映画観ようぜ映画

【ゴールデンウィーク】

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった『自由学校』が、大映創設以来最高の売上(当時)を記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、この時期に観客を多数動員し活性化することを目的として、当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、和製英語である。1952年(昭和27年) – 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。wikipediaより

松山英夫w

個人名出たコレw

じゃあオレもな

【DTM】

「DTM」の名称は1990年代前半、当時、日本国内においてパソコン上でシーケンサーを用いて音楽を作る行為を表す言葉が “打ち込み” 以外に無かったことから、雑誌の創刊にあたって『月刊 打ち込みマガジン』というわけにはいかねーだろ、ということで、株式会社寺島情報企画の社長と、ドラマーで編曲家の船橋のりよしが、カフェ・アンセーニュ・ダングル自由が丘店の窓辺の席でアレやコレやと案を出し合った結果、DTP(デスクトップ・パブリッシング)を文字って、「ドイツ・ツーリングカー選手権の略称とカブっちゃうけど、他に妥当な言葉も思いつかないし、もうこれしかねーな。こうなったら俺らでこれを普及させていこうぜ」、と決まった言葉であり、その後の『月刊 DTMマガジン』のタイトルとなった。寺島社長は編集長として、船橋のりよしはその創刊準備号から記事と連載に十年以上に渡り携わった。当初は、「DTMって何のことですか?」と耳にタコができるほど尋ねられたが、個人の音楽教室、そして楽器店、専門学校、楽器メーカーと、徐々に浸透していき、一般的な呼称となっていった。今現在コンピューターにおける音楽のプログラミングに対して「DTM」という言葉を用いているのは、主に日本と韓国と台湾である(要出典)

funapediaより

あはw

みんな! 使ってくれてありがとう!!!
DTM初めてガイド – 島村楽器オンラインストア