【連載】音楽制作環境(ハード)(37)

時間がないので、今日はひとつだけ!!

#37

メインのモニタースピーカーです。ウーファーが9インチ弱あっての2WAYなのでクロスオーバー付近の中域が控えめで、メインボーカルなどがやや引っ込んで聴こえるタイプです。よくあるバスレフタイプではなく、背面に30x15センチという巨大な楕円のパッシブラジエーターを搭載してローエンドを補っているので30Hz付近の音も余裕で確認できます。

バスレフのようなポートが無いので、中低域に妙な共鳴(ポートの共振周波数の倍音)がなく、クロスオーバー付近を除けば極めてフラットでクセの無いモニターです。ただ密閉型ではないので、パッシブラジエーターの共振周波数以下で第3次高調波歪が増えるのは一般のバスレフ型のスピーカーと同様です(38Hzに5%のピークがありますが、この価格帯ならそれくらい仕方がない)

低域は入力信号に対しての反応が異常に速く、この大きさのウーファーとは思えないスピード。しかしながら80Hz以下はダンピングがやや甘く、低く短い正弦波で確認すると、後述する密閉型スピーカーと比べて ”音の切れ際” がやや緩慢(音が少し長めに感じられる)なので、ベースやキックにエキパンを挿してタイトなグルーブに仕上げる時などは、処理過多に陥らないよう注意が必要。中域同様、後述する別のスピーカーとの併用で補っています。

アメリカのメーカーなので突っ込めば元気いっぱいに鳴りますが、意外にも小音量でのモニタリングも得意です。セッティングの都合でやむなく横置きにしていますが、位相の問題が生じやすいので良い子のみんなはマネしないようにね!(縦置きの方があらゆる面で断然有利です)

MACKIE ( マッキー ) / HR824mk2

MACKIE ( マッキー ) / HR824mk2