映画観ようぜ映画

【ゴールデンウィーク】

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった『自由学校』が、大映創設以来最高の売上(当時)を記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、この時期に観客を多数動員し活性化することを目的として、当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、和製英語である。1952年(昭和27年) – 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。wikipediaより

松山英夫w

個人名出たコレw

じゃあオレもな

【DTM】

「DTM」の名称は1990年代前半、当時、日本国内においてパソコン上でシーケンサーを用いて音楽を作る行為を表す言葉が “打ち込み” 以外に無かったことから、雑誌の創刊にあたって『月刊 打ち込みマガジン』というわけにはいかねーだろ、ということで、株式会社寺島情報企画の社長と、ドラマーで編曲家の船橋のりよしが、カフェ・アンセーニュ・ダングル自由が丘店の窓辺の席でアレやコレやと案を出し合った結果、DTP(デスクトップ・パブリッシング)を文字って、「ドイツ・ツーリングカー選手権の略称とカブっちゃうけど、他に妥当な言葉も思いつかないし、もうこれしかねーな。こうなったら俺らでこれを普及させていこうぜ」、と決まった言葉であり、その後の『月刊 DTMマガジン』のタイトルとなった。寺島社長は編集長として、船橋のりよしはその創刊準備号から記事と連載に十年以上に渡り携わった。当初は、「DTMって何のことですか?」と耳にタコができるほど尋ねられたが、個人の音楽教室、そして楽器店、専門学校、楽器メーカーと、徐々に浸透していき、一般的な呼称となっていった。今現在コンピューターにおける音楽のプログラミングに対して「DTM」という言葉を用いているのは、主に日本と韓国と台湾である(要出典)

funapediaより

あはw

みんな! 使ってくれてありがとう!!!
DTM初めてガイド – 島村楽器オンラインストア

 
 
 

×怪獣 〇恐竜

【ino】オーケストレーションのレッスン、今回ジュラシックパークでやることに!
楽しみ~~~

大阪には恐竜がうじゃうじゃいるらしいですよ…ご存じでして?
うめだ花月(なんばグランド花月?)もあるんでしょう?すっちーに会えるんです?

行きたすぎる…

 
 
 

CC121

雑な扱いでEQセクションのボタンがめり込んでしまったので修理に出したところ、他にも傷んでいた箇所があったらしく色々修理されて帰ってきた!

DSC_0023

モーターフェーダーを交換してもらえたのは地味に助かる。。

これが無かったら腱鞘炎になっとる

 
 
 

レコーディング・アシスタント

某レコーディング・スタジオで働いている生徒(教室でミックスの勉強中)が、May.Jさんのレコーディングでアシスタントを務めましたとさ。

ブライダルホールに機材を持ち込んで、シュアーのSM58での一発録り。。こんな時代になってもゴッパは健在なんだなー。限りなく無難(コレだいじ)。下のと合わせて2曲録ったそう。

しかしこの選曲はいったい・・・

 
 
 

ファイナルファンタズィ

【ino】レッスンにてアレンジとコードを分析。FF14、光のお父さんでやってたやつだ!!!!
インディーさんのやつ!!!

ところで私の地元ではFFを「ファイファン」と呼ぶ忌まわしき文化がありました。
ゼルダは「ゼル伝」(ぜるでん)。方言か?

 
 
 

生徒が優勝

大阪の子供は何でも2回ずつ言います。

ねえねえ!!
みんなみんな!!
聞いて聞いて!!
あのなーあのなー!!
生徒がなー生徒がなー!!

・・・注意を引くだけ引いて、肝心なところで声のトーンを落として1回だけ言います

「優勝したんやで」

(ドッカーン)ワーーワーーワーーー!!!!!

なんと音楽的なダイナミクスでしょう!

音の高い低いとか、大きいとか小さいとか、音色の変化とか、テクスチャーの違いとか、そういったもののコントラストで音楽の芸術的な側面も大衆音楽として面白さも成り立っています。つまり西洋音楽の平均律(鍵盤を弾いたら出る音)や調の作法(所謂ドレミ)に沿っていなくても人を魅了する音楽は作れます(もちろん沿っていても作れます)。今回それを生徒が実証してくれました。

以下、生徒より

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

船橋先生、ino先生、生徒のみなさま

ご無沙汰しております、この度、ペンシルバニア州立大学音楽祭で、拙作「Radical Duality Ⅳ」が優勝いたしました。
ミックスやマスタリングの鍛錬、特に船橋先生のOZONEの記事を非常に参考にさせて頂いて、このような結果を出すことが出来ました。ノイズきつめですが、最後にはバッハの「我らに平穏を与えたまえ」が自作シンセで引用されます。
ご報告でした!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

立派!!!!!

いやー全19回に渡るマスタリングの連載ブログ、頑張って書いた甲斐があったわー(ミサワ)

Ozone de マスタリング

 
 
 

MIDIデータ123曲購入

【以前】生徒に「普段はどんな曲を聴いてるの?」とか、「アレンジ分析したい曲は何?」といった質問をすると、ヒットチャートで見かける曲名が出てくることの方が少なく、最新の曲を聴いている生徒は少なかった

【現在】今流行っている曲や話題の曲のタイトルが上がることがかなり多くなった。推測される理由=ただ「曲を作りたい」ということではなく、「自分の曲を発信していきたい」という姿勢の生徒が増えたから

・ただ音楽を作りたい→自分の好きなものを作れば良い(自己満足大歓迎。オナニー万歳)

・作りたくて作った楽曲を大公開→公開オナニーショー

・世間に発信してそれなりの評価を得たい→この瞬間を生きている人が好む音楽を知る必要がある&作り手の感性やセンスがアップデートされている必要がある

ヤマハミュージックデータショップというサイトがあって、既存曲のMIDIデータが購入できる。四半世紀前、これのローランド版みたいなのがあって(ソフマップの店頭でフロッピーディスクで売ってた)それをけっこうやった。…けっこうやったけど記憶に残ってるのは、ビートルズのアルバム何枚かの楽曲全部を完全コピーしたことだけ=なんのクリエイティビティもない仕事。けど勉強にはなった。)
ヤマハミュージックデータショップ

楽曲の構造、音色、リズム、コード進行、メロディ、詞の世界観…、分析のしどころはいくらでもある。MidRadio Playerというヤマハの無料配布ソフトで再生すると、音と同時に歌詞とコード進行が出てきます(Uフレットみたいな感じに)

&すべてのインストゥルメントトラックをオーディオにして、ミックスの訓練の叩き台にできる

・・・ということでたくさん買ってみたよ。「いいかお前ら、レッスンでこれを使っていくぞ」(リヴァイ兵長風)

「他に購入して欲しいアーティストがいたらどんどん言ってこい」