【連載】音楽制作環境(ハード)番外編

サンスイ AU-D907

僕が中坊の頃にお小遣いを溜めて購入したプリメイン・アンプ、サンスイAU-707。以前「AU-D707の程度の良い中古が18万円くらいで出ているのでいつか欲しい」と書きましたが、よく調べたらあれは楽天市場に中古をボッタクリ価格で出品しているショップの価格でした(汗

で、AU-D707の上位機種、AU-D907のメンテナンス済みの中古をヤフオクで見つけ、5万円台で落札できました! ヤッターーー
梱包を解いてラックに設置・・・20kg超の重量は腰にくる!

DSC_0004

デカい。ラックを4Uも占有

YAMAHA NS-10M PRO に繋いで音出し・・・そう!!この音!! いやー懐かしい。最新のデジタルアンプじゃ絶対に出せない音。どっしりとした低域、つややかな中域、シルクのようにキメの細かい高域、どこを取っても文句なし。定期的にメンテに出して末永く使いたい。

SONY TC-K666ES

でそのAU-D907の上に設置しているのが昔懐かしい”カセット・デッキ” という代物です。SONYのカセットデッキ TC-K***シリーズは、333、555、777と奇数が定番で、666なんていう偶数の製品は、その存在すらあまり知られていない・・・

ところがこの666はダイレクト・ドライブの3モーター方式やクローズド・デュアル・キャプスタンなど、駆動系の設計も作りも最上位機種の777を超える作り。SONYがなぜこんな機種を出したのか意味がわからん。。のちの製品につなげるための実験的な機種だったのだろうか!? SONY独自の独立懸架3ヘッド、レーザー・アモルファスなど贅沢な作り。内部のフレームなどは777よりガッシリしていてかなり剛性高そうです。どこまでも駆動系にこだわった1台。

でもって、このTC-K666にオーバーレベル気味に信号を突っ込むと、どんなテープシミュレーターでも再現できない ”見事にレトロなアナログサウンド” が得られるんだな。これも手放せない1台。