分析にも是非

【ino】ゲッカヨが廃刊になってしまった(らしい)ので色々探したらこんなのがあったよ~~

歌コレ

なんと522曲も載ってる!
いちにち1曲ディグリー弾きしたとして1年半は使えるやつです。(エクセルで計算したのであっているはずです。)
毎日全キーで練習したら1年後にはもうディグリー弾きなんて初見でいけちゃうやつですよ。

 
 
 

うっわー!! 超びっくりした!!!

生徒の一人が、とあるYouTube動画を見つけて教えてくれて。

これは僕が30年近く前に『月刊DTMマガジン』に連載していた頃の記事のひとつを、恐らく当時の読者の方が動画化したもののよう。

つい先日まったく別の方から「ドラムの『叩いてみた』のマイナスワンのオケとしてMIDIデータを使わせて頂きたいのですが構いませんか?」と、やはり30年近く前のデータについて連絡があった。よくまぁみんなあんな昔の雑誌を取っておいてくれたり、思い出してくれたりと・・・ありがたい話だ。

ギャラなんか関係なしに自分の”能力の全て”で仕事にぶつかっていって本当によかったなと思う。
(当時なぜか大阪のミュージシャンの間で「あの船橋て、1曲50万円くらいもろてんのとちゃう?」と噂になっていたそうだ。笑える!)

 
 
 

ギャース!

【ino】ザ・ハリウッド!!!ジョンウイリアムズですものね。
借用和音の使い方がザ・映画音楽!エンターテイメント!!!
ホルンのソロ超いいですね。

ジュラシックパーク無印、こどもの時に視聴した印象が「ゼリーめっちゃ緑!」で
大人になってからの印象が「ゼリーめっちゃ緑!!!!」です。
(※音楽も映像も素晴らしい作品です)

あんなに緑色な事ある?
 
 
 

【連載】My Plugin FX #05 Dynamics系

【Pro DS】ディエッサー / fabfilter

従来型のディエッサーは 「特定の高音域を監視して、その帯域にスレッショルドを超える入力があったら圧縮」というような、単純なコンプレッサー処理なわけですが、このディエッサーは少し違います。独自のアルゴリズムで歯擦音を検出して、それだけを下げてくれるといった賢いディエッサーです。

従来型だとハスキーで魅力的なボーカルや、Aimerさんのように ”息多め” な歌い方をしているボーカルトラックに対して処理がうまくいかないことが多かった。歯擦音をしっかり抑えるためにスレッショルドを下げれば、母音部分の高域も圧縮されてしまってモッサリした仕上がりになってしまう。かといって母音部分をクリアに聴こえさせるために手加減すれば歯擦音がしっかり抑えられない。なのでどこかで妥協するか、苦し紛れに2段掛けをしたり・・・

ところがこのディエッサーだと歯擦音をその他の部分と区別するアルゴリズムを導入しているので、歯擦音をしっかり低減させるためにスレッショルドをグイグイ下げても、母音部分に影響が出ない。ボーカルのトータルなサウンドに全く変化を与えず歯擦音だけ下げ放題。ほとんど魔法。
 
 
 

【連載】My Plugin FX #04 最初の最後

あまりによく使うため、フォルダーに入れずエフェクト一覧のトップに持ってきているもの4つのうち、今回が最後になります。

【MultibandEnvelopeShaper】トランジェント・シェイパー / Steinberg

ダイナミクス系のエフェクトは、コンプもエキパンもゲートも、スレッショルド=しきい値 を設定して、それより高いか低いかで圧縮したり解放したりの動作が決まります。

しかしながらトランジェント・シェイパーはちょっと違ってまして、しきい値に頼らないタイプのダイナミクス系エフェクトです。

僕がその昔、最初に出会ったトランジェント・シェイパーはコレ、SPL の Transient Designer。

アタックとサスティンの2つしかないこのシンプルさ。これをドラムの各パーツやドラム・バスに挿したり、カッティングギターに挿したり、アコギのストロークやピアノに挿したりと、とにかくアタックとサスティン部分の音量バランスを調整するのにめちゃくちゃ役立ちました。あまりにも便利過ぎてほとんどチート。「こんなもの使ってたらコンプの使い方がヘタになりそう・・・」といった恐怖からその後は使わなくなりまして。。

そしたらいつしか、Cubeseのオマケエフェクトとして付いてくるように。EnvelopeShaper という名称のトランジェント・シェイパーが。しかも、4バンドにマルチバンド化した MultibandEnvelopeShaper なるものまで。これがもう半端なく便利。

スレッショルドに頼らないということは、レベルが高かろうが低かろうが、全てのトランジェントに対して効果を発揮する、ということ。例えばキックのアタックを強める。コンプならアタックタイムを少し持たせてレシオとスレッショルドでアタック直後のトランジェントを圧縮しますが、中に音量の小さな弱めのヒットが混ざっていて、もしそれがスレッショルドを超えてこなければコンプが効かないし、超えても少しなら大きな効果は期待できない。ところがトランジェント・シェイパーはスレッショルド管理ではないので、音量の小さなヒットに対しても同様にアタックが強められる。このあたりがコンプとの大きな相違点です。

アコギのアタックを弱めるとか、スネアのサスティンレベルを上げるとか、そういうことを全てのトランジェントに対して行える。しかも4つの帯域に分けて。アタックとサスティンの調整をダイレクトに、直感的に、フレキシブルに、そして”かなり” 極端な音作りまで簡単にできてしまいます。

巷で販売されているトランジェント・シェイパーでも、4バンドしかもこれだけ使い勝手の良いものをまだ見たことがない(iZotope Neutron 付属のものは3バンドしかも使い勝手もこちらに軍配が上がる)。これはSteinbergのスマッシュヒットだと思います。