プロも多数輩出のオンライン音楽教室:J-POP、ロック、アニソン、アイドル、ダンス・ミュージック、オーケストラ、映画、ゲーム音楽、各種BGM

思い通りに作曲・編曲したい、を実現できる教室です

 
ひとつひとつのスキルを順序良く、確実に身に付けていけば、”必ず” できるようになります。この教室では、生徒達がそのことを実証してくれています。
 
 

【教室の特徴】

★★★ 超初心者から、中上級者、プロも在籍

★★★ DTMは当然のこと、演奏に向けたバンドやオケのスコア制作も学べます

★★★ 各個人のペースに合わせたマンツーマンのレッスン

★★★ 本格的なミックスやマスタリングのスキルも習得できます

★★★ 作品のマンネリ化に悩む中級者には効果的なカリキュラムを提案

★★★ マスターコース(プロ養成特別コース)あり(要審査)

★★★ 中学生、高校生、それぞれに学割コースあり(要学生証提示)
 


 
【取得できるスキル】

★★★ コード理論、ポピュラー音楽理論、ジャズ理論、スケールとモード

★★★ 単旋律へのコード付け、リハーモナイズ、転調テクニック

★★★ 作曲法、旋律法、アレンジ法、キャッチーなメロディの作り方

★★★ 既存曲の分析法(メロディ、コード進行、アレンジ、構成)、耳コピ

★★★ ギター、ベースを効果的に使った派手なバンド・アレンジ

★★★ ジャンル別生ドラムの活かし方、グルーヴの生み出し方

★★★ ピアノ、ストリングスを使ったバラード・アレンジ

★★★ ブラス、シンセブラスを多用したダンスミュージック、ロック、ジャズ

★★★ シンセサイザー(音作り、モジュール、シグナルフロー)

★★★ MIDI入力・編集、録音技術、オーディオ編集、ボーカル修正

★★★ 最先端のミっクス・テクニック、マスタリング、エフェクトの使いこなし

★★★ コンペ用楽曲における仮歌発注の作法、仮歌のディレクション方法

★★★ DAWや楽器に頼らないメロディーの作り方

★★★ クラシック音楽理論、芸大和声、フランス和声、対位法

★★★ オーケストレーション、スコアリング、フーガ、コラール

★★★ ソルフェージュ、旋律・和音聴音、和声進行

★★★ 楽器演奏(ピアノ、キーボード、ギター、ベース)

★★★ 楽器学(歴史、種類、構造、音域、奏法)、ポピュラー音楽史

 


 
img0001
img0002
img0003
img0004

 
2016-04-12 11.10.33レッスンはスカイプで行っています。3台のカメラ、画面共有、リモート操作などを駆使して、対面レッスンに一歩も引けをとらない内容のレッスンを行っています。国内は北海道から沖縄まで、海外は台湾、スペイン、ドバイ、ロンドンにも生徒がいます。
 
▼クリックでオープン▼
▼ 音楽理論

音楽理論は、音楽制作のほぼ全ての場面に於いて必要なスキルです。しかし理論を学んだだけでは、楽曲につながりません。大切なのは、いくつもの実例を見て用法を学び、さらに実践していくことです。いくつもの用法を見て学んでも、実践しないとわからないことがたくさんあり、やってみると上手くいかなくて悩んだり、さまざまな失敗を冒します。そしてその都度講師のアドバイスを受け、気づきを経て納得する。ここではじめて理論が ”力” になります。【知る→見る→作る→アドバイス】このルーティーンを繰り返しながら理論の学習を進めていきます。

▼ 作曲

作曲はオリジナルのメロディを作り出すスキルです。大昔の時代には、作曲には厳格な規則や守るべき形式があり、楽器の種類や編成も限られていたため “作曲法” と呼べるようなものがありました。しかし全てが自由な現代の音楽において “これを学べば良いメロディが作れる” といった原則はありません。そのような中で重要になってくるのがメロディセンスであり、バランスやコントラストや構成に対する正しい感覚です。しかし感覚は勉強では身につきません。良いものにたくさん触れて “音楽性” を高め、さまざまな切り口で分析をし、実践とアドバイスの繰り返して高めていきます。
▼ アレンジ

音楽が作曲者の頭の中で鳴っていても人には聴いてもらえません。演奏する、歌う、合奏する、或いはDTMなどで “楽曲” にすると、初めて人が聴けるようになります。この “聴ける形” にするのがアレンジです。しかしピアノで演奏するにも、ソフトにドラムを入力するにも、楽器の特徴、構造、奏法などがわからないと手も足も出ません。ですので、レッスンでは楽器についてしっかり学んでいきます。またアレンジの上達に最も効果的なのは “既存曲の分析” です。生徒の好きな曲を取り上げ、楽器の音色、演奏、役割り、リズムなど深く分析していきます。
▼ DTM

DTMとは、メロディやアレンジのアイディアをソフト上に形にしていく、現代ならではの制作スタイルです。そしてソフトを自由自在に操るために最も重要なのは、ズバリ “慣れ” の1点です。ほんの数回のレッスンで基本的な操作方法を学んだ後は、とにかく “使い込むこと” です。それ以上に効率的に上達する方法はありません。当教室では作曲の初歩の段階から積極的にソフトを使用していきます(主にCubaseを用います)。ある程度上達すると “達人の操作を見る” のも、非常に有益な上達方法ですので、プロの実際の作業を見て学んで頂きます。
▼ ミックス

ミックスとは、躍動感、スケール感、活力、温度や湿度を、その楽曲の世界観へと整える作業です。ほとんどのアマチュアは “カッコよくする” とか “イイ感じの音にする” という次元でしか解釈できていませんが、実際にはとても創造的な作業で、曲の方向性や世界観に圧倒的な影響を与えます。また作曲やアレンジと同様に、ミックスも “知識” では上達しませんので、本を読んでも上手にはなりません。講師と一緒に実際の楽曲を聴いて分析し、自分の曲または教材曲で基礎からトレーニングすることで上達します。その後はエフェクトの使用法やマスタリングへと進みます。

▼ コード演奏

日本では『楽器が弾けなくてもラクラク作曲』とか『コードを並べるだけ作曲法』的な、作曲の初心者を “迷路の行き止まり” へ導こうとする本が星の数ほど出回っていますが、あなたの大好きなアーティストや作曲家が、”例外なく”楽器が弾けることからもわかるように、楽器が弾けないと作曲はできません(弾けなくても~、という本が後を絶たないのは 、そう書くと”売れる から”です)。しかし必ずしも人前で弾けるほど上手になる必要はなく、コードさえ押さえられれば音楽制作には十分です。コード進行をタイムラグなしに音にすることができるよう、レッスンの度に課題を出して少しずつ身につけていきます。

 
【カウンセリング随時受付中】

レッスンの雰囲気や講師の人柄など、受講をお考えの方が気になる点をクリアにして頂くために、初レッスンの前にカウンセリング(無料)を受けて頂くようオススメしています(時間は約60分)。

カウンセリングでは、楽器の経験や、勉強の目的などを細かくお聞き取りしていく一方で、レッスンの進め方、音楽制作の全体像、必要な機材やソフトについても詳しくご説明していきます。また、みなさんの疑問や悩みにお答えしながら、予算や生活スタイルに合った受講方法なども一緒に考えていきます。また自作のオリジナル曲などがあれば、アドバイスも致します。

本格的にレッスンの受講を考える前に、ぜひカウンセリングを受けて頂ければと思います。お申し込みお待ちしております!

※注意:面談的な意味合いもありますので、スカイプでカウンセリングを受ける方は『顔出し』でお願い致します!


 
profile >