Addictive Drums 2 ドラムマップ for Cubase

AD2 Standard.drm

追記:2016.12.29
早速の不具合勃発で2.0にバージョンアップしました爆(”Beats”からのパターン引用の際に正しく鳴るよう修正)

AD2 Standard v2.drm

・上のリンクを右クリしてファイルを適当な場所に保存
・Addictive Drums 2 のトラックのインスペクターで、ドラムマップを選択するウィンドウをクリック
・開いたメニューの”ドラムマップ設定”をクリック
・左上の”機能”をクリック
・”読み込み”をクリック
・ダウンロードしたファイルを選択して”開く”
・”ドラムマップ設定”の画面を閉じる
・再びインスペクターのドラムマップ選択ウィンドウをクリック
・”AD2 Standard v1.0 v2.0”が追加されているので選択

以上。ちゃんとしたものがネット上で見つからないので手作りしました笑。使いやすさを考えて、最上段がキックから始まるよう配置を一部変更しています。

このマップを使えば、Addictive DrumsをGM配列にしなくても音とマップ上の名称の整合性が保たれます。AD2のネイティブなマップで作られたADPackのMIDIも内容が正しく表示されて便利です(GM配列で作られたMIDIデータを流用する場合は、これまで通りAD2をGM配列にして使って下さいね。)

ちなみにCubase8.5から、ドラムマップエージェントというとても便利な機能が搭載されました。エディターウィンドウの上部におうちみたいなアイコンがあるので(左の方)、クリックするとメニューが開いて、便利機能が使えます。Try it!!

Cubase Pro 9の新機能のうち、僕が「ヤッター!」と思ったもの

Cubase9、出てました。気が付いたら。

入れました。

ヤッターポイント1

プロジェクトウィンドウに、ミキサーやエディター画面を統合できるようになりました。MIDIをエディットしながら「あれ、、ここのコードって何だっけ?」がなくなります。

ヤッターポイント2

新しく”サンプラートラック”なるものが追加されました。オーディオを放り込んで、範囲設定して、ボーカルでもSEでも何でもトリガー!

ヤッターポイント3

MixConsoleの操作を、プロジェクトとは独立した編集履歴で戻れる!「あー!フェーダー動かしちゃった!念入りにバランス取ったのにトホホ・・」がなくなると同時に、色々試して「やーめた!」ができます。

ヤッターポイント4

新プラグインの8バンドEQ。なんと全バンド”リニアフェーズ”ですよ!オマケEQのクセに!笑 さらにMS処理も可能とかって、Maxmaizerも良くなったみたいだし、そのうちOzoneとか必要なくなっちゃいそうなイキオイ・・・

ヤッターポイント5

マーカートラックが最大10トラックに! 「これ以上トラックを追加できません」をもう見なくて済みます笑

ヤッターポイント6

オーディオ信号を、インストゥルメント(例えばシンセ)にサイドチェインして、加工(例えばフィルタリングなど)できるようになりました。僕はルーティンにMoog(実機)を組み込んであって、そこでフィルタリングしてますけど、”DualFilter”くらいしか選択肢がなかった生徒にとっては朗報だねー!

これでまた面白いものジャンジャン作って下さいな^^

CubasePro8.5で、FaderPortが使える

PreSonusのFaderPortが、Cubase Pro8では使えていたものの、8.5になったら使えなくなっていた件で、これが解決したので備忘録的に記しておきます。

OS: Windows7 64bit
DAW: Cubase Pro 8.5.20

●下記PreSonusのサイトで、最新のドライバ(現時点でv135)をDL
http://www.presonus.com/support/downloads/FaderPort

●DLしたファイル”FaderPort_135_617.exe”を起動してインストール

●インストールが終了すると、ファームウェア・アップデートの画面に移行するがこれを行わずインストーラーを終了

●下記ファイルを
C:\Program Files (x86)\PreSonus\FaderPort\FaderPort Dll\Cubase\x64\FaderPort.dll

下記フォルダにコピー
C:\Program Files\Common Files\Steinberg\Shared Components

●Cubaseを起動し、プルダウン・メニューの”デバイス”→”デバイス設定”と進む

●デバイス設定画面の左上の”+”でデバイスの追加

●一覧にある”PreSonus FaderPort”を選択

●右上のMIDI入力/MIDI出力をどちらも”FaderPort”に設定

●”適用”→”OK”

以上。この方法はPreSonusのフォーラム内(英語)で偶然発見しました。
これでトラックボリュームに連動して、ムービング・フェーダーも動きます。
便利~~~!

これがなかったら生きていけない。C8.5の新機能をチェックせねば。

【追記】上記サイトからdllファイルを入手できない方のために、ここからダウンロードできるようにしておきますが、完全に自己責任でお願いします。また生徒以外の方のご質問にはお答えできません。代理店へどうぞ。
FaderPort.dll