ジジイ作詞に挑む

今、作詞に挑戦しています。

ロック調の楽曲なので、僕がいいなと思っている曲のひとつ LISA の 「Rising Hope」の詞を分析してみようと思いました。

実際、楽曲の方もサビのメロディの譜割り(=リズムや詞のハマり)を少し参考にさせて頂きました。

…でジジイにはBメロ前半に出てくる、英語のラップのようなところがカッコ良く思えました。

そこで何を言っているのか調べたので日本語に訳してみます。

**********************************

pay attention

 → ご注意ください

what is it ?

 → それは何ですか?

watch your step now

 → 足跡を今見なさい

are you serious ?

 → マジですか?

no no no, don’t worry

 → いえいえ、心配要りません

1, 2, 3

 → いち、に、さん

**********************************

ここでわかったのは、

何でもいい

 
ということでした。意味なんかどうでも良くて、小5の英語の教科書を開いて、そこに乗っている ”日本人にとって響きがカッコよく聴こえる短い文章” を並べればOKということがわかりました。

これは大きな収穫だ! とはいえ、僕の曲にラップ部分は無いんですけどね

皆さんがラップ部分がある曲を作った際には試してみて(でも本当の問題はそこをどれだけカッコ良く歌えるかってこと)