ブレスコントローラー

外部からシンセサイザーやMIDI音源、DAWなどを操作するデバイスを ”フィジカル・コントローラー” といいますが、ブレスコントローラーもそのひとつで、息を使ってMIDI情報を送信する機器のことを指します。僕はアレンジに管楽器やストリングスなどをよく使うので、昔からブレスコントローラーをよく使ってきました。

最初に使っていたのはコレ、YAMAHAのBC3。吹き口を咥えて息を吹き込むと、息の量に応じてMIDI情報を送出します。主にボリューム操作に使ってました。これを使っていたのは30年くらい前かな。

 
 
その後、1993年にヤマハから発売された ”世界初”の物理モデル音源搭載シンセサイザーVL1。物理モデルだから、トランペットの材質を木にしたりガラスにしたり、フルートの材質を陶器にしたり自由自在です。これには大いに興味をそそられました。ブレスコントローラーで使い倒してみたい!・・・が、定価47万円。貧乏ミュージシャンには高嶺の花でした。

 
 
3年後の1997年、VL1の心臓部を抜き出した物理モデル音源モジュール VL70-mが同社からリリースされることになり、そのお値段なんと¥58,000円。安くなり過ぎだろ笑

 
 
「この値段なら買える!」と湧き立った瞬間、ヤマハさんからプロトタイプの貸出機が届き(当時DTM関連雑誌の連載や記事のライターをしていたので)無料でお手元に。「3年前に47万円でVL1を買うお金が無くて本当に良かった。」と心から神様に感謝。しかも記事を書いた後に返却要請も無かったのでその後も使い続け、今も手元にありますが自分のものでもないので売れないし捨てれない笑

で、そのVL70-mを使い倒すために購入したのが、同社のWX5。これで様々な管楽器を奏でるわけです。基本的には指と息でノート情報、息の圧力でコントロールチェンジ、吹き口を噛む力でピッチベンド情報を送って音源をコントロールします。

 
 
で、WX5はVL70-mを奏でるには都合が良いのだけれど、DAWにコントロールチェンジを送るだけの使い方をしようと思うと結構めんどくさい。VL70-mを経由しないといけないし、電池を何本も入れるかACアダプターから電源を供給しないといけない。そこで、もっと便利な道具ってないかな~と思っていたら、AKAIからEWI USB PROFESSIONAL なるものが登場。ほっそいUSBケーブル一本でPCへ直接接続。USBのバス電源で駆動するので電源供給の必要も無し。これが超軽快。

 
 
ただ一つの難点は、WX5もそうだけどこの手のデバイスは両手が塞がってしまう。DTMで単旋律を入力するのに両手を使うのって結構煩わしい。吹いて楽しむだけなら構わないんだけど、サッと入力してパパッと編集してまたサッと入力して編集・・・いちいち両手で楽器持ってピラピラやってるより、目の前の鍵盤からノートを入力しながら、パラメーターは息でコントロールしたい・・・と思って探しまくったら、ありました。

 
 
TEControl USB MIDI Breath Controller2。日本では販売されておらず、2週間ほど前にスウェーデンにあるメーカーに直接オーダーして昨日届きました。この吹き口を咥えて、吹いたり、噛んだり、顔を上や下に向けたり、頭を左右に傾けたりすると、リアルタイムにパラメータが送出されます。両手が空くのでコードも弾ける。やったー、最終到達点。ブレスコントローラーすごろくのあがりかな。

空のMIDIトラックを録音状態にして吹いたり噛んだり頭を傾けたりしてみました・・・忙しい。

頭を傾けてのコントロールはDTMユースでは現実的ではなさそう。

・息でCC#2 (Breath)=音勢や音量
・噛む力でCC#1 (Modulation)=ビブラート
・右手の鍵盤のタッチでノートのオンオフとベロシティ
・左手でMIDIキーボードからピッチベンド

こんな使い方が良さそうです。よーし使い倒していくぞー