い出す曲です。

#37:水を奪う者 / いのうえ(vocal:めろう(NEUTRINO))
コメント:裏切り(実話)がテーマです。魚は社員で、水槽は…

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer スポット・ライト


スポット・ライト

パンパカパーン!!!

今日は連日の公開を一旦お休みして、とある生徒の楽曲をご紹介致します!

『教会の彼 (feat. Aisya) 』by 宮田雄一(このサイトでのペンネーム:I can…with god)

この曲が異国ブラジルのiTunesのJ-popチャートにて10位以内にランクイン中(最高位4位、現在7位)となっております!!!

ブラジルはリオデジャネイロ、コルコバードの丘に立つキリスト像

80年代風のポップなシンセ・リフ! 炸裂するハンドクラップ! 808スネアの連打そしてうねるシンセベース!

そして熱心な音楽制作者であると同時に敬虔(けいけん)なクリスチャンでもある宮田くんならではの歌詞! 「わたくしと」、「どっちのほが」、「御言葉(みことば)でいっぱい」など、やけに引っかかるワードが満載!!

この曲が、ブラジル在住の、日系人の、キリスト教徒、というニッチな環境でバズっている模様です! これはJ-popを超えたJ-POPゴスペルと言えるでしょう!

僕自身、そのチャートを見れていませんが、きっと髭ダンや乃木坂やYOASOBIと熾烈な順位争いを繰り広げていることでしょう!!!笑

さあ、Apple Musicで、レコチョクで、Amazon Musicで、Moraで、TuneCore Japanで、mysoundで、今すぐキミもチェック!!
>>>配信各社

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第4弾


カテゴリー1の第4弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第4弾です。#29と#30は講師との共同アレンジです(自分の作ったオリジナルメロディがきちんと楽曲になっていくのはすごく楽しい体験だったと思います^^)あと、ino先生の曲がやや尻すぼみなのは締め切りに間に合わなかったからだと思います笑(このあとのクライマックスを聴いてみたかったですね^^) ではコメントよろしくです>>> MPC (音楽制作大会)

#27:MATT / ino(講師)
コメント:勢いだけで作りました!

#28:枯葉舞う古都 / ただすけ
コメント:秋の京都のような古都をイメージしました。

#29:桜雨 feat.さとうささら / 響平
コメント:処女作です。歌詞は意外とダークな世界観です。

#30:解散ライブ feat.さとうささら / 響平
コメント:人によってはホラーなシチュエーションかも。

#31:玲瓏 / 久
コメント:フワッとした感じのピアノソロです

#32:ha ha do viva / ina50
コメント:編曲、ボーカルを入れる予定が間に合いませんでした

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第3弾


カテゴリー1の第3弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第3弾です。歌モノもボカロもインストも楽しいね!!! コメントよろしくです>>> MPC (音楽制作大会)

#20:I can do it alone / 翔
コメント:今どきメタルコア。サビ以外はデスボイスだぜ

#21:ANGRY GIRL / 駄歌詞屋(だかしや)
コメント:怒れよ、乙女。

#22:恋は、おあずけ ( I wanna keep it till next time ) / 駄歌詞屋(だかしや)
コメント:ベイ・シティ・ローラーズにかぶれました。

#23:灯し火 / 賀久トニー
コメント:はじめての作曲でした?!来年に向けて頑張ります!

#24:違う場所で / まめ
コメント:いつかアレンジを自由自在に出来るように頑張ります!

#25:もじこう / Nfree
コメント:レトロな感じを目指してみました。

#26:ProfDragonTrance / Nfree
コメント:トランスになりませんでしたが、勉強になりました。

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第2弾


カテゴリー1の第2弾

カテゴリー1(=アレンジ含む)の第2弾です。みなさん、多種多様なジャンルで頑張ってますね! これぞクリエイティビティ・・・ コメントよろしくです>>> MPC (音楽制作大会)

#14:タコスパーティー / まか
コメント:1分の曲ですが、頑張って作りました!

#15:紅葉 / たくや
コメント:そうだ。京都に行こう。

#16:The beginning of new days / TetsuyaMURAKAMI
コメント:打ち込みまで出来ませんでした!精進します!

#17:M.C. OKINA / 大里弘樹
コメント:HipHop 竹取物語をテーマに作りました。

#18:the vulgar and the holy Ⅲ / Masafumi Rio Oda
コメント:国内外の芸術祭で評価された前衛的映像作品です。

#19:包まれる宇宙 feat. Yumi Oda / Masafumi Rio Oda
コメント:popsは専門外ですが妻と楽しく作りました!

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer カテ1第1弾

もうぜんぜん夏じゃなくなりましたが(爆)、過去最高の参加者数となりました!!・・・厚く御礼申し上げます。全40名の作品を、順不同(乱数で決定)で毎日各5名ずつ公開していきます。

特に参加された生徒は、他の生徒の作品を聴いたらできるだけ感想を残してください(お互いの励みになります) 感想はフォーラムの、 MPC (音楽制作大会) にお願い致します。楽曲に対する率直な感想をどしどしお寄せ下さい(”どう聴こえたか” がみんな気になると思います!)

カテゴリー1の第1弾

ここからは、音楽のジャンル、楽器、リズム、楽器編成、楽曲構成といった、アレンジに関する要素を学んでいる(もしくはこれから学ぶ予定の)生徒の作品になります。しかしながら必ずしも全員がカテゴリー2の生徒より勉強が進んでいるというわけではありません。・・・もちろんかなりの上級者もいます。

#08:星彩 / TAKA
コメント:初めて民族風の楽曲を制作してみました。

#09:笑顔でキミと / I can…with god
コメント:1人で最大で4声のヴォーカルがんばって歌いました!

#10:忘れかけた夏の恋 / I can…with god
コメント:△7大好きです

#11:KIRI / nynn
コメント:ミニマル風に作ってみました。

#12:ラテバラ / 自滅の刃
コメント:ギター生演奏によるラテンバラードナンバーです。

#13:有彩色な1シーン / 49
コメント:曲名決めが苦手すぎて一番時間かかりました。

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費用は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

MPC2021 summer 開幕

もうぜんぜん夏じゃなくなりましたが(爆)、過去最高の参加者数となりました!!・・・厚く御礼申し上げます。全40名の作品を、順不同(乱数で決定)で毎日各5名ずつ公開していきます。

特に参加された生徒は、他の生徒の作品を聴いたらできるだけ感想を残してください(お互いの励みになります) 感想はフォーラムの、 MPC (音楽制作大会) にお願い致します。楽曲に対する率直な感想をどしどしお寄せ下さい(”どう聴こえたか” がみんな気になると思います!)

カテゴリー2

今回より初心者枠として、メロディとコード楽器1つという”カテゴリー2”を設けました。
まずはカテゴリー2にご参加頂いた5名の作品からスタートです!

#01:早朝の街 / 未帆
コメント:自分にできることで好きなものを作りました!

#02:あさひに / Hyuko
コメント:ビールがおいしい季節は過ぎてもそんな気分が続きます

#03:saikai / Hyuko
コメント:またどこかで会いましょう

#04:足跡 / しほ
コメント:進んだ道を、ふと振り返って思いにふけるイメージです

#05:いい夫婦になろう / まゆみ
コメント:友人へのお祝いの曲に念願のコードを付けました。

#06:秋色の兆し / Veru
コメント:夜の帰り道、ふいに触れた風と雫に秋を感じました

#07:CITYLIGHT DRIVING / Veru
コメント:ビルのライトが輝く都会をドライブするイメージです

 
【ここに掲載されている全ての参加者の参加費は、ユニセフ(国連児童基金)へ全額寄付されます!】キラーン☆彡 >>>詳細

 
 
 

【連載】My Plugin FX #05 Dynamics系

【Pro DS】ディエッサー / fabfilter

従来型のディエッサーは 「特定の高音域を監視して、その帯域にスレッショルドを超える入力があったら圧縮」というような、単純なコンプレッサー処理なわけですが、このディエッサーは少し違います。独自のアルゴリズムで歯擦音を検出して、それだけを下げてくれるといった賢いディエッサーです。

従来型だとハスキーで魅力的なボーカルや、Aimerさんのように ”息多め” な歌い方をしているボーカルトラックに対して処理がうまくいかないことが多かった。歯擦音をしっかり抑えるためにスレッショルドを下げれば、母音部分の高域も圧縮されてしまってモッサリした仕上がりになってしまう。かといって母音部分をクリアに聴こえさせるために手加減すれば歯擦音がしっかり抑えられない。なのでどこかで妥協するか、苦し紛れに2段掛けをしたり・・・

ところがこのディエッサーだと歯擦音をその他の部分と区別するアルゴリズムを導入しているので、歯擦音をしっかり低減させるためにスレッショルドをグイグイ下げても、母音部分に影響が出ない。ボーカルのトータルなサウンドに全く変化を与えず歯擦音だけ下げ放題。ほとんど魔法。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #04 最初の最後

あまりによく使うため、フォルダーに入れずエフェクト一覧のトップに持ってきているもの4つのうち、今回が最後になります。

【MultibandEnvelopeShaper】トランジェント・シェイパー / Steinberg

ダイナミクス系のエフェクトは、コンプもエキパンもゲートも、スレッショルド=しきい値 を設定して、それより高いか低いかで圧縮したり解放したりの動作が決まります。

しかしながらトランジェント・シェイパーはちょっと違ってまして、しきい値に頼らないタイプのダイナミクス系エフェクトです。

僕がその昔、最初に出会ったトランジェント・シェイパーはコレ、SPL の Transient Designer。

アタックとサスティンの2つしかないこのシンプルさ。これをドラムの各パーツやドラム・バスに挿したり、カッティングギターに挿したり、アコギのストロークやピアノに挿したりと、とにかくアタックとサスティン部分の音量バランスを調整するのにめちゃくちゃ役立ちました。あまりにも便利過ぎてほとんどチート。「こんなもの使ってたらコンプの使い方がヘタになりそう・・・」といった恐怖からその後は使わなくなりまして。。

そしたらいつしか、Cubeseのオマケエフェクトとして付いてくるように。EnvelopeShaper という名称のトランジェント・シェイパーが。しかも、4バンドにマルチバンド化した MultibandEnvelopeShaper なるものまで。これがもう半端なく便利。

スレッショルドに頼らないということは、レベルが高かろうが低かろうが、全てのトランジェントに対して効果を発揮する、ということ。例えばキックのアタックを強める。コンプならアタックタイムを少し持たせてレシオとスレッショルドでアタック直後のトランジェントを圧縮しますが、中に音量の小さな弱めのヒットが混ざっていて、もしそれがスレッショルドを超えてこなければコンプが効かないし、超えても少しなら大きな効果は期待できない。ところがトランジェント・シェイパーはスレッショルド管理ではないので、音量の小さなヒットに対しても同様にアタックが強められる。このあたりがコンプとの大きな相違点です。

アコギのアタックを弱めるとか、スネアのサスティンレベルを上げるとか、そういうことを全てのトランジェントに対して行える。しかも4つの帯域に分けて。アタックとサスティンの調整をダイレクトに、直感的に、フレキシブルに、そして”かなり” 極端な音作りまで簡単にできてしまいます。

巷で販売されているトランジェント・シェイパーでも、4バンドしかもこれだけ使い勝手の良いものをまだ見たことがない(iZotope Neutron 付属のものは3バンドしかも使い勝手もこちらに軍配が上がる)。これはSteinbergのスマッシュヒットだと思います。