【連載】My Plugin FX #08 Distortion系

大きく3つのグループに分けてます。

前はここに各社のテープシミュレーターも並べてましたが、どれを使おうが本物のテープを通した音になんか全然ならないし、「そうそう、こういう音が欲しかった」という経験も全くないので使わなくなり全て削除しました(あんなオ〇ホみたいなもん要らんわ)。磁気テープを通した音が欲しい時は実機のSONYのテープデッキを使っています。最高です。

Exciter

エキサイターはハーモニック・エンハンサーとも呼ばれますが、音声信号を歪ませて高次倍音成分を付加するエフェクトです。

【Quadrafuzz v2 / Steinberg】
Cubaseのオマケです。4バンド。歪みのタイプを5つから選択できてボーカルやアコギの高域に使うと単純明快なエッジが得られます。またチューブを2mixの中~中低域に使うと1940年代のようなサウンドが作れます。

【Ozone9 Exciter / iZotope】
上記Quadrafuzzよりも上品なかかり具合いが必要な時に使います。4バンドでタイプもたくさんあり、奇数倍音が出るタイプ、偶数倍音が出るタイプ、整数倍音全体が出るタイプなど、それぞれにキャラクターがしっかりあります。

【Vitamin / WAVES】
上記の2つとは異なり、エキサイター、コンプ、EQが合体したエフェクトです。5バンドそれぞれのフェーダーを上げるだけで複合的な効果が得られます(いかにもWAVESらしい)。フェーダーを上げると基音よりも下に”何か”が出てきますがそれが何なのかは謎です。これはこれで独特のサウンドが得られるのでしばしば用います。

Distortion

以下は上記のエキサイター、ハーモニック・エンハンサーとは違い、”歪んだ音” が欲しい時に用います。

【Saturation Knob / Softube】
ただ漠然と歪ませたい時、このサウンドがドンピシャのことが良くあります。1つのノブと1つのスイッチしかないので数秒で結果に辿り着けます。

【Saturn 2 / FabFilter】
歪み方にあれこれと要望がある場合にはこちらを用います。パラメーターが多く色々なことができます。

【Trash 2 / iZotope】
”ぶっ壊れた音”が欲しい時に使います。何の楽器の音か不明になるようなプリセットも多く刺激的です。飛び道具です。

【Bitcrusher / Steinberg】
これも飛び道具。ビット深度を極端に下げた時のデジタルな歪み&ノイズが得られます。ヒップ・ホップや一部のエレクトロと相性が良い。

【BIAS Pedal / Positive Grid】
ギターアンプ・シミュレーターのストンプ部分を抜き出したエフェクトです。ギター以外のトラックに使うことで面白いサウンドが得られたりします。

Amp Simulator

【BIAS FX 2 / Positive Grid】
よく出来たプラグインのギターアンプシミュレーターです。エレキやエレベを自分で弾くような場合にはKemperを使いますが、ササッとデモを仕上げるような時にはこれが重宝しています。今のところほとんどプリセットを選ぶだけの使い方に終始しています。

【Vintage Keyboard FX / Overloud】
数少ないキーボードアンプのシミュレーターです。ローズ、ウーリー、クラヴィなどを用いる時には大抵これを挿してます。パラメーターが少なめでとても使いやすい。モジュール式になっていて痒いところに手が届きます。

【PSP L’otary / PSP Audioware】
ハモンド・オルガンなどに用いるレスリー・スピーカーのシミュレーターです。これをオルガン以外の楽器に用いるのが面白い(オルガンの専用音源にはスピーカーのシミュレーターはついてますから)

【VST Bass Amp / Steinberg】
BIASにもベースアンプ・シミュレーターは入っていますが、腰が高い印象の音が多いので、トレース・エリオットのような重低音のベース音が欲しい時に用います。

【Blue Cat’s AcouFiend / Blue Cat Audio】
エレキのフィードバック(マイクで言うところのハウリングみたいなもの)は、アンプを超爆音で鳴らして弦を揺らさないとフィードバックが起きないので、住宅地でやると警察が来ます。なのでサツのやっかいにならないようこのフィードバック・シミュレーターを使います。安全第一。

 
 
 

【連載】My Plugin FX #07 Frequency

【Frequency】ダイナミックEQ / Steinberg (Cubase 付属)

オーディオの録音レベルが低かったり、音源からの出音のレベルが低かったり、そういった低いレベルの信号に低いレシオでコンプを使う際、スレッショルドを一番下まで下げ切っても必要なリダクションが得られないことがあります。そんな時はコンプの前段で単純にゲインを上げたい。

その場合、Gainer という “レベルを上下するだけ” のプラグインが便利なのですが、僕がしばらく使っていた kHz(キロハーツ)のその名も “Gainer” が、32bit内部処理のプラグインだと気が付きまして(“bitter” というフリーのプラグインでプラグイン・エフェクトの内部処理が何bitなのかが調べられる) 、それで64bit処理のものが無いかと他を探してみたものの使い勝手のよさげなものが無い。そこで Cubase オマケの Frequency をゲインを上下するために使っています。・・・そのためだけに使うにはちょっとデカい気もしますが。

使うのは右下のフェーダーだけ。うっかりどこかを触ってしまってEQが働いては困るので、全てのバンドがoffで立ち上がるようにデフォルト設定して使っています(自称まっくらモード)。

これ、DAWのオマケ・プラグインとは思えないほど優れたEQですが、6dBごとに入っているゲインの目盛が4ミリくらいの幅しかないので笑(カーソルを4ミリ動かしたら6dB動いちゃうってこと)、小数点以下の調整には全く不向きということで使っていません。でも Gainer として重宝しています。

最もよく使うEQとダイナミクス系はこれで全部です。いちいちフォルダーを開くのも面倒なので出しっぱなしです。クリエイティブなアイディアは脆く儚いものなので、「えーとえーと」なんて探している2,3秒の間にイメージがどこかへ飛んでいっちゃう。だからサッと触れることが大事です。

それと使うエフェクトを限定することでそのエフェクト自体の操作にも精通するので、何をするにしてもパパパっと手際よく作業が進む。そうするとアレンジやミックスの作業全体にリズムが出てきて脳がいわゆる「ノッた状態」になり集中力も高まります。そんな状態をぶった切る「えーとえーと・・・」という時間を無くすことが僕にとって大切で、それゆえ使いもしないものをズラズラと並べたくないのです。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #06 MSpectralDynamics (ブラックフライデー)

最上部付近の並び順が少し変わりました。

①FabFilterのディエッサーがあまりに優秀で、iZotopeRXのDe-essが1ミリも必要なくなったので外しました。

②MeldaProductionのMSpectralDynamicsがアホみたいに優秀で、FabFilterのPro-MB(マルチバンド・コンプ)を全く使わなくなったので外しました。

よって今回は、MSpectralDynamicsについて解説します。

【マルチバンド・コンプレッサー】

僕の中でマルチバンド・コンプは ”問題を外科手術的に大胆で緻密な手法で解決する” といったツールです。ダイナミクスに関する大抵のことはシングルバンドのコンプ、エキスパンダーやゲート、トランジェントシェイパー、ダイナミックEQ、EQとコンプとサイドチェインの併用・・・、などで何とかなります。でもこれらで解決できない問題に突き当たった時、マルチバンドコンプが必要になります(トラック間の帯域の競合とか、マスタリングとか)

よく初心者が広告やセールに踊らされて購入したWAVESのL3-16などのマルチバンド・コンプをマスタリングに使っているのを見かけますが、”どれだけ犠牲を払っても音を大きくする必要がある” というジャンルでない限り、セクション間のサウンドのコントラストが失われて音楽性を損なうので、僕はマスタリングに盲目的にマルチバンド・コンプを用いるのには疑問を感じます。もちろん第一線で活躍するマスタリング・エンジニアが全てを鑑みて用いることに疑問は感じませんが(でもそういった次元でお仕事をされている方でもだいたいシングルバンドのコンプを使ってマスタリングしてますけどね)

さて、もしアホみたいに音を大きくしたいわけでも無いのに2MIXがマルチバンド・コンプを必要としているように聴こえたとしたら、それはミックスが失敗している証拠です。自分が作った2MIXならミックス作業に戻って失敗を修正すればいいけれど、他人様から預かった2MIXをマスタリングする場合にはそうもいかないので、そういった時にマルチバンド・コンプの出番になります。

【MSpectralDynamics】スペクトル・マスタリング・ダイナミクス・プロセッサー / MeldaProduction

統合型のダイナミクス・プロセッサーです。これには、

・フラッティング
・コンプレッサー
・ディエッサー
・デノイザー
・ダッキング
・ダッキング(ベース・ドラム)
・ゲート
・スペクトラルクラッシャー

といった機能がありますが、僕は単純に2MIXにファンキーなピークがあったり、キックとベースの帯域的な競合を整理する時にマルチバンド・コンプとして使っています。

普通、マルチバンドというと6バンドだったり10バンドだったり、WAVESのL3-16のように16バンド(表面には6バンドしか現れませんが背後では全16バンドが機能している)だったりするわけですが、このプロセッサーのバンド数は1000バンド以上です。1000バンド笑

Cubase のチャンネルEQで表現すると、

つまり単に全体のスレッショルドを下げるだけで、2MIXの中でスウィープするシンセサイザーの強力なレゾナンスを追従して圧縮してくれたり、キックをトリガーにしてぶ厚いシンセパッドを圧縮するような時に、キックの基音や各倍音の周波数を ”ピンポイントで” 圧縮してくれます。

で、それら多バンドの帯域毎のスレッショルド、アタック・タイム、リリース・タイム等は、カーブを描くことで調整します。ちょっと変わったアプローチなので、使い方を覚えるのにはかなり苦労しました(日本語の情報もほとんど皆無ですしチュートVもみんな外国語)。

今セールしてるみたいですよ。使いこなす勇気のある方はどうぞ。
https://www.meldaproduction.com/MSpectralDynamics

 
 
 

紅白

【ino】紅白出演者が発表になったそうで、歌い手さん?が入ってるのびっくり。
あと布袋さんって初出場なんですね。。

もう紅白とかいう時期なの…体感的に10月なんですが…そうですか…

紅白出場者一覧

 
 
 

41年前のモントルー

高校1、2年くらいだったと思う、ピアニスト松岡直也さんのバンド “ウィシング”にどハマりして、このライブ・アルバムもレコード盤が擦り切れるほど聴きまくったけど、まさか映像があったとは。。

シビれる・・

当時の超一流若手スタジオ・ミュージシャンで構成されたジャパニーズ・フュージョン・ラテンバンド in モントルー

内容紹介(Amazonより)
世界にラテン・フュージョンの洗礼を浴びせた伝説のライヴ映像を初のデジタル・リマスタリング&DVD化!
『松岡が創造したものには、彼のものだという以外にはレッテルの貼りようがないのだよ。
かれらは、世界的に例をみない斬新的でオリジナリティー溢れるグループだ。』
(クロード・ノブス/モントルー総合監督、プロデューサー)

早速DVD注文しちゃいました!!!
楽しみだーーー

Cubaseアップデートの不具合(かも)

【ino】どのタイミングで発生するのか分からないのですがCubaseのバージョンアップ後、
スタインバーグ制プラグインが一般エディター表示されちゃう不具合?があるみたい。

↓一般エディターとやら

ダウンローダーではなく、スタインバーグ本家からexeをダウンロード→実行でなおりました。

原因がわからず1日かかりましたよ…
同じ現象が出た方はやってみてください…