【連載】音楽制作環境(ハード)(50~64)

信号の流れを考えたら、スピーカーよりラックの方が先かな!?・・ってことで、チャンネルストリップやエフェクトを先に紹介しますね。

#50

電源ディストリビューター。見切れてる・・。同じものをスピーカーの方でも使ってるのでこれはそちらで紹介しますね。

#51

昇圧トランス。日本の一般住宅の電源は100V。対してアメリカは115V。日本向けに100Vで動くよう調整してあるものはいいんだけど、直輸入の機器は115Vを供給してあげないと動かない。中には「このままでも100Vで十分動くよ」的な機器もあるんだけど、そんな機器にも115Vを供給してあげると、音が・・・ “断然” 違ってきます! (簡単に言うと「元気いっぱい」って感じ)

というわけでそういった機器には昇圧トランスで電圧を100Vから115Vに上げて供給してあげる。すると・・・機材も、自分も、クライアントも、聴衆も、みんながシアワセになれます!!

で、こいつを7台使ってます

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / EHU600 ステップアップトランス(100V→120V
ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / EHU600 ステップアップトランス(100V→120V

#52

XMLの真空管マイクへ電源を供給するユニット。暗くて見えない・・。こいつも115V仕様なので昇圧トランスから供給しています。これはマイクの紹介の時に見せますね。

#53

XLRコネクタのパッチベイ。このラックに設置したアナログ機器のマイク入力は全てここに集めてあるので、どの機器へでも背後へ回らずにマイクを接続できるんだよー便利だねーー

ART ( エーアールティー ) / P16 XLRパッチベイ
ART ( エーアールティー ) / P16 XLRパッチベイ

#54

BBEのエンハンサー。キックやベースの低域を拡張したり、様々な楽器の高域を拡張します。LR共に低域と高域のツマミがひとつずつあるだけなので・・・操作に迷いが生じない点が素晴らしい!! 「ローはこれくら!」とか「ハイはこれくらい!」とか、一瞬でキマります。「うん!この機材を通すのは却下!」というのも数秒で判断がつきます。

BBE ( ビービーイー ) / 882i ソニックマキシマイザー
BBE ( ビービーイー ) / 882i ソニックマキシマイザー

#55

Aphexのエキサイター。役割は上のBBEとほぼ同じです。倍音を付加して低音を太くしたり重くしたり、高音をキラキラさせたりカチッとさせたりします。こちらにはいくつものパラメーターがあるので、かなりフレキシブルに使えます。誰でも簡単に ”かけすぎて失敗” になる種類のエフェクターなので、目盛りに「この範囲にしておいた方が無難ですよ」的なサインがあるという親切デザイン笑

APHEX ( アフェックス ) / EXCITER
APHEX ( アフェックス ) / EXCITER

#56

ライン信号のパッチベイ。バンタムではなく一般的なTRSフォーン用です。「えーと、この機材から出た音をこっちの機材へ入れて・・・」ってパッチコードをズボズボするやつです。前面と背面を合わせて96もジャックがあるので、年に一度のお手入れの時は手間がかかります。

ART ( エーアールティー ) / P48 パッチベイ
ART ( エーアールティー ) / P48 パッチベイ

#57

Thunderboltで接続しているオーディオインターフェイスです。Thunderbootは内部的にはPCIeなので、データの転送量に関しては最新のUSB3.1などと比べてもケタ違いです。パソコンにThunderbolt端子がひとつあれば、そこから5台のThunderbolt機器を数珠繋ぎして一番最後に4Kディスプレイを繋ぐことができてしまいます。

そんなわけでこのインターフェイスは94in/94outというアホみたいなスペックなので、ここにある機材を全部このインターフェイスに繋いでしまってソフトウェア・ミキサーでルーティングするという手も無いわけではないんだけども、あまりAD/DA変換を繰り返すのも音質的にアレなので、昔ながらの手法でパッチングしています(とはいえ何やかやで本体のTRSの入出力はほとんど使いきってしまってますが・・)

RME ( アールエムイー ) / Fireface UFX+ オーディオ・インターフェイス&レコーダー
RME ( アールエムイー ) / Fireface UFX+ オーディオ・インターフェイス&レコーダー

一緒に大人気のBabyfaceも紹介しておこう・・・最近3人くらいの生徒がBabyFaceを購入してシアワセになってます(マイクプリもコンバーターもめちゃくちゃイイですよコレ。倍の値段の機材の音がします)

RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス
RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

#58

DRAWMERのステレオチャンネルストリップ。プリアンプ+コンプレッサーという構成で、EQは搭載していません。プリアンプ部も十分に秀逸なんだけど、真空管コンプレッサーが素晴らし過ぎてプリ部がかすんでしまいます。いわゆる「ガッツのある音」に仕上がります。中音域のパンチや粘りが素晴らしい。バンドもののギターやベース、ボーカル、あとドラムバス(バスドラムじゃないよ)に使ってもシアワセになれます。ロック向きで、イギリスの機材らしい力強くも奥深いサウンドが特徴です。

DRAWMER ( ドローマー ) / 1960
DRAWMER ( ドローマー ) / 1960

#59

AVALONのド定番チャンネルストリップ。この機材は大好きなので、サウンドハウスにレビューでも書くつもりで真面目に書いてみようかな・・・

***********************************

まず僕はプロのエンジニアではないので、話半分で聞いてください。

少々高めのゲインでこの機材を通すだけで、上品かつ滑らかな高域と粘りのある低域が得られるのでプライベートでも仕事でもたいへん重宝しています。コンプレッサー部は光学タイプです。こういった ”ざっくり” とかかるコンプは初めてだったので当初はとまどいましたがすぐに慣れました。浅めに使った方が良い結果につながるような気がします。

EQに関してですが、DAW内で使用するソフトウェアEQにはfabfilterのProQ3のような非常に優秀なリニアフェイズEQもありますが、このVT737の真空管EQを通した ”味” を体験してしまうと、音楽にとって ”良い” とはどういうことなのか、改めて考えさせられます。

プリアンプも申し分なく、何を録っても素晴らしい。この機材のプリ部を通した音(洋楽のR&Bなどでよく聴かれる音)は、打ち込みの音源との馴染みも良いです。以前はベースの録音に同社のU5を使っていて、それも良い機材ではありましたが、VT737を使うようになってからは必要なくなってしまいました(細部の表現力が大きく違います)。

自分には過ぎた機材のように思いますが、どうしてもステレオ音源やマスタリングにも使いたくなり、2台目を購入してしまいました。合計でかなりの出費になりましたが、全く後悔させない素晴らしさを感じています。

***********************************

お!!! ほんとのレビューみたいじゃん!?

AVALON DESIGN ( アバロンデザイン ) / VT-737SP SILVER
AVALON DESIGN ( アバロンデザイン ) / VT-737SP SILVER

#60

これは左半分がUAの610という、ビートルズやレッドツェッペリンの音を録ってきた伝説的なコンソールのプリとEQの復刻盤。右半分が同じくUAの1176という、この半世紀近く定番中の定番中のド定番とされてきたコンプレッサー。同社がその2つをドッキングさせたモノラルチャンネルストリップです。

左側、610の真空管プリはひとことで言うと ”レトロ”。やや突っ込み気味にして軽く歪ませると、ソフトウェアではどうやっても出せない暖かくて太い音になります。打ち込み音源もここへ通すことでアナログな味になります。

右の1176はトランジスタを使ったハイスピードのコンプレッサーで、パリッとした仕上がりはもちろん、この機材の裏技として有名な ”レシオボタン全押し” がモードとして用意されており、非常に過激な仕上がり(椎名林檎さんの何かの曲で用いられていたな・・)も可能です。Cubaseの付属やWAVESの製品をはじめ、1176をシミュレートしたソフトウェアのコンプは星の数ほどあり、僕もアレコレ使っていましたが、はじめて実機を使った時に感じたのは「これが肉の味か!!!・・・今まで食ってきたのは豆腐ステーキだったな・・」といったものでした。

またアタックを出すにしろ叩くにしろディケイを押し上げるにしろ粒を揃えるにしろ、とにかく明確に結果が出るため、ソフトウェアで頑張るよりずっと簡単に望んでいた結果に辿り着けます。なので迷いや悩みなくサクサクと作業が進みます。

スイッチひとつで610と1176の回路を切ったり繋いだりできるので、610と1176が一体となったモノラルチャンネルストリップとして使ったり、それぞれ単独の機材として使ったりしてたいへん重宝しています。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 6176
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 6176

#61

1176コンプレッサーをステレオ音源に使用する際、左右の挙動をリンクさせるためのユニットです(リンクさせないと左右が独立した挙動になり、ステレオに振ったアコギやドラムなどがフワついた印象になります)。届いたその瞬間から内蔵の9V電池が完全に放電していて、そのことに気づかず当初は初期不良かとビビりましたが、電池を新品に変えたら正常動作してホッとしました。ところがコレ、9V電池がアッという間に放電しちゃうんですよね。そのたびに本体のネジを4か所外して電池交換しているのは大変だし電池代ももったいない・・・そこでリード線を外に引き出してスイッチ付きの電池ボックスを取り付けました。使い終わったら即スイッチオフ! 以来、電池は長持ちしています。ヤッター (電池交換も楽チン)

Universal Audio 1176-SA


#62

フェンダーの ”Super Champ” という、古くからある真空管ギターアンプです。たったの15Wしかないのに自宅では十分すぎる音量。そして何しろ音がイイ!! 弾いていると気持ちが良すぎていつまでも尾を引いちゃいます。アンプモデルもたくさん内蔵していて、USBを経由してPCからも隠しパラメーターとかをいじれちゃうんですよね。お気に入りです。

これまで僕はフェンダーのアンプにはセレッションのスピーカーを使ってきたんだけど、「SuperChampにはエミネンスが合う」というのを海外の複数サイトで見かけたので試しに交換してみたら、これがメチャクチャ良い! 10インチとは思えない低域の伸びや余裕があって、中域の張り出し感も素晴らしい。セレッションのキラキラした高域とはまた違った、どこか色気のある高域がグッときます。真空管アンプの最底辺の製品でこんなにイイ音するとか・・やっぱフェンダーってすげーーー!(なんか馬鹿っぽくなったな)

FENDER ( フェンダー ) / Super Champ X2 ギターアンプ

FENDER ( フェンダー ) / Super Champ X2 ギターアンプ

#63

真空管ということもあってそれなりにノイズが出ます。ジーとかブーとか。電源を入れて真空管が温まるまでの間このスイッチを蹴っておけば、アンプとスピーカーが遮断されて無音、その後ギターを抱えてこれをもう一発蹴れば音が出るヨという使い方をしています。以前はSuperChamp内蔵のスピーカーと、外部のスピーカーキャビネット(セレッションを組み込んだ)とを、このスイッチで切り替えてました。・・・まぁ、めんどくさいので当時のままになっているとも言えます。

#64

このスイッチを踏むとアンプの電源がONになります。ギター抱えている時ってどうしても足を使いたくなるんですよね。足クセ悪~ (最後がこれか)