ケーブル

どんなケーブルを選んだら良いのか、生徒によく尋ねられます。

・・・明確な答えはありませんが、あまりに無頓着なのも、またアホみたいに拘るのもどうかと思っています。で自分なりに以下のようなメーカーから選んでいます。

ライン・レベルのオーディオ信号

つまりオーディオ・インターフェイスとスピーカーをつないだり、実機のコンプやEQをつなりだりですね。これらには “カナレ” というメーカーのものを使っています。クッソ高いケーブルから信じられないくらい安いケーブルまである中、標準的な価格で信頼性も高いので、そこらへんのバランスが非常に良い、と感じています。

マイク・ケーブル

これもカナレです。コネクタ部分がノイトリック社のものから選んでいます。理由は ”心配無用” この一言に尽きます。たまーにモガミ(ややお高い)。

ハイ・インピーダンス

エレキギターや、エレキベース、エレアコなど、ピックアップ・マイクから出力されるハイ・インピーダンスの信号には、”ベルデン” というメーカーのものを使用しています。あれこれ色々使ってみて、結局定番の#8428を使っています。”飾り気は無いがしっかりした音” そんな印象です。アンプやインターフェイスとつなぐシールドだけでなく、楽器内部の配線にもベルデンを用いています。メーター単位で切り売りしているので必要な長さを購入して自作しています(コネクタはスイッチクラフト)。

同じベルデンでもメキシコ製、中国製、アメリカ製でそれぞれ若干音が違うようですが、あまりそんなことまで気にしていません。ギターをより音楽的に演奏することの方がずっと大事なので笑

スピーカー・ケーブル

パワーアンプとスピーカーをつなぐケーブルです。約40年前、1メートル¥200円(今と物価も違うし中坊の自分にはかなり高価でした)のパイオニアの4芯のスピーカー・ケーブルから、どこでも売っている安価な2芯のスピーカー・ケーブルに替えた時、「アレ!?」と思い(楽器の分離が悪くなったように感じた)、それからケーブル類には注意を払うようになりました。

しかしながら1メートル1万円もするケーブルを使って喜んでいるような人達にはどうしても否定的な目を向けてしまいます(何億円も投じて建てられるプロユースのレコーディング・スタジオや、ラジオやテレビなどの放送局だってその30分の1くらいの価格のケーブルを使っていますので)。そういったわけで、スピーカー・ケーブルにもカナレ、4芯で贅沢にも無酸素銅(OFC)を用いたものを使っています(1メートル130円)。

ギターアンプ内のスピーカー・ケーブルにはベルデンの#9497(黒と橙の2本をよじりによじったヤツ=通称ウミヘビ)を使っています(1メートル¥300円)

BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル
BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル

こんな感じですかね! ケーブルを選ぶ際の参考になれば幸いです。