【連載】音楽制作環境(ハード)マイク

マイクを忘れてました。

コンデンサー・マイク

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS コンデンサーマイク
AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS コンデンサーマイク
シャリン♪と録れるのでアコギ、ウクレレ、マンドリンといった撥弦楽器、それとボーカルなどを録ってます。良いマイクなので不満ゼロ。

MXL ( エムエックスエル ) / MXLV69M-EDT
MXL ( エムエックスエル ) / MXLV69M-EDT
真空管マイクです。ボーカル用として使ってます。音はクリアで丸くてあったかい感じです。曲調によってC414と使い分けています。

AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク
AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク
主にハイハット、シェイカー、カバサなど高音のパーカッションに使っています。スネアを録る時のボトム側のマイクとしても使っています。

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / MM1 測定用コンデンサーマイク
beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / MM1 測定用コンデンサーマイク
部屋のルームアコースティックを調整する際に使う測定用マイクです。部屋のあちこちをこのマイクで測定すると、部屋のどの辺りがどんな特性か(天井近くの右上の角に160Hzが溜まってるとか、こっちの壁に近づくと40Hzがブーストされるとか、この位置では75Hzが急激に落ち込むとか)がわかるので、その結果にしたがって吸音材の比重(kg/m3)と厚みと体積と位置や向きを決めていきます。

比重と厚みで吸音する周波数が決まり、体積で吸音する量が決まり、位置や向きでどの方向のルームモード(定在波)に効果があるかが決まります。ルームモードの計算は、壁から壁、床から天井までのそれぞれの距離(単位:メートル)の2倍で、気温20度の時の音の秒速344メートルを割ることで得られます(つまり172を壁から壁の距離で割ればよい)。そこで得られた基音とその整数倍音がルームモードになります。それらと測定結果を照らし合わせてルームモード対策を練る、と。いつか詳しく説明しますね。

ダイナミック・マイク

SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク
SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク
鉄板です。エレキギターのアンプの音を録音するにはまずこれ。アコギを録っても良い。ガッツのある音になります。スネアやコンガもイケます。

SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
57のバリエーションとされていますが、別のマイクですね。音のキャラクターは変わります。高域がクリアに録れます。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MD421MK2
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MD421MK2
キックをリアンプ(スピーカーで鳴らしてそれをまたマイクで録音)する時などに使います。トランペットを録ってもいい感じ。歌にも使えます。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / E906 楽器用マイク
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / E906 楽器用マイク
ギターアンプを録る用に入手したんだけど、クセが無さ過ぎて面白みに欠けます。悪いマイクではないと思う。

AUDIX ( オーディックス ) / i5 楽器用マイク
AUDIX ( オーディックス ) / i5 楽器用マイク
レビューでみんなベタ褒めしてるんだけど、今一つよくわからない。。悪くはないと思うけど、、、そんなに???