素晴らしい演奏でした

僕が感動した3次予選の後の反田さんのインタビューはまるでお通夜のよう。今にも泣き出しそうな面持ちで「今まで応援ありがとうございました」と。落ちる気まんまんやないか笑

うーん、、英雄ボロネーズで何度かミスタッチはしていたけど、そんなに悪かったのかな。。さらにその後のインタビューでもステージを降りた後、ずっと泣いていたと。

僕は素晴らしいと思ったけど、想像のつかない次元で戦っている人にしかわからないことってあるよね、、、と思っていたら、まさかの3次予選通過!=決勝出場決定!

一度は失った命、もう失うものは何もないはず。必ずやのびのびとした演奏を聴かせてくれる、ハズ!!・・・そう思っていたら、今日の決勝、天下のショパン・コンクールの決勝(当然オケ付き)という晴れ舞台だというのにウィングカラーのドレスシャツになんとノータイ(追記:あまり関係ないみたいです笑)、しかも第一ボタンを外して登場した時点で「やっぱり吹っ切れてる!!!」・・・そう思った通り、演奏も吹っ切れていました。本日の演奏、実にのびやかで素晴らしかったです!! 良さが全て出てました。演奏中、ライブ映像に向かって何度も拍手をしてしまった。。

本日の決勝初日はファイナリスト12人中4人が演奏(反田さんは三番目)。

一人目はとろけるような甘美な演奏、、しかし初日のトップバッターということで少し緊張感が音に出てました。オケもまだ温まっていない固さの残る演奏。

二人目は論外。

そして反田さんの演奏。のっけから素晴らしい!! オケもものすごくいい演奏をしていました。オケのひとりひとりがとんでもなく素晴らしい音楽性を携えた方々ですから、素晴らしい演奏には心が反応するのは当たり前のことです。相乗効果というヤツです。オケの演奏が超イキイキとしてました。そして、演奏終了と同時にクイ気味で割れんばかりの拍手喝采。スタンディング・オベーションも見受けられました。

演奏終了後の晴れやかな笑顔、舞台裏の階段で待ち構えるカメラに向かってビシッとVサイン!

その後のインタビューでもこの通り。

拾った命で戦ったサムライの演奏、実に素晴らしかったです。ある時は暖かいクラリネットのように、ある時は輝かしいトランペットのように、7色の音色を聴かせてくれました。「まるでピアノじゃないみたいに聴こえる!」と何度も感じました。

その後ファツィオリ(Ivory2 の Italian Grand がコレ。中音域に存在感のある素晴らしいピアノ)を使用する4人目(本日最後)の女性の演奏がありましたが、彼女の演奏は・・・”まずまず”といった聴こえ方でした僕には(すんげー上から目線w)

演奏後しばらく拍手が鳴りやまずカーテンコールにも応えていましたが、本日最後の演奏ということもあったでしょう。拍手の半分は本日出場の4人全員と、オケの団員全員と指揮者に向けた拍手のはず。

そんなわけで本日の1等賞は反田さんで間違いナシ。3次予選での失敗がこんなに素晴らしい決勝の演奏につながった、というわけです。

で、日本人は反田さんの他にもう1名、小林愛実さん(反田さんの小学生の頃からの幼馴染みだそうです)が残っておられます。この方の3次予選の内容がまた実に素晴らしかった! ぜひもう一度、、いや3次予選以上の演奏を聴かせてくれたら、これはまた素晴らしい結果につながるのでは、と期待が膨らみます。

そんなわけで、そもそもショパンコンクールの話題を振ってくれた生徒(MPCに#38:Bottles and Grapes で参加してくれた阿部くん)とSkypeで情報を交わしながら見守っている次第です。

「先生知ってますか?」
「知ってるけど何か?」
「2次予選が終わって日本人が5人も残ってるんですよ」
「まじか!!!」

ってね。