Cubase Pro 10.5

Cubase 10でもう ”使いやすさの臨界点” に達しているのではと思っていたが、まだまだ便利になる余地ってあるんだね・・・

【ダウンロード中にまずは私見】

●スペクトラル・カーブ比較
2つのトラックのスペクトルカーブをひとつのEQで比較できるんだそうだ。ミックスでキックとベースの低域をトリートメントする時に重宝すること間違いなし。

●ビデオレンダリング
ついにビデオ(音声付き)が書き出せるようになりました! 今まで動画編集ソフトに持っていって絵と音を合成するのがひどく面倒だったので超助かりますわ。

●マルチタップディレイ
ディレイはこれまでWAVESのSuperTap6をメインに使ってきたけど、インターフェイスが小さくて・・・(目も悪いし)。新ディレイにはエフェクトも搭載してるからローファイや破壊的なディレイも作れそう。タップ毎に詳細設定できるっていうのも面白そう。

●Padshop 2
Padshop自体ほとんど使ってないのでそんなに興味ないけど、新しくなったらしいのでちょっと触ってみるかな・・

●MixConsole チャンネルカラー
コンソールあんま使わないからなー。「もしかしてディスプレイひとつ増やしてコンソール専用にしたらミックス時に効率良かったりするの???ハンス・ジマーもやってるし」とは思っていたので、もしかしたら便利なのかも。(コンソールってトラック名見難いし)

●プロジェクトからトラック読み込み
それ自体は、以前から可能になって超便利だったんだけど、「グループ / FX / フォルダートラックなど多くのトラックタイプの読み込みをサポート。」、これだよ、これが出来なくて不便だったんだ! よっしゃよっしゃ

●MIDI プリレコード
録音してない時に弾いたメロディやコードを大量にバッファに残しておいてくれるそうです。トラック毎に。どうかな・・使ってみないと重宝するのかわからん。

●選択ツールの結合
オブジェクト選択ツールと範囲選択ツールが結合して、マウスカーソルの位置で勝手に切り替わるそうだ。自分、ツール選択はショートカット派だが、範囲選択ツールを使うのに、いちいち左手を数字キーに延ばさなくてよくなったのは嬉しい。

●スコアエディター
使いやすくなったそうだ。これまでかなり”使えなかった”(仮歌のお姉さんにメロ譜を渡す用途くらいにしか使えなかった)ので、少し期待してます。

●LUFS ノーマライズ
やったー!!! これは便利!!! 複数の2MIXのラウドネスを揃えるのに、いつもWaveLabを使ってたけど、使い慣れたCubase内で出来るなら超快適。今受注してる仕事から早速使わせて頂きます!!

ではひと通り使ってみたらまた報告するよ!

 
 
 

Cubase スペシャル・レッスン

東京音楽教室では、現在開催中の Steinberg ”Cubase スペシャルセール” でCubaseを購入(新規購入、バージョンアップ、グレードアップその他諸々)された方を対象に、”Cubase スペシャル・レッスン” を行います。(セールについてはコチラ

これまでご本人が使ってきたバージョンと比較しながら、レイアウトや操作の違い、新しく搭載された機能、新しいプラグイン等を中心にレッスン致します。またその他の機能や操作についても知りたいことがあれば何でも質問して頂けますので、今後の音楽制作にぜひお役立て下さい。

概要

・期間:6月30日まで 盛況につき期間延長=7月31日まで
・時間:60分
・料金:1レッスン¥1,500円(お一人様2レッスンまで)

受講資格

・現在受講中の生徒、今年まで受講していた生徒
・現在開催中のCubaseスペシャルセール対象製品のいずれかをご購入された方
(またはセール直前にCubaseを購入して泣いている生徒)

お申し込み(ご購入)方法

C2Cサイトココナラからお申込み下さい。

●ココナラにアカウントがある方

このページの右上、”見積り・カスタイマイズの相談をする”からご連絡下さい。
(ハンドルだと誰だかわからない場合がありますのでお名前をお願いします)

②¥1,500円のお見積り・ご提案を出しますのでご購入下さい。
(2回受講される方にも1回ずつご提案させて頂きます)

③レッスン料のご提案時にスケジュールを開示しますので、購入時にご希望の日時をご連絡下さい。

●ココナラにアカウントが無い方

ココからご登録下さい(登録無料)

②必要分のコインを購入します(ココにてコインを購入)

このページの右上、”見積り・カスタイマイズの相談をする”からご連絡下さい。
(ハンドルだと誰だかわからない場合がありますのでお名前をお願いします)

④¥1,500円のお見積り・ご提案を出しますのでご購入下さい。
(2回受講される方にも1回ずつご提案させて頂きます)

⑤レッスン料のご提案時にスケジュールを開示しますので、購入時にご希望の日時をご連絡下さい。

その他

わからないことなどありましたら、フォーラムの質問・相談のトピック内、
またはメール(今回に限り)にて質問を承っております。
お気軽にご質問下さい。

以上となります。
よろしくお願い致します。

 

Cubase スペシャルセールがすごい!!!

30周年のカニバーサミー!! ・・・じゃなくてアニバーサリーとかで50%OFFだって
Cubase Pro 10 を新規購入しても¥28,080円
クロスグレードなら¥17,820円
20年前から使ってるけど、こんなセール見たことない

【追記】
・何らかのCubase(無料版含む)を持ってる >>> アップデート or アップグレード
・他社のDAWを持ってる >>> クロスグレード
上記に当てはまる人は、間違って新規購入しないようにね!

 

対象

●Pro10
●Artist 10
●Elements 10

上記のフルバージョン(通常版の新規購入)

●Cubase Pro クロスグレード(他社のDAWからの乗り換え)版
●旧バージョンからのアップデート(バージョンアップ)※Steinberg Online Shop にて
●下位グレードからのアップグレード ※Steinberg Online Shopにて

全て50%OFFだそう

※アカデミック版はセール対象外

ここに詳しく書いてあるよ!
https://new.steinberg.net/ja/cubase/celebrate/

ハードの e-Licenser が ”必要だけど同梱されていない” 製品の場合、Steinberg Shop で購入(¥5,400円)するよりAmazonがおトク。

(これは平行輸入品なのでヤマハの国内サポートは受けられないが、そうそう壊れるものでもなし、もし完全に壊れたら正規品でもアウトだからサポートっていってもね・・。どちらにしても自己責任でどうぞ。)

 
 
 

Steinberg WaveLab Pro9.5でCDアルバムを作成

CD・・・今となっては前時代的なメディアになっちゃいましたね。とはいえ所有欲の比較的強い、オタク系の人達の間では根強くCD文化は残っていますし(コミケでのCD販売、アイドルのCD購入等)、また「パソコンやスマホは苦手だし今さら・・・」というご年配の方もやはり音楽を聴くならCD。うちのオカンもCDラジカセで美空ひばりを聴いてます。

お気に入りを集めてCDを焼く

で今回、Steinberg社からリリースされている ”WaveLab Pro9” というマスタリング・ソフトを使って音楽CDを作成しましたので、簡単に手順を記しておきます。なぜかってこのソフト、ウェブ上の日本語情報がマジ少ない! わからないことがあってググりまくっても何もイ出てこない! ・・・英語なら情報いっぱいあるんですけどね。そんなわけで、どこかで困ってる誰か(日本人)がラッキーにもここに辿り着いたらウレシイんじゃなかろうか? ということで。

オーディオ・モンタージュ

CDを制作する時には、このソフトでは ”オーディオ・モンタージュ” というものを作るんだそうですよ。ハイこの時点でもう意味がわかりませんね。たくさんのオーディオ素材を寄せ集めて、ひとつのファイルなりメディアなりにまとめるので、それを ”モンタージュ” と呼ぶことにしたみたいですよWaveLabでは。

空のプロジェクトを開き・・・

ファイル>新規>オーディオ・モンタージュ>テンプレート>CD Standard、ですよ。

ファイル>ファイル構造をほじくっていって>CDに収録したい音声ファイルを選択

下のエリアにドラッグ&ドロップするとこんなダイアログが出るので、通常のCD制作の場合、”現在のトラックに・・・順に並べる(リニア)”を選択せよ

すると下の窓にズラッと各音声ファイルが並びます。

この時点で曲間はデフォルト設定値(確か2秒)になりますが、あとで変えられるので気にしない。

次に、曲ごとの音量を揃えたいですよね。デジタル音声信号の音量は3種類の値で示されます。

★ピーク・レベル=瞬間の最大音量の値
★RMSレベル=一定時間内の音量の平均値
★ラウドネス=楽曲やドラマや映画全体の音量

放送業界の音量戦争

その昔、音声のデジタル化や、マキシマイザーの普及に伴って、TVCMの音量が「他社に負けまい」と馬鹿みたいにデカく作られていた時期がありました。番組とCMの音量差や、チャンネル間音量差がある種の社会問題となり、その後厳しい音量規定が設けられて現在に至っていますが、その基準には、もっとも聴感上の音量に近いとされる、”ラウドネス値” が用いられています。

で!このソフトには、”楽曲ごとのラウドネス値のバラつきをなくす” という夢のような機能がありまして、それを使用すると、曲ごとにバラバラだった音量が一瞬で揃えられてしまいます。モンタージュの、ファイル>処理>メタノーマライザーです。メタノーマライザー!!、なんか名前もかっけー!!

「メタノーマライザーーーーーーーーー!!!」と叫びながらボタンをポチると、こんなダイアログがイ出てきます。

ラウドネス値の最も高いクリップに全曲揃えてもいいですし、もしそれでオーバーレベルするようなら、デジタルピークを制限するなり、絶対値で-17LUFSなどと指定してもいいでしょう。ちなみに日本の公共放送は、番組全体の平均ラウドネス値が、-24.0LKFSになるよう作らねばならない(誤差1.0LKFSまで許容)という規定になっています。現在、NHKを含む全ての放送局、全てのCM、全ての番組(生放送含む)が、ラウドネス値:-24.0LKFS(±1.0)に沿って作られています。

奥さん見てコレほら! たくさんの楽曲が一瞬で目標のラウドネス値に!!

さてCDを焼く準備として、曲間の時間を設定しましょう。アプリケーション・ウィンドウ上部のメニュー、CD>機能>詳細設定で、以下のダイアログが開きます。

最上部の2項目にチェックが入っているか確認。ここでマーカーを作成することでランダム・アクセスが可能、つまりCDプレイヤーで「どの曲のアタマに飛べる」ということです。次に曲間の空白時間を好みで設定。曲間の標準は「昔4秒今2秒」。現代人はせっかちだー

さて、下の黄色い枠の左には、ISRC(国際標準レコーディングコード)という国際的なレコーディング(録音物=楽曲)管理番号を入力します。ISRCは録音ごとに付けられるので例えば15曲入りなら15曲分、もし同じ曲のリミックスや別バージョンが入っていればそれにも与えられます。これは録音物が放送などで使用されたときに,その権利関係の取扱いを簡単にする目的で与えられる世界基準のコード。日本国内では、日本レコード協会が発行しています。

右側の黄色い枠は、JANコードといって商品コードですね、それを入力します。製造メーカーなどが、然るべき機関に申請すると発行されるもので、どこでも見かけるバーコードは、このJANコードを図形化したものです。

諸項目を入力してOKすると、各クリップの曲間が整えられると同時に、クリップの先頭にマーカーが入力されています(マーカー・タブで確認)

さ、あとは焼くだけですね! なぜ一般的に ”CDを焼く” という表現を使うのかというと、CD-Rの表面に強力なレーザー光線を当てて、光が反射しない点や線を描いていくからなんですね。あたかもレーザー光線がCD盤面を”焦がして”いるかのようだからです。

ドライブに空のCD-Rを入れて、上部CDタブ>機能>オーディオCDまたはDDPの書き込み、と進むとこんなダイアログが開きます。
上部の窓でドライブを選択、次に書き込み速度を選びます。書き込み速度を落とした方が、理想的な位置に理想的な形の “精度の高い焦げ” が作られるので、再生した際の ”読み込みエラーとその補完” の頻度が減って、結果として音が良くなります(CD-Rのメーカーやグレードによってもかなり変わりますが。長らく太陽誘電のCD-Rが音楽業界のデファクト・スタンダードになっていたのは、やっぱり音が抜群にいいんですよね♪)。

だから昔はよく等倍速、つまり再生するのにかかる時間と同じだけかけて焼くということをしましたが、今のドライブは48倍などの高速書き込み対応なので、そういったドライブであまりにゆっくり焼くと、モーターの回転精度とか、回転軸の精度やベアリングの精度などによって、逆に良くない結果になっちゃうんですよね。それで等倍速とか2倍速なんていう選択肢は選べないようになっています。ドライブを選んで表示された中の最も遅い速度で焼くと良いでしょう。

また当然、書き込むドライブも、PCに搭載されている1500円のドライブより、高額な業務用のCDライターの方が断然音がいいです。これもSONYの何がいいとか、TEACの何がいいとかありましたね。・・・今はもうDDPの時代だから、仕事にCD-Rは使われなくなりました。DDPについては、またいつか書きますね。

ハイあとは、焼き上がってトレイがシャー!っと出てくるのを待つだけですね。一般のCDよりCD-Rの方がキズがつき易いのでご注意を!

 
 
 

Cubase Pro 10 新VariAudio備忘録

ピッチ修正

・セグメントの上部(中央付近)で指>ピッチの上下移動
・インスペクターでスナップのタイプ(絶対、相対、オンオフ)を切り替え

【モディファイアキーでスナップのタイプを一時的に切り替え】
 絶対>Mac:Cmnd, Win:Ctrl
 相対>Mac:Optn, Win:Alt
 オフ>Mac:Shft, Win:Shft

便利な使い方)インスペクターで”絶対”を選択、相対やオフの時だけキーを使用

・その他
 セグメント中央下の■を上にドラッグ>ピッチクオンタイズ
 セグメント中央上の■を下にドラッグ>ピッチ平坦化

セグメントのコントロール

・セグメントの下部(中央付近)でハサミ>分割
・セグメントの下部(左右端)でのり>結合

【機能の絞り込み】
 ハサミOnly>Mac:Optn, Win:Alt
 指&のりOnly>Mac:Shft, Win:Shft

・セグメント左右の■で開始位置、終了位置をワープ(=オーディオのタイミング調整)
・セグメント左右の■でセグメントの対象範囲を修正>Mac:Optn, Win:Alt

拡張機能

(インスペクターの”スマートコントロールモード”で、”全てのスマートコントロールを表示”を選択して拡張機能の有効にする)

【ピッチ関係】
・左右両端上部の三角をドラッグして、ピッチ平坦化の範囲を調整
・左右両端上部(セグメントの外)の■をドラッグしてピッチカーブを傾ける
・カーブをシーソーのように回転>Mac:Optn, Win:Alt
・傾けのアンカー(&回転の中心)を移動>中央外側の◆を左右にドラッグ
 (初期値に戻す>Mac:Optn, Win:Alt を押して◆をクリック)

【その他】
・左下外側の■を上下にドラッグしてセグメントのフォルマントを調整
・右下外側の■を上下にドラッグしてセグメントのボリュームを調整
 (ボリュームを下げ切るとミュート)

複数選択で可能なこと

・ピッチの上下移動
・カーブの平坦化
・ピッチクオンタイズ
・フォルマントシフト
・ボリューム調整
・結合

(上記以外は個々のセグメントで調整)

MIDIトラック参照機能

インスペクターで参照先となるトラックを選択してMIDIノートを表示
(カラーメニュー>”イベント”で色分けして視認性アップすべし)

インスペクターの”機能”メニュー

・MIDIを抽出
・リアルタイム処理を展開
・各編集のリセット(セグメントを選択してのリセットも可)
・オーディオの再分析

参考:sleepfreaks / Yamaha Music Japan MPP

UR-RT2のインストールに苦しむ

僕じゃなく、生徒が。

「UR-RT2 をお使いいただくための USB ドライバー、アプリケーション (機能拡張、dspMixFx)、Basic FX Suite (VST3 版 Channel Strip / REV-X / Guitar Amp Classics) のパッケージです。Zip ファイルを解凍し、TOOLS for UR-RT2 フォルダの中のインストールガイドを良くお読みの上インストールしてください。」

この中で一番重要なのは、

「インストールガイドを良くお読みの上インストールしてください。」

という点です。メーカーや製品によってインストールの手順は異なるので、「インストーラーのダウンロードが終わったから、なんとなくダブルクリックして・・・」と進めるのは、自ら地雷を踏みに行くような行為です。必ずインストールガイドを読んで、そこに書いてある手順通りに進めましょう。

DTM歴30年の僕も、新しい機器を導入する際は、インストールガイドは必ず読みます。だって、、読まなきゃ正しい手順がわからないから^^; それと、読まずに進めて上手くいかずにアンインストールとか、再インストールとか、PC再起動とか、アレコレやっているより、よく読んで一発で済ませた方が無駄な時間を使わなくて済むから。

さっき「頑張って!!!」ってメッセージ送っておいたけど、大丈夫かなぁ・・・
 
 
 

出ました新シリーズ! Steinberg オーディオインターフェイス UR-RT

コレ、めっっっちゃくちゃええで!!! ほんまやで!!!
・・・よう知らんけど

絶対コレにしたらええわ!!! 自分、絶対これがええて!!! 絶対やて!!!
・・・よう知らんけど

大阪人風のすすめ方をしてみました。グイグイくるんだけど最後にボソッと「よう知らんけど」てね。熱く語った後で「言うほど根拠なかったな」って思うんでしょうね。東京人としては「知らんのかい!」とツッコミたい笑

今の僕も、「お!これは」という感じで、みんなに薦めてみたいんだけど・・・よく知らないんですよね。マイクプリはD-Proで問題ないでしょう。Neveのドライブだかエキサイターだかわからないなんかがついてますね。・・・必要なさそうな感じもしますけど、ヤマハが目玉にしてますね。今の時代、何でも個性を出していかないと売れないし、悪くないと思います。「”Neve”の何かが付いてる」ってだけで買う人もいそうだし。

それでは、何の役にも立たないブログの最期に、何の役にも立たないイメージビデオをどうぞ!!!!!

VST Bass Amp (Cubase) まとめ

船橋です

Cubase付属のベースアンプシミュレーター”VST Bass Amp ”について、かなり以前に作ったまとめを再投稿しておきます。
(レッスンで何人かの生徒に続けて質問を受けましたので)

・見出しは、Cubase上の名称と出力
・画像すぐ下の文はマニュアルから引用
・mnufacturer=実機の製造メーカー名
・model=デザインや出力などから推測される実機モデル
・特徴など
・実機の主な使用アーティスト

となっています。

ValveAmp (300W)


70年代に使用されていた有名な真空管アンプで、ロックの演奏スタイルに適しています。

manufacturer:Ampeg (アンペグ)
model:SVT

1969年、ロックスター達が、より大きなステージでの使用に対応出来るようにと開発されたベース・アンプ。オール・チューブ仕様のベースアンプ中でも破格の300Wもの出力を誇るモンスター・アンプ。真空管ならではの味わいを持ち、ゴリゴリ、ブリブリと鳴る、クラシックロックを始め、ロック全般の定番アンプ。

  使用アーティスト
   Bill Wyman (The Rolling Stones)
   Cliff Burton (Metallica)
   Krist Novoselic (Nirvana)
   亀田誠治 (東京事変)

Greyhound (300W)


うなるような特徴的な音が有名なアンプで、さまざまな演奏スタイルに使用できます。

manufacturer:Gallien-Krueger (ギャリエン・クルーガー)
model:800RB

1982年に発表された800RB は、高音域と低音域を分割して出力できるバイアンプ機能を持ち、スタジオ・ミュージシャンからロック・ベーシストまでを魅了した名器。無数のヒットレコードに使用されている伝説のソリッド・ステート・ベースアンプ。ウォームでパンチのあるサウンドで、ロック、ソウル、ポップスなどジャンルを選ばないバランスの良さを持つ。

  使用アーティスト
   Flea (Red Hot Chili Peppers)
   Tom Hamilton (Aerosmith)
   Carmine Rojas (David Bowie)
   Duff McKagan (Guns n’ Roses)

GreenT (600W)


80年代に使用されていたクラシックアンプで、ファンクやロックの演奏スタイルに適しています。

manufacturer:Trace Elliot (トレース・エリオット)
model:AH-600

ソリッド・ステート回路に、真空管を使用したドライヴ回路を搭載し、レスポンスが速くシャープなソリッド・ステート・サウンドと、真空管ならではのウォームなドライヴ・サウンドを両立させたモデル。実機では7バンドもしくは12バンドのEQが特徴。AOR、ロック、ソウル、バラードなど、重たく、洗練されたサウンドが必要な楽曲に向いている。

  使用アーティスト
   Mike Porcaro(TOTO)
   桜井賢 (THE ALFEE)
   JIRO (GLAY)
   松井常松 (BOOWY)

Paradise (880W)


90年代に使用されていたアンプで、ハイファイのようなクリアなトーンを持ち、さまざまな演奏スタイルに適します。

manufacturer:EDEN (エデン)
model:WT800

80~90年代におけるベース・アンプのハイファイ化に対し、前述のトレース・エリオットと共にその最先端を担ってきたメーカー。WT800はそんなEDENのサウンドを代表するモデル。レスポンスの速い透明感のあるワイドレンジサウンドが魅力のプリ真空管アンプ。歪ませなくともバンドの中でヌケの良いサウンドが得られる。ジャズ、フュージョン、ファンク、ロック等によくマッチする。

  使用アーティスト
   Abraham Laboriel
   Phil Lesh (Grateful Dead)
   Ross Valory (JOURNEY)
   Tim Bogert

Tweed (45W)


50年代のクラシックなビンテージアンプで、独特な明るいトーンが特徴です。元々はベーシスト向けに作られたものですが、多くのギタリストも利用しています。

manufacturer:Fender (フェンダー)
model:Bassman

Bassman は、ギターやギターアンプの主要メーカーであるフェンダー社が初めて開発したベースアンプ。52年に登場してすぐにギターやブルースハープ (ハーモニカ) 用のアンプとしても良いサウンドが得られることにユーザーが気づき、その後はフェンダー社もギターアンプとしての使用を念頭に置いて改良を重ねた。ギターに使うと、明るく太く艶のあるクランチトーンが得られて絶品だが、ベース用としては・・・

  使用アーティスト
   Mike Bloomfield
   Jeff Beck
   Kurt Cobain (Nirvana)
   Brian Setzer
    (以上、全てギタリスト)

iTech (500W)


一般的なサウンドを持つ近代的なアンプです。

manufacturer:Hartke (ハートキー)
model:KB15

ハートキーは、ハイファイなベースサウンドの定番メーカー。同メーカーのアンプは、Jaco Pastorius や Billy Sheehan (MR.BIG) 、Will Lee などの愛用で有名。KB15はアンプとキャビネットが一体となったコンボアンプ。自宅練習から、中規模のホールやスタジオでのリハーサルなどに適している。ユニットは単発ながら15インチと大きいため、アンプのサイズからは想像を超える重低音が出る。

使用アーティスト
俺・・

【追記】
ひょっとすると”iTech”は、Laney のヘッドアンプ、”Nexsus” カモ知れない (キャビネットは同社製の”N115″)。 このモデルだけ情報少なすぎだよね・・)

 
 
 

Cubase Pro 9.5.20

アップデータ―出てますのでね

Cubase Pro / Artist 9.5.20 アップデート

早速アップデートしましたが、小さなバグなども解消されているようです

SX時代から使っていると、余計な機能が増えて身重になった感はあるけれど、その”余計な機能たち”に普段からけっこう助けられたりもしているので、何だかんだ言ってやっぱり一番便利な道具

 
 
 

出ましたCubase9.5

新機能は

・64ビット (倍精度) 浮動小数点ミキシングエンジン
・ダイレクトオフラインプロセシング
・ゾーニング2.0
・オートメーションカーブ
・16インサートスロットと自在なプリ/ポストフェーダー
・メトロノーム機能の大幅な進化
・Vintage Compressor, Tube Compressor, Magneto
・HALion Sonic SE 3 feat. FLUX

だそうだ。しかしそんなことより・・・

2017-11-16 12.20.34

プラグインの文字が見やすくなってる!!!!!

目、悪いんで、これだけで¥7560円の価値アリ笑

 
 
 

Cubaseのコンテンツ(主にHalionSonicのライブラリ)の不具合を修正

のりよしです。

ビデオ編集、疲れた・・・

さて、Cubaseでよく起こるのが、HalionSonicのライブラリのインストールがうまくいっておらず、音色選択画面で音色名が一切表示されないとか、起動の再に「ライブラリが見つかりません」的なエラーメッセージが出たりなど。。

こういった場合には、ライブラリの再インストールが手っ取り早くしかも確実だったりしますので、その方法を記します。

・My Steinbergにログイン
・”製品登録”へ入る(登録済みの製品一覧が出ます)
・”ダウンロード”タブをクリック
・今使っているバージョンのCubaseをクリック
・お使いのOS用のインストーラーをダウンロードする

これでお使いのCubaseのインストーラーがダウンロードされます。ダウンロードしたファイルはZIPファイルですので、まず解凍(展開)して下さい(よく、ダブルクリックすると”瞬時に”ZIPファイルの中身が表示されるので、それを”解凍された”と勘違いする方がいらっしゃいますが、間違いなく解凍して下さいね。ファイルが大きいので解凍には1~3分程度かかると思います。)

解凍が終わったら、インストーラーを起動して下さい。”ようこそ”の画面で、”いいえ、ローカルにあるソフトウェアをインストールします”をクリック。”次へ”を連発して進むと、こんな感じの画面がでます。

で、今回の場合、一番下の”Content”を選択して、右の窓で”再インストール”を選択(下の画像)。そしてインストールを粛々と進めて終了させます。

これでHalionSonicや、MediaBayに表示されるループ素材などのコンテンツが再インストールされます。場合によってはコンテンツだけでなく、HalionSonicSE本体も再インストールした方が不具合の修正には確実かも知れません。皆さんのDTM環境が快適でありますように!

以上、全て自己責任でお願いします。生徒以外の方のお問い合わせには応えられませんので、ご質問があればカフェトークから単発レッスンを申し込むか、生徒になる(後悔はさせないよ!)→コースと月謝へGo笑

Addictive Drums 2 ドラムマップ for Cubase

AD2 Standard.drm

追記:2016.12.29
早速の不具合勃発で2.0にバージョンアップしました爆(”Beats”からのパターン引用の際に正しく鳴るよう修正)

AD2 Standard v2.drm

・上のリンクを右クリしてファイルを適当な場所に保存
・Addictive Drums 2 のトラックのインスペクターで、ドラムマップを選択するウィンドウをクリック
・開いたメニューの”ドラムマップ設定”をクリック
・左上の”機能”をクリック
・”読み込み”をクリック
・ダウンロードしたファイルを選択して”開く”
・”ドラムマップ設定”の画面を閉じる
・再びインスペクターのドラムマップ選択ウィンドウをクリック
・”AD2 Standard v1.0 v2.0”が追加されているので選択

以上。ちゃんとしたものがネット上で見つからないので手作りしました笑。使いやすさを考えて、最上段がキックから始まるよう配置を一部変更しています。

このマップを使えば、Addictive DrumsをGM配列にしなくても音とマップ上の名称の整合性が保たれます。AD2のネイティブなマップで作られたADPackのMIDIも内容が正しく表示されて便利です(GM配列で作られたMIDIデータを流用する場合は、これまで通りAD2をGM配列にして使って下さいね。)

ちなみにCubase8.5から、ドラムマップエージェントというとても便利な機能が搭載されました。エディターウィンドウの上部におうちみたいなアイコンがあるので(左の方)、クリックするとメニューが開いて、便利機能が使えます。Try it!!

Cubase Pro 9の新機能のうち、僕が「ヤッター!」と思ったもの

Cubase9、出てました。気が付いたら。

入れました。

ヤッターポイント1

プロジェクトウィンドウに、ミキサーやエディター画面を統合できるようになりました。MIDIをエディットしながら「あれ、、ここのコードって何だっけ?」がなくなります。

ヤッターポイント2

新しく”サンプラートラック”なるものが追加されました。オーディオを放り込んで、範囲設定して、ボーカルでもSEでも何でもトリガー!

ヤッターポイント3

MixConsoleの操作を、プロジェクトとは独立した編集履歴で戻れる!「あー!フェーダー動かしちゃった!念入りにバランス取ったのにトホホ・・」がなくなると同時に、色々試して「やーめた!」ができます。

ヤッターポイント4

新プラグインの8バンドEQ。なんと全バンド”リニアフェーズ”ですよ!オマケEQのクセに!笑 さらにMS処理も可能とかって、Maxmaizerも良くなったみたいだし、そのうちOzoneとか必要なくなっちゃいそうなイキオイ・・・

ヤッターポイント5

マーカートラックが最大10トラックに! 「これ以上トラックを追加できません」をもう見なくて済みます笑

ヤッターポイント6

オーディオ信号を、インストゥルメント(例えばシンセ)にサイドチェインして、加工(例えばフィルタリングなど)できるようになりました。僕はルーティンにMoog(実機)を組み込んであって、そこでフィルタリングしてますけど、”DualFilter”くらいしか選択肢がなかった生徒にとっては朗報だねー!

これでまた面白いものジャンジャン作って下さいな^^

CubasePro8.5で、FaderPortが使える

PreSonusのFaderPortが、Cubase Pro8では使えていたものの、8.5になったら使えなくなっていた件で、これが解決したので備忘録的に記しておきます。

OS: Windows7 64bit
DAW: Cubase Pro 8.5.20

●下記PreSonusのサイトで、最新のドライバ(現時点でv135)をDL
http://www.presonus.com/support/downloads/FaderPort

●DLしたファイル”FaderPort_135_617.exe”を起動してインストール

●インストールが終了すると、ファームウェア・アップデートの画面に移行するがこれを行わずインストーラーを終了

●下記ファイルを
C:\Program Files (x86)\PreSonus\FaderPort\FaderPort Dll\Cubase\x64\FaderPort.dll

下記フォルダにコピー
C:\Program Files\Common Files\Steinberg\Shared Components

●Cubaseを起動し、プルダウン・メニューの”デバイス”→”デバイス設定”と進む

●デバイス設定画面の左上の”+”でデバイスの追加

●一覧にある”PreSonus FaderPort”を選択

●右上のMIDI入力/MIDI出力をどちらも”FaderPort”に設定

●”適用”→”OK”

以上。この方法はPreSonusのフォーラム内(英語)で偶然発見しました。
これでトラックボリュームに連動して、ムービング・フェーダーも動きます。
便利~~~!

これがなかったら生きていけない。C8.5の新機能をチェックせねば。

【追記】上記サイトからdllファイルを入手できない方のために、ここからダウンロードできるようにしておきますが、完全に自己責任でお願いします。また生徒以外の方のご質問にはお答えできません。代理店へどうぞ。
FaderPort.dll