OH NINJA!

【ino】レッスンにてサイレント映画を取り扱っているの。
1921にこの演出すごくないです???? さすがニンジャ…

そういえば子供のころニンジャに憧れて密書(バイエル)を川に流してバチバチに怒られたことがあります。
ニンジャなのでちゃんと拾いましたよ、、、

 
 
 

練習中

ボサ・ノヴァという音楽ジャンルを確立した巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンの場合、”代表作”といっても星の数ほどあるわけですが、その中のひとつ『コルコバード』をギターで練習中。

でかでかとダイアグラムを並べてまるで初心者w(もう暗記しちゃったけどね)

曲の方は小野リサさんのライブでどうぞ

このライブでベースを弾いているのはクリス・シルバーシュタイン。He is my friend!!!

20代半ばのころ、修行の為にとあるジャズバンドに入っていて、そのバンドのサックスの女性が看護学校の先生をしていたことから、練習場所はなんと看護学校の倉庫!

ピアノトリオにサックスが2管という編成だったなぁ。。そのバンドにいたピアニスト(渡辺さん)に紹介してもらったのが、当時ボストンのバークリー音楽院を卒業したばかりのクリス。

で、これまた修行の為にナベさん(ピアノ)、クリス(ベース)、俺(ドラム)の3人でピアノトリオを組んで”どジャズ”をやることになり、毎週水曜日に池袋のスタジオに集まっては練習を重ねたんだけど、あっちは日本語からきしで、こっちは英語が片言だから言葉では意思の疎通が困難。。。

でもひとたび曲が始まれば、”音で会話”をするから言葉なんか要らない。意思の疎通に何のストレスもない!!!

小学校の頃から洋楽好きであっちの音楽ばかり聴いてきて、「音に国境や人種の壁なんてない」ことは頭ではわかっていたけれど、言葉でコミュニケーションが取れない相手と音で日頃のバンド仲間、、いやそれ以上にコミュニケーションが取れたこの出来事には感動した。

その修行バンドがどういう経緯で終息したのかは全く覚えていないけど、長い年月(15年くらいかな)が流れた後、とある仕事でレコーディング・スタジオに入り浸っていたら、ある日クリスがやってきて、お互い超ワーオ!!! クリスが「OH, ノリヨシ! スイヨウビ! イケブクロ!」、完全に覚えていてくれたんだよね。僕は曜日や場所なんて完ぺきに忘れていたのに(汗 …それにしてもまだ日本語がへたなのかwww

キリスト教圏の人にとって曜日っていうのは無宗教の僕などに比べて大きな意味があるとは思うけど、バークリーを卒業してすぐ言葉の通じない辺境の地へ来て最初のバンドだったろうから、あの修行トリオの活動はもしかしたら彼にとっては忘れ得ない思い出になっていたのかも。。だって記憶力がすごく良かったらもうちょっと日本語が・・・w

 
 
 

覚えてるもんだ

生徒と一緒にジャズの作曲についての教本を読み進めているんだけど、その中に”How My Heart Sings”という曲のタイトルが出てきたその瞬間、半世紀近く前の鮮やかな記憶が蘇ってきた。

「本日はビル・エヴァンス・トリオの演奏で、『ハウ・マイ・ハート・シングズ』、『〇△×□※』、『×□※〇△』、以上3曲をお届け致しました。」と3曲目のエンディング直前にナレーション。

僕が初めてビル・エヴァンスというピアニストの演奏・・・というよりジャズそのものに触れたのは小6。テレビで見た日本人のジャズの演奏で興味を持ち、当時持っていたモノラルのラジカセで、夜遅くにジャズを決まって3曲流すラジオ番組(タイトル忘れました)をカセットテープに録音。その最初の録音がこの『ハウ・マイ・ハート・シングズ』以下3曲。その後数年に渡ってそのテープは宝物となりました(中学生になってお小遣いでアルバムを買うまで)

そして50年近くぶりにYouTubeでこの曲を聞いたら、なんと!、テーマもピアノソロもベースソロも歌える!!! アタマからエンディングまで!!!(ベースソロは一部怪しかったけどw)

人の記憶力ってすげえ!!! きのう食べたものも思い出せないのに!!! おととい見たジョジョのストーリーも思い出せないのに!!!(前回までのあらすじありがとう)

これが “三つ子の魂百まで” か!? 自分のことながら感動した・・・

そして幼いころに良い音楽にたくさん出会えたことを今更ながら感謝・・・