昭和のビッグバンドの演奏クオリティがヤバイ

当然、ザ・ピーナッツの歌も上手いんだけど、鳴り切ったトランペットの音色と正確さ、グイグイと引っ張っていくランニング・ベースのスピード感、ドラムのシンバル・レガートのキレ、ダイナミクス。どれをとっても完璧。。

恐らく向かって右のバンド・セクションは、東京ユニオン、シャープス&フラッツ、ブルーコーツ、ニューハード、のうちのどれかでしょう(時代からして)。指揮は、この後ろ姿だと前田憲男先生かな!?(編曲もきっとそうでしょう)

打ち込み音源のしょぼいトランペットの音とか使う気失せるわー笑