【連載】My Plugin FX #03 更に

【Pro-G】ゲート / fab-filter
純粋にゲートとして使うこともありますが、基本的にエキスパンダーとして使用しています。

エキスパンダーはコンプレッサーの逆で、しきい値より “下” を圧縮します。「しきい値より下を増幅します」とかブログで堂々と書いてるアホがよくいます。使ったこともないのに書くとか笑。「3拍子の楽曲を列挙します」といってタイトルを並べている人がよくいるけど、その半分は3拍子じゃないし、まーネットの情報なんてそんなもん(この記事も疑いながら読んだらいいよ)

さて、しきい値以下をガッチリ無音にしちゃうのがゲート。やんわりと押さえるのがエキパン。こんな風に捉えるといいと思います。ドラムの2mixに使って劇的にグルーブ感を増したり、ギターのカッティングやパーカッションなど、エキパンを使って歯切れを良くしたりリズムを強調したりすることができて、これが曲全体の躍動感に繋がります。

グラミー賞20回受賞、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームにも名前が刻まれているミキシングの名手、アル・シュミットさんが今年の4月に亡くなられましたが、友人の満田くん(僕がミックスを教えてもらった)は、若い頃アル・シュミットさんのもとで何年か修行を積んだらしいんだけど、そこでエキパンの使い方を身につけたらしいです。僕がちゃんと身に付いているかは不明。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #02 次な

【Pro-C2】コンプレッサー / fab-filter
EQと同様に絶対必要なエフェクター、コンプレッサー。

コンプを使う時、”望ましくない音量の変動を改善する”、”個性や味わいのあるプラグインや実機で魅力的な音にする”、この2つは完全に分けて考えるべきです。上級者やプロはこの2つの要素をいっぺんにコントロールできます(頭の中では分かれているけど)。自分がプロ級だと思えない場合は、後者は完全なオプションと捉えた方が、良い結果に辿り着けると思います。

で、前者の目的にプラグインのコンプレッサーを用いる場合、僕はfab-filet一択です。

・色付けが無い
・アナライザーで入出力のゲインが一目瞭然
・サイドチェイン可
・扱いやすい

所有しているプラグインのコンプレッサーを全部並べたら100を超えると思いますが(みなさんも数十はあるでしょう?)、仕事では「えーっと、このへんだったかな・・・(以下省略)。僕は今のところ ”コンプレッサー” はこのひとつだけです(ダイナミクス系という括りなら他にいくつも使っていますが)

色付けが欲しい時は実機を使います。Avalon VT737sp搭載のオプト(LEDの光を用いた)コンプ、DRAWMER1960の真空管コンプ。定番1176特有のサウンドが欲しい時はUA 6176のコンプ。Pro-C2と合わせてこの4つ(1176は圧縮せずに “通すだけ” の時もあります)です。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #01 まず上からなー

“Prod. & Mixing” つまり制作とミックスの時のセットです。マスタリングはまた別のセットになってます。Cubaseではトップメニューの”スタジオ”→”プラグイン・マネージャー”で、プラグインのセットを複数作っておいて、作業に応じで切り替えられる。重宝してます。(右上の▼でメニューを出して切り替えるよ)

さて、ひとつのプロジェクトで何十個も使うものは、いちいちフォルダーなんか開いていられないのでてっぺんに並べています。

【Pro-Q3】ダイナミックEQ / fab-filter
”帯域ごとにフィルターで分けてそれぞれのバンドを加工後に合算” というのがEQなので、使えば音は劣化するし位相も乱れます。だけど使わないわけにいかないのでてっぺんにあります。あらゆるエフェクトの中で一番使うということですね。

EQを使う時、”楽器、あるいは楽曲全体の帯域ごとのバランスを取るために用いる”、”個性や味わいのあるプラグインや実機で魅力的な音にする”、この2つは完全に分けて考えるべきです。上級者やプロはこの2つの要素をいっぺんにコントロールできます(頭の中では分かれているけど)。自分がプロ級だと思えない場合は、後者は完全なオプションと捉えた方が、良い結果に辿り着けると思います。

で、前者の目的でEQを使う場合、僕はfab-filet一択です。

・色付けが無い
・スペアナの解像度が高い(Spanにはかないませんけどね)
・コンプ内蔵(サイドチェイン可)
・扱いやすい(カーソルをホバリングしないと現れないアウトプットだけはNG)
・リニアフェーズ可(選択肢多数、だけどあんなに要るの?)

所有しているプラグインのEQを全部並べたら100を超えると思いますが(みなさんも数十はあるでしょう?)、仕事では「えーっと、このへんだったかな・・・」なんてスクロールしている時間は無いです。趣味ならズラーっと並べてニンマリと気持ちの悪い笑顔を浮かべるのもアリかと思います笑(そして効率の悪い作業を嗜む)。僕は今のところこの一個です。

色付けが欲しい時は実機を使います。現代的で透明感のあるサウンドが欲しい時はAvalon VT737sp に搭載の真空管EQ。濃密でレトロなサウンドが欲しい時はUA-6176のプリアンプ側に搭載されたEQ、Pro-Q3と合わせてこの3つで全てのEQ処理を行ってます。

 
 
 

【連載】My Plug-in Effects (何使ってるんでしょ~~~か!?)

日頃から制作に使っているプラグイン・エフェクトの紹介をしようと思います。

連載で。

僕は使いもしない音源やエフェクトをずらずらと並べておくのが大キライなので(作業効率も落ちるし、目的のものを探すのに目障り)、基本的には使うものしか表示させません。ですのでかなりシンプルです。

紹介すると言っておいてアレですが、ミックスは道具ではなくて “腕” なので、ミックスの初心者ならDAWの付属で全然OKです。高価なエフェクトを山ほど使ってウンコみたいな2mixを作ってる人が世の中に山ほどいますが、ミックスのことをちゃんとわかっている人がDAWの付属だけを使ってしっかりとミックスしたら漏れなく完全に駆逐されます。道具は何も解決してくれません。

それと10年も15年もやっていても、ウンコみたいな2mixしか作れない人も大勢います。僕もかつてそうでした笑 ちゃんと勉強したらそんな人を2,3年で軽々と追い越していけます。これもまた道具ではないのです。

あ! 大切な道具がありました。部屋とスピーカーです。ここにはたっぷり投資しましょう。でないと勉強もできません。30万円か40万円用意してルームアコースティックと再生装置にお金を注ぎましょう。そしてプラグインはDAWのオマケとフリーウェアでOK。1円もかける必要ナシ。何年か精進を重ねてしっかりとミックスができるスキルと耳が身に付いたら少しずつ好みのプラグインや実機を手に入れていけばいいのです。これが正しい順番。

こういうことはAmazonでポチって手に入る本や雑誌には載っていないし、プラグインの魅力的な宣伝文句にも書かれていないよねー


↑↑↑mixの上級者↑↑↑