Audible Genius Syntorial

先日、カウンセリングをした生徒から教えてもらった『Syntorial(シントリアル)』を紹介しておくよ!

なんでも、ゲーム感覚でシンセの音作りを学べるソフトだそうだ。”シントリアル” とは、”シンセ” と “チュートリアル” から成る造語みたいです。以下、メーカー情報。

シンセサイザーの新しい学習法

Syntorialは、シンセパッチのプログラミングを耳で聞いて学ぶ、ビデオゲーム感覚のトレーニングソフトウェアです。ビデオによるデモンストレーションとインタラクティブな課題を組み合わせた約200のレッスンで、内蔵のソフトシンセでパッチのプログラミングを実際に体験し、独自のサウンドを簡単に作り始めるために必要な知識をすべて学ぶことができます。

これは普通のシンセサイザーのチュートリアルではありません。これがSyntorialです。

インタラクティブな学習

Syntorialは、シンセサイザー・プログラミングの仕組みを紹介するだけではありません。129のインタラクティブ・チャレンジで、内蔵シンセにパッチをプログラムしなければならないのです。サウンドデザインの方法を学ぶだけでなく、サウンドデザイナーになることができるのです。

特徴

・129のチャレンジ – 実際にやってみることで、学ぶことができます。Syntorialの内蔵シンセでパッチをプログラミングし、課題をクリアしていきます。

・706 PATCHES – プログラム、プログラム、プログラム。それが全てです。シンプルなものから複雑なもの、馴染みのあるものから奇妙なものまで、700以上のパッチをプログラムすることができます。

・33 ON YOUR OWN – Syntorialは、あなたが使っているシンセサイザーで、定期的に実行するタスクを提供します。

・147 VIDEOS – 課題で使用するシンセと同じものを使用したビデオ・デモンストレーションで、すべてを学ぶことができます。

・64 SYNTH PARAMETERS – ほとんどのシンセサイザーで見られる一般的なパラメーターをカバーしています。

・39のクイズ – 選択式の問題で、学習したことをすべて記憶することができます。

・一度お支払いいただくと、3つのプラットフォームでご利用いただけます。Mac、PC、iPad

だってさ! いいんじゃないのいいんじゃないの!?
ググれば日本語のレビューもいくつか見つかるよ!
ブツはPLUGIN BOUTIQUE で売ってます

【追記】
公式サイトで学割り利くみたいです!(生徒情報です)
Syntorial Educational Discount

【追記2】
3月16日までここで40%offのセールやってるみたい
ADSR sounds
 
 
 

かかっています!LFO

【ino】サッとフィルターをかけてチャっとしたいときとか超便利で最近使っているShaperBox2。
このシンセのLFOってどこだっけ…みたいな時ってあるじゃないですか…(音作りに拘りたい場合は非推奨)
1日で8億曲くらい制作しなきゃいけない時とか良いです。

Shaperbox2

画面もパックマンみたいでかわいい。デカくて見やすいし。
軽いしかわいい。


 
 
 

ブレスコントローラー

外部からシンセサイザーやMIDI音源、DAWなどを操作するデバイスを ”フィジカル・コントローラー” といいますが、ブレスコントローラーもそのひとつで、息を使ってMIDI情報を送信する機器のことを指します。僕はアレンジに管楽器やストリングスなどをよく使うので、昔からブレスコントローラーをよく使ってきました。

最初に使っていたのはコレ、YAMAHAのBC3。吹き口を咥えて息を吹き込むと、息の量に応じてMIDI情報を送出します。主にボリューム操作に使ってました。これを使っていたのは30年くらい前かな。

 
 
その後、1993年にヤマハから発売された ”世界初”の物理モデル音源搭載シンセサイザーVL1。物理モデルだから、トランペットの材質を木にしたりガラスにしたり、フルートの材質を陶器にしたり自由自在です。これには大いに興味をそそられました。ブレスコントローラーで使い倒してみたい!・・・が、定価47万円。貧乏ミュージシャンには高嶺の花でした。

 
 
3年後の1997年、VL1の心臓部を抜き出した物理モデル音源モジュール VL70-mが同社からリリースされることになり、そのお値段なんと¥58,000円。安くなり過ぎだろ笑

 
 
「この値段なら買える!」と湧き立った瞬間、ヤマハさんからプロトタイプの貸出機が届き(当時DTM関連雑誌の連載や記事のライターをしていたので)無料でお手元に。「3年前に47万円でVL1を買うお金が無くて本当に良かった。」と心から神様に感謝。しかも記事を書いた後に返却要請も無かったのでその後も使い続け、今も手元にありますが自分のものでもないので売れないし捨てれない笑

で、そのVL70-mを使い倒すために購入したのが、同社のWX5。これで様々な管楽器を奏でるわけです。基本的には指と息でノート情報、息の圧力でコントロールチェンジ、吹き口を噛む力でピッチベンド情報を送って音源をコントロールします。

 
 
で、WX5はVL70-mを奏でるには都合が良いのだけれど、DAWにコントロールチェンジを送るだけの使い方をしようと思うと結構めんどくさい。VL70-mを経由しないといけないし、電池を何本も入れるかACアダプターから電源を供給しないといけない。そこで、もっと便利な道具ってないかな~と思っていたら、AKAIからEWI USB PROFESSIONAL なるものが登場。ほっそいUSBケーブル一本でPCへ直接接続。USBのバス電源で駆動するので電源供給の必要も無し。これが超軽快。

 
 
ただ一つの難点は、WX5もそうだけどこの手のデバイスは両手が塞がってしまう。DTMで単旋律を入力するのに両手を使うのって結構煩わしい。吹いて楽しむだけなら構わないんだけど、サッと入力してパパッと編集してまたサッと入力して編集・・・いちいち両手で楽器持ってピラピラやってるより、目の前の鍵盤からノートを入力しながら、パラメーターは息でコントロールしたい・・・と思って探しまくったら、ありました。

 
 
TEControl USB MIDI Breath Controller2。日本では販売されておらず、2週間ほど前にスウェーデンにあるメーカーに直接オーダーして昨日届きました。この吹き口を咥えて、吹いたり、噛んだり、顔を上や下に向けたり、頭を左右に傾けたりすると、リアルタイムにパラメータが送出されます。両手が空くのでコードも弾ける。やったー、最終到達点。ブレスコントローラーすごろくのあがりかな。

空のMIDIトラックを録音状態にして吹いたり噛んだり頭を傾けたりしてみました・・・忙しい。

頭を傾けてのコントロールはDTMユースでは現実的ではなさそう。

・息でCC#2 (Breath)=音勢や音量
・噛む力でCC#1 (Modulation)=ビブラート
・右手の鍵盤のタッチでノートのオンオフとベロシティ
・左手でMIDIキーボードからピッチベンド

こんな使い方が良さそうです。よーし使い倒していくぞー
 
 
 

総理大臣は岸田

しばしば、”音楽以外のことは知らない自慢” みたいなことをしたくなるんですよね。

例えば今の総理大臣が誰なのか知らないとか。

でつい2、3日前まで知らなかったんです。日本の総理大臣を誰がやってるのか。

ま、知らなくても日常生活困らないし、ミュージシャン同士で政治の話とかしないから恥もかかない(今かいているのか!?)

先日食事中に、ネトフリでコブラ会かjojoでも見るかとリモコンを手に取ったら操作を誤って地上波のニュースが映り、

「それを受けて岸田総理大臣は…」というのを目にして、「あー、知ってしまった。何ならこの後3人くらいまとめて知りたくなかったのに総理大臣が誰かとか。覚えなくてもいいようなことを覚えて脳ミソの一部を損してしまったわい」と。

脳内イメージ

で、その一件をこの教室のもうひとりの講師、ino先生に話そうと思い、先生がレッスンを終えたところをつかまえて、

「いやぁ、今の日本の総理大臣って岸田っていうんだね。さっき初めて知りました。」と得意の ”音楽以外のことを知らない自慢” をぶつけたら、

へー、総理大臣て石田っていうんですね( ºωº )

 
確かに俺は滑舌悪いけども・・・

返り討ち感ハンパない

 
 
 

【連載】デシベルの話(DTMer向け)#4(最終回)

今回は最終回、パンニングと音量との関係について話します。

モノラルからステレオへ

現在のように左右1対のスピーカーやヘッドフォンから音が出ることが当たり前になるのにも歴史があります。「1940年代から1970年代にかけてのステレオの進歩は、複数チャンネルの録音・再生時の同期の困難さを技術的に克服していく過程であり、同時に新たな録音媒体と録音再生装置を市場に売り込んでいく過程だった。大まかに言って、ステレオシステムはアンプとスピーカーが2つずつ必要となり、モノフォニックシステムの2倍のコストがかかる。消費者がそれだけの金額を出すに値すると考えるかどうかは明らかではなかった。」(wikipediaより)

パンにも歴史がある

今現在もモノラルのラジオはありますし、5.1や7.1チャンネルのサラウンド(主に映画)もありますが、音楽はやはり左右2チャンネルの”ステレオ”再生が主流です。そういったステレオ音像の中で音を右へやったり左へやったりする機能を”パン”といいます。これは見渡す限りの広々とした景色を表す”パノラマ”という言葉の略称です。パノラマ的ステレオ音像の中で音の左右の位置(定位)を決めるものです。初期のパンは、現在のようにツマミを回して好きな位置に音を配置できるわけではなく、左、中央、右の3択しかないスイッチ式でした。ユニバーサル・オーディオの610コンソールなどがそれにあたります。

クリックで拡大します
一番奥のスイッチがパン。L, M, R と見える

「古い曲を聴いた時にとんでもないパン設定になっていることがありますが、アレっていったい何ですか!?」と生徒に聞かれたことが何度もあります。例えばイントロで完全に右チャンネルのみからドラムとベースが聴こえてきて(左のスピーカーが壊れたかのように聴こえる)、次の瞬間左からギターとピアノが聴こえてきてビックリすると、中央がらボーカルが聴こえてくる、そんな感じです。スイッチなので仕方がない。

Pan Lawとは

さてここからが本題です。ミックス作業において、例えば1本のギターをソロにして完全に左へパンニングしたとしましょう。その時左のスピーカーから出ている音のエネルギーを100とします。左のスピーカーが100、右のスピーカーが0の状態です。当然ギターは左のスピーカーの位置から聴こえます。次にパンをぴったりセンターにしたとします。するとギターは当然中央から聴こえます。

【ちょっと寄り道】
実際には中央にスピーカーは無いのに、スピーカーの無い中央からギターの音が聴こえてくる。これは人間の聴覚の錯覚によるものです。左右のスピーカーから、寸分の違いもない音声信号が同じタイミング同じ音量で放たれると、人にはそれが中央で鳴っているかのように聴こえる、というものです。その時の中央の音像を”ファントム・イメージ”と呼びます(直訳すると”幽霊像”ですかね)。

さて、ギターが中央で鳴っている時のスピーカーから発せられるエネルギー=音響パワーについて考えてみます。ギターを左にパンニングしていた時は”左100:右0”でしたが、今はセンターにパンニングしたので左右から同じだけのエネルギーが放出されています。これがもし”左100:右100″だったらどうでしょう。空間に放出される音響パワーはスピーカー1本の時の2倍の200となり、当然ギターの音は大きく聴こえることになります。つまりパンでギターの位置を左右に動かすと、連動して音量も変化してしまう。これではミックス作業に支障が出てしまいます。なので中央にパンニングしても音が大きくならないよう補正する機能が必要であり、それが ”Pan Law” パン・ローです(直訳するとパン法)。

補正の仕方がいくつもある

パン・ローの補正にはいくつかの考え方があり、2本のスピーカーの音響パワー(スピーカーに与える電力)の合計を2分の1にするために-3dBの補正をしたり、音響パワーでなく音圧で考えて-6dB(音圧2分の1)の補正をしたり、その間をとって-4.5dBの補正を行ったりと、コンソールやDAWによって様々です。Neveのコンソールが確か-2.5dB(古いProToolsも同じ)、SSLは-4.5dB。DAWでは、Studio One, Live, Digital Performer など変更できないものはたいてい内部で-3dBの補正をしているものが多く、Logicは選択肢が3つ、Cubaseには選択肢が5つあります。

古いCubaseは確かデフォルトで-3dBでしたが、いつからか選択肢も増えて “均等パワー”がデフォルトになりました。均等パワーはスピーカーに与える電力=音響パワーレベルが常に一定(どこにパンニングしても)という意味なので、左右2つのチャンネルの出力の変化がリニア(直線)ではなく、平方根カーブを描いているはずです。それにより完全に端にパンニングした時とセンターにパンニングしたの時の音量差を無くすだけでなく、その中間のどこへパンニングしても合計の音響パワーレベルが均等になります。左端からセンターまでの左右2チャンネルの音響パワーの変化をイメージ化するとこんな感じ。

マルチトラックオーディオを異なるDAW間でやりとりすると、聴こえ方に差が出る(センターの音が大きく鳴ったり引っ込んだりする)のはこの為です。他には、ミックスをする空間がどれくらい音響特性的にトリートメントされているかや、スピーカーと壁との距離や反射、2本のスピーカー間の距離やリスニングポイントの遠い近いでもステレオ感は変わってくるので、自分の環境にあったPan Lowを試してみるのも良いと思います。

例えばDTM環境で、大きめの2台のディスプレイを横並びに配置してその外側にスピーカーをセッティングすると、リスニングポイントに対してスピーカーが開き過ぎたセッティングになります。そうすると中抜け(なかぬけ)と言ってセンターに位置したパートの音が希薄になってしまうので、その状態でミックスをするとセンターにパンされているパートのフェーダーを上げがちになってしまいます。逆にスピーカー同士の距離が近過ぎるとセンターのパートのフェーダーを下げがちになります(メイン・ボーカルが引っ込んだ失敗ミックスになりやすい)。いくつも選択肢があるDAWなら、そういったセッティングの弱点をカバーできる可能性もあります。一流のエンジニアが素晴らしいバランスでミックスした楽曲をDAWに読み込んで、PanLawの設定を色々と変えて再生してみて判断するのも良いかと思います(アマチュアがミックスした曲で試したらダメですよ)。

ではデシベルの連載は今回で終了となります。ありがとうございました。またそのうち何かやります!