【連載】音楽制作環境(ハード)(45~50)

#45

テンモニ(白いコーンのね)を駆動しているアンプです。”とりあえず音が出れば何でもいい” といった感じで選んだのに結果まあまあでした。今時の人は「アンプってギターの?」とか、「オーディオインターフェイスとスピーカーを繋げば音が出るのに、なぜアンプが必要なの?」 と思うと思います。

音響機器の内部で扱われている微弱な信号は、そのままではスピーカーを駆動できないので、アンプで増幅(=大きな電気信号にすること)してスピーカーへ送る=音が出る。こういう仕組みなので、みなさんがお使いのモニタースピーカーも、テレビに内蔵されているスピーカーも、カーステレオのスピーカーも、ギターアンプのスピーカーも、ノートパソコンやディスプレイ内蔵のスピーカーも、とにかくスピーカーと名のつくものは全て、アンプで増幅された信号を受け取って鳴っています。スマホも一緒(イヤホンもヘッドホンも電話も、スーパーやコンビニの店舗内放送も全て一緒)

昔のオーディオ機器の場合、スピーカーを作るのはスピーカー専門メーカー、アンプを作るのはアンプ専門メーカーといった感じで、今のようにスピーカーにアンプが内蔵されているものは一部の特別な用途の製品しかありませんでした(それぞれを作るのに全く違ったテクノロジーやノウハウが必要ですし)。テンモニの時代も同様で、ヤマハが作ったこのスピーカーを誰もが思い思い様々なアンプで鳴らしていました。で、僕が中坊の頃に使用していたアンプがコレ。

ソニー TA-F5

今思い出すと、ややドンシャリ(ローとハイが強調されてる)気味の派手な音でした。特に嫌いな音では無かったけど、どうもしっくりこない。そこで高校に進んでから神田(というか小川町)の喫茶店で半年ほど早朝バイトをして溜めた資金で購入したアンプがコレ。

サンスイ AU-D707

これが大当たりで、繊細でしっとりとした高域と、滑らかでパンチの利いたドッシリとした低域。中域もクリアでシャープ。文句なしの重量17kg(電源部がしっかりしたアンプほど重い)。ちょうどオーディオブームの真っただ中で各社が音の良い製品を出して競い合っていた時代だったので、今では考えられないほど贅沢な作り。当時の定価で約10万円でしたが、今の時代に2倍の資金を投じても足元に及びません。名機です。状態の良い中古が13万円~18万円くらいで流通しているので、いつか余裕のある時に手に入れて久しぶりに使ってみたい・・・

で、現在がコレね。6kgって笑、”持ち運び用” ってことですかね
ART ( エーアールティー ) / SLA1 パワーアンプ
ART ( エーアールティー ) / SLA1 パワーアンプ

てか当時ペア5万円のスピーカーと10万円のアンプで計15万円。。今使ってるMackieのHR824mk2(アンプ内蔵)がペアで20万円。大差なくてちょっと驚いてる。。(てかオレ”本当に”音楽が好きだったんだな・・・)

#46

beyerdynamicのヘッドフォンです。ミックスの最終段階やマスタリングでは様々な再生機器での試聴が大切なのでヘッドフォンも数種類を用いています。audio technica の ATH-M70xが予想だにしない壊れ方をしたので、同じ方向のサウンドを持ったこの製品に切り替えました。耳がすっぽり入り高めの側圧なので付け心地は僕の好みです。購入当初の音は「え?」という感じでしたが、100時間も再生するとしっかりとした音になりました。セミオープンなのでレコーディングには使えませんが、宅配が来てもピンポンが聴こえてGood笑。楽器や歌を録音しないのであればメインとしての使用にもオススメできる製品です。

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880PRO 250Ω セミオープン型ヘッドホン
beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880PRO 250Ω セミオープン型ヘッドホン

#47

アングルの付いたオープンラックです。オープンラックの利点は何といっても放熱性でしょう。ボックス型のように熱がこもりません。欠点は機材を持ち出すのには適していないことと積み重ねられないという点ですかね。

いっけね。。チャンネルストリップを収めている方のラックを紹介し忘れていました。

K&M ( ケーアンドエム ) / 42020 オープンラック
K&M ( ケーアンドエム ) / 42020 オープンラック

真空管機器はかなりの発熱量なので、ボックスタイプのラックだったら隙間を空けて設置する必要がありますが、オープンなら隙間を空けずに設置してもまず大丈夫。前面9U、トップ12Uのこの製品の上部に、以下のアクセサリを取り付けて9Uを追加しています(合計30U)。

K&M ( ケーアンドエム ) / 42021
K&M ( ケーアンドエム ) / 42021

ゴツいキャスターが付いているのでミックスやマスタリング作業の時は、頭の位置を大きく動かさなくても手が届くようゴロゴロと手前へ持ってきます(音を ”聴きながら” ツマミを動かすので)。若い頃、ツアーやレコーディングの時にギタリストが12Uのラックを2台とか持ってくると「何がそんなに必要なの?」と思ってましたけど・・・今思うと必要だったんでしょうね色々と。

#48

K&Mのスピーカースタンドです。片方で約20kg。合計約40kg。これを配達してきた佐川急便のお兄さんは、「コレいったい何が入ってるんスか!!!!!」と、もうほとんどキレてました笑 (缶ビールの500缶1ケースで12kg。3倍以上あったらオレでもキレるわ)

で、スピーカーを設置する台は重いに越したことがありません。重いものは物理的に”動きにくい”。つまりスピーカーの振動が床や家具に伝わりにくくなります(伝わると悪いことしか起きない)。スピーカースタンドは脚の部分はたいてい空洞になっているので、そこに砂を流し込んでさらに重量を増すのが定石。重いの、大事。

生徒のひとりが先日購入したスタンドは、脚にケーブルを通してスッキリとセッティングできるように配慮されていましたが、砂を詰めることを前提にケーブルを通す部分は隔離されています。その生徒はさらに、重量のあるコンクリート板を床に敷き、その上にスタンドを立てて使っていて、これもまた制振に有効(”床が共振して豪快に低音を放っていた!” は、よくある話)。

もうとっくにディスコンで、ネットで探しても写真すら見つからないや・・・と思ったらサウンドハウスの動画発見!

#49&50

やや高い位置にスピーカーを設置しているので、ツイーターの軸が耳へ向くように角度のついたフォームの台を使用しています。本当はスピーカー自体の制振を考えると、こういう柔らかいものは使いたくないんだけど・・・少しだけシャープさを失うんですキックなどが。ま、仕方がない(もともとの共振対策が出来ていない場合は、コレを使うことで ”低音がスッキリする” というありがたい副作用の恩恵に授かれます)。

AURALEX ( オーラレックス ) / MoPAD
AURALEX ( オーラレックス ) / MoPAD

テンモニはさらに高い位置なのでもう少し角度をつけるためにゴム製の台を使用してます。サイズが2種類あってこちらは大きい方。中央のフルレンジには小さい方を使っています。

 

よっしゃ、これで機材関係全部終わったな。あ・・・忘れてた。

Kemper

ギター(&ベース)アンプシミュレーターです。ギター弾くときって左手見たり、右手見たり、スイッチ見たり、ボリュームやトーンのノブを見たり、基本的に下を向いていることがほとんどですよね。なのでアンプシミュも下を見たまま操作できれば使いやすいかなと。で、ABS樹脂の3UのラックにKemperを入れて垂直に立ててみると・・・はい、見にくいです。そこでオープンラックを本来とは前後逆向きに置き、アングル角を利用してKemperを手前に傾けています。ついでにちょっと工夫して、置き場所に困っていたProphetのモジュールも載せてみる・・・

図解するとこんな感じ

はい、めちゃんこチェルネンコ見やすい使いやすいガッデムサノバビッチ

サービスカット

Prophetだけ使う時はKemperのラックにフタをするような形で載せて使ってます(ラッキーなことにオーダーメードしたみたいにピッタリ載る)

現時点でアンプシミュレーターの最高峰Kemper
Kemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) / RACK
Kemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) / RACK

ワウやボリューム用のペダル(スプリング式)
Mission Engineering ( ミッションエンジニアリング ) / EP1-KP-GN w/Spring load
Mission Engineering ( ミッションエンジニアリング ) / EP1-KP-GN w/Spring load

米軍御用達のSKBラック(迷彩色とかあったらKemperが軍用通信機器みたいに見えて楽しかったかも)
SKB ( エスケービー ) / R3S 3Uラックケース シャローラック
SKB ( エスケービー ) / R3S 3Uラックケース シャローラック

「確かあったよなー」と探していたら出てきたオープンラック
K&M ( ケーアンドエム ) / 40900 8Uデスクトップ用ラックスタンド
K&M ( ケーアンドエム ) / 40900 8Uデスクトップ用ラックスタンド

このラックシェルフも探したらありました
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / UFA-8 1Uシェルフ 放熱タイプ
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / UFA-8 1Uシェルフ 放熱タイプ

コイツで固定